モバイルオペレータのIMS(Internet Protocol Multimedia Subsystem)コアネットワーク

株式会社データリソース 2005年05月30日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。 6月出版予定です。

ABIリサーチの調査レポート「モバイルオペレータのIMS(Internet Protocol Multimedia Subsystem)コアネットワーク」は、IMSの事柄とサービス市場の概要を記載している。2010年までのIMSの市場機会を予測し、加入者数、ARPU、サービス収益、資本支出を掲載している。
また、IMS対応ネットワーク技術の概要を提供し、オペレータをひき付ける機能と今後提供されるサービスの種類について考察している。(マルチメディアセッションの一部である「リッチボイス」、TDMスイッチ、IMSベースの音声サービスは含まない。)
また、IMSを導入するベンダの戦略を査定し、固定とモバイルの統合のビジネスチャンスについて記載している。
IMS対応ネットワークの主要な利点は以下のものが予測される。

-標準アーキテクチャに基づく新サービスの早期導入
-インスタントメッセージと音声の統合等の統合サービスへの発展
-プレゼンス、IPセントレックス、ビデオコンファレンス等の新しいアプリケーション
-固定からモバイルユーザーへの容易なアプリケーションの移行
-独自の又はカスタマイズのアプリケーションからより低いCapexおよびOpexへの移行
-特定のアクセス技術に依存しないコアネットワークの開発
-全てのネットワークアプリケーションの統合されたモビリティ

サービスプロバイダがIMSオープンアーキテクチャを使ったハードウェアとソフトウェアをトライアルから本格的導入へと移行するために、2005年は重要な年になると予測される。


◆調査レポート
モバイルオペレータのIMS(Internet Protocol Multimedia Subsystem)コアネットワーク
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR