中国の通信機器サプライヤ - Huawei

株式会社データリソース 2005年06月21日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。 7月出版予定です。

1988年設立のHuaweiは、現在中国最大の通信サプライヤである。2004年、契約販売によって56億ドルの利益を生みだしたが、その41%が海外市場によるものだった。たった17年間で最初はスイッチの販売業者だったHuaweiがどのようにして固定及び無線通信機器の大手サプライヤになったのだろうか?Huaweiの成長への過程を明確にするために、ABIリサーチの調査レポート「中国の通信機器サプライヤ - Huawei:Huaweiの歴史、戦略、製品ラインアップ、経営実績、予測」は、企業の事業分野、文化、主要な戦略を分析している。
1988から2005年まで拡大を続けたHuaweiは、どのようにして管理システムと戦略を企業の拡大に適合させているのだろうか。この調査レポートは、Huaweiの様々な発展段階における主要製品、事業の焦点、ターゲット市場を記載している。またHuaweiが2005年に始めて公表した財務データを記載している。

◆調査レポート
中国の通信機器サプライヤ - Huawei:Huaweiの歴史、戦略、製品ラインアップ、経営実績、予測
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR