独立系メモリIP市場は2009年まで2桁成長

株式会社データリソース 2005年06月22日

米国の調査会社インスタット社よると、独立系IPプロバイダはARMなどのIDMか、比較的規模の大きいIPプロバイダ、またはデザインサービスプロバイダに急襲されていく可能性が高いという。

世界の独立系メモリIP(Intellectual Property、知的所有権)市場は、2004年から2009年まで年平均成長率(CAGR)12.3%で成長し、2009年には4億1040万ドルに達するだろう、とインスタット社の調査レポートは述べている。独立系プロバイダ、デザインサービス企業、独立系デバイスメーカー(IDM)のいずれがライセンスしているかにかかわらず、現在設計されているあらゆるICの基礎を成しているのはIPである、とインスタット社は語る。そして独立系IPプロバイダはメモリ市場の隙間を埋めつつ成長している。

「メモリ機能全般にわたって約20社の独立系IPプロバイダがあるとインスタット社はみている。企業の新規参入は続くだろうが、今後は鈍化していくだろう。おそらくこれらの企業は、ARMなどのIDMか、比較的規模の大きいIPプロバイダ、またはデザインサービスプロバイダに急襲されていくだろう」とインスタット社のアナリストJerry Worchel氏は語る。

インスタット社は下記についても述べている。
‐世界の独立系メモリIPプロバイダの収益は、2003年の1億8930万ドルから2004年に21.2%伸びた。
‐この市場に参加している約20社の企業の多くは、総収益1000万ドル以下の小規模企業にとどまるだろう。
‐南北アメリカの企業がIPライセンスを独占し、日本とアジア太平洋地域がそれに続く。

インスタット社の調査レポート「独立系メモリIP(Intellectual Property)プロバイダ:揮発性から不揮発性に向かう市場」は、独立系メモリIPの世界の市場をカバーしている。機能的なカテゴリ別、ライセンスモデル別、地域別の収益を分析・予測している。主要プロバイダと主要独立系メモリIPベンダのプロフィールも掲載する。


◆調査レポート
独立系メモリIP(Intellectual Property)プロバイダ:揮発性から不揮発性に向かう市場
Independent Memory IP Providers: A Volatile World Going Non-Volatile
(リンク »)


◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR