世界の住宅向けVoIPの評価

株式会社データリソース 2005年08月08日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。 9月出版予定です。

世界のサービスプロバイダは、ブロードバンドの成長によって、VoIPは付加価値のある音声サービスを発展させるための効果的で安価な手段になると考えている。ケーブルオペレータ、特に北米のケーブルオペレータは、VoIPをトリプルプレイサービスに利用して既存の電話会社と争っている。ブロードバンドと他の競合オペレータは、VoIPをブロードバンドの追加サービス、またはアクセスネットワークの制限に対処するための手段として利用している。
ABIリサーチの調査レポート「世界の住宅向けVoIPの評価:ケーブル、DSL、WiMAX、ホスティングオペレータのCPEと加入者分析」は、ケーブル、DSL、ホスティング、WiMAを含むオペレータネットワークのVoIP加入者ベースの成長を考察している。また、それらの加入者による収益とVoIPと関連のあるCPE市場について考察し、VoIPオペレータと機器ベンダの関係について調査している。

◆調査レポート
世界の住宅向けVoIPの評価:ケーブル、DSL、WiMAX、ホスティングオペレータのCPEと加入者分析
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR