ネットアンドセキュリティ総研、「着メロ・着うた使用実態調査レポート」を販売開始

「携帯電話」における有料音楽配信の今後は?

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2005年08月09日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ]総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、株式会社飯原経営研究所が調査し、その結果をレポートにまとめた「着メロ・着うた使用実態調査レポート」の販売を開始いたしました。

報道関係者各位

平成17年8月9日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、「着メロ・着うた使用実態調査レポート」を販売開始~「携帯電話」における有料音楽配信の今後は?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■概要■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ]総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、株式会社飯原経営研究所が調査し、その結果をレポートにまとめた「着メロ・着うた使用実態調査レポート」の販売を開始いたしました。

8月4日、アップルコンピュータの「iTunes Music Store」のサービスが日本で開始されました。「音楽配信」の普及は、従来型のビジネスモデルを大きく変化させることは間違いありません。

そのような環境下で、携帯電話メーカーからは次々と音楽配信対応機種が発売され、「パケット定額制」が導入されるなど音楽配信利用の環境がますます整ってきています。今回の調査におきましても、「着メロ・着うたサイト」の利用率は高く、「ネット利用者」のうち約8割(80.8%)が利用しているとの回答を得ました。
本調査では、1)携帯電話の使用実態、2)着メロ・着うたの利用実態、3)有料音楽配信の利用実態につきまして、きめ細かな属性ごとに詳細な分析を行ないました。

音楽配信ビジネスに携わる皆様、通信事業者の皆様、広くコンテンツビジネスに関わる皆様にご活用して頂くレポートです。

詳細URL: (リンク »)


■■調査結果(一部抜粋)■■

■携帯キャリア
・DoCoMo        43.3%
・au          26.4%
・Vodafone       24.0%
・Tu-ka         4.4%
・DDI POCKET(PHS)    1.7%
・アステル(PHS)     0.2%

■着信音の設定
         着メロ   着うた   効果音   その他
・全体      64.3%   16.1%    9.5%   10.2%
・男性      61.8%   13.9%   12.6%   11.7%
・女性      66.9%   18.2%    6.4%    8.6%

■着メロ・着うたの入手先
・着メロ・着うたの専門サイト          47.3%
・着メロ・着うたの無料サイト          39.1%
・それ以外の有料サイト              7.8%
・それ以外の無料サイト             17.5%
・商品についていたキャンペーン等のサイトサイト 10.9%
・携帯電話端末に内蔵のもの           25.1%
・その他                     7.9%

■平均ダウンロード数(過去3ヶ月間、全体とダウンロード数の多い9クラ
スタ)
                ダウンロード数
・全体               6.1曲
・10代              10.6曲
・着信音変更頻度高         9.4曲
・よくネットを利用している     9.2曲
・よく有料音楽配信を利用している  13.5曲
・パケット定額制利用者       8.2曲
・携帯支出 ヘビーユーザー     9.8曲
・「au」ユーザー          6.8曲
・パソコン音楽配信 ヘビーユーザー 8.2曲
・【有料】月々定額制利用者     9.7曲

■価格受容帯(PSM)
             上限価格  妥協価格 理想価格 下限価格
・全体           130.4円  96.7円  92.2円  72.2円
・有料音楽配信未利用者   124.0円  90.4円  87.0円  65.5円
・有料音楽配信利用者    148.9円  124.1円  112.3円  85.5円
・中・高生         140.4円  96.8円  107.2円  78.4円


■■商品詳細■■

調査概要
リサーチの背景と目的
回答者プロフィール(デモグラフィック1)
回答者プロフィール(デモグラフィック2)
サマリー

1.携帯電話の使用実態
1-1.携帯キャリア
 ・全体の傾向
 ・セグメント別の傾向
1-2.使用メーカー
 ・全体の傾向
 ・携帯キャリア別の傾向
1-3.第3世代/パケット定額制利用
 ・携帯の世代
 ・パケット定額制利用の有無
1-4.携帯電話の購入時期
 ・全体の傾向
 ・性・年代、定額制、キャリア別の傾向
1-5.インターネットの利用
 ・利用の有無
 ・インターネットの利用頻度
1-6.利用サイト
 ・利用するサイトは?
 ・インターネットの利用頻度別の傾向
1-7.メモリー登録平均人数
 ・平均登録人数
 ・セグメント別の傾向
1-8.ゲーム利用
 ・全体の傾向
 ・セグメント別の傾向
1-9.1ヶ月の平均携帯電話料金
 ・平均携帯電話代
 ・セグメント別の傾向

2.着メロ・着うたの利用実態
2-1.着信音の設定
 ・全体の傾向
 ・セグメント別の傾向
2-2.着信音の変更頻度
 ・全体の傾向
 ・セグメント別の傾向
2-3.着メロ・着うたの入手先
 ・全体の傾向
 ・年代別の傾向
 ・携帯電話料金支出層別の傾向
 ・音楽CD購入層別の傾向
2-4.入手方法
 ・全体の傾向
 ・携帯キャリア別の傾向
2-5.入手した曲のジャンル
 ・全体の傾向
 ・有料ダウンロード数別の傾向
2-6.利用方法
 ・全体の傾向
 ・年代別の傾向
 ・着メロ・着うた・効果音別の傾向
 ・着信設定変更頻度別の傾向
2-7.携帯端末内蔵音の利用者
 ・全体の傾向
 ・性別の傾向

3.有料音楽配信の利用実態
3-1.有料音楽配信の利用有無
 ・全体の傾向
 ・セグメント別の傾向
3-2.有料音楽配信の利用頻度
 ・全体の傾向
 ・セグメント別の傾向
3-3.平均ダウンロード数
 ・全体の傾向
 ・セグメント別の傾向
3-4.利用の魅力
 ・全体の傾向
 ・利用頻度別の傾向
3-5.利用方法
 ・全体の傾向
 ・有料ダウンロード数別の傾向
3-6.再生頻度
 ・全体の傾向
 ・セグメント別の傾向
3-7.利用しない理由
 ・全体の傾向
 ・着信音変更頻度別の傾向
3-8.有料音楽配信の満足度
 ・全体の傾向
 ・利用頻度別の傾向
3-9.今後の利用意向
 ・全体の傾向
 ・セグメント別の傾向
 ・着信音・音楽配信利用状況別に見た傾向
3-10.価格受容帯分析(PSM)
 ・PSM分析とは?
 ・シミュレーションの結果
3-11.セグメント別の価格受容帯分析(PSM)
 ・有料音楽配信利用の有無別
 ・中・高生の傾向

集計表と調査票
集 計 表
調 査 票


■■調査概要■■

■調査目的  携帯電話における着メロ・着うたの利用状況、有料音楽配信利用の浸透状況、今後の携帯音楽配信の利用意向などを調査する。
■調査期間  2005年6月2日から6月6日(5日間)
■調査地域  全国
■調査対象者 「OngakuDB.com」モニター会員
■調査方法  インターネットリサーチ
■調査依頼数 2,963名
■回収回答数 1,594名(回収率:53.8%)
■有効回答数 1,410名(回答率:47.6%)
■ウエイトバック 性×年代にて調整
■調査担当  株式会社飯原経営研究所 マーケティング・グループ


■■商品概要■■

商品名:着メロ・着うた使用実態調査レポート
発 行:株式会社飯原経営研究所
調査・制作:株式会社飯原経営研究所
販 売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
発刊日:2005年8月
判 型:A4版70頁・カラー印刷
価 格:■フルセット(フェイスシート・サマリー・本文・集計表・質問票)
    :52,500円(本体価格 50,000円+消費税 2,500円)別途送料 500円
    *分割でお買い上げの場合
    ■フェイスシート&サマリー&本文
    :42,000円(本体価格 40,000円+消費税 2,000円)別途送料 500円
    ■集計表&質問票
    :21,000円(本体価格 20,000円+消費税 1,000円)別途送料 500円

詳細URL: (リンク »)

■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援サービスなど
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-6035
      東京都港区赤坂1-12-32赤坂アークヒルズ・アーク森ビル35F
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5545-6580 / FAX:03-5545-6582
       info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-6035
東京都港区赤坂1-12-32 赤坂アークヒルズ・アーク森ビル35階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5545-6580 / FAX: 03-5545-6582
担当:高柳
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR