世界のキャリアグレードスイッチとルータ機器市場は2005年第2四半期に16億8000万USドルに到達

株式会社データリソース 2005年08月30日

米国の調査会社ディットバーナーアソシエイツ社では、サービスプロバイダ向けスイッチとルータ機器の世界市場は9%成長して16億8000万USドルになると予測している。

米国の調査会社ディットバーナーアソシエイツ社の「2005年第2四半期世界のマルチサービススイッチとルータ出荷分析」によれば、サービスプロバイダ向けスイッチとルータ機器の世界市場は9%成長して16億8000万USドルになるだろうと予測している。この成長は主に、ネットワークオペレータが従来のATM/フレームリレーネットワークから統合型IPネットワークへの移行をますます推し進めていることによるものである。

シスコは2005年第2四半期のスイッチとルータ収入の43.81%を占めるマーケットリーダーであった。Juniperは18.08%のシェアでそれに続き、ノーテルは15.55%で3番目だった。

ディットバーナーアソシエイツ社のデータでは、収益の53%をエッジ機器が占め、コア設備は47%だったとしている。シスコは、コアネットワークの51.52%、エッジの36.76%を占め、この両セグメントのマーケットリーダーであった。

この2005年第2四半期の分析では、キャリアスイッチとルータの全体市場のうち72%がルータ販売によるもので、28%がスイッチだったとしているBシスコはこの四半期に4.8%の成長(q-o-q)して、コアとエッジのルーティングセグメントの主要な位置を維持した。ノーテルの出荷は前四半期比1%下落したが、コアとエッジのスイッチサプライヤのナンバーワンの位置を保持した。Huaweiのルーティングビジネスはこの四半期に100%以上成長した。

マルチサービスルーティングエッジは2005年第2四半期に1億6200万USドルまで伸びた新興成長市場である。シスコは42%のシェアでこの市場をリードし、Juniperは24%でそれに続いた。マルチサービスルーティングエッジのアルカテルの収益はq-o-qで270%の成長を見、シェア13%で3番目の位置に躍り出た。

米国の調査会社ディットバーナーアソシエイツ社の「キャリアグレードスイッチとルータプログラム」

ディットバーナーアソシエイツ社の「キャリアグレードスイッチとルータプログラム」は、18社の主要なサプライヤを調査している。四半期ごとのシェア分析は、世界のスイッチとルータの市場規模を、出荷ユニット数、ベンダ毎、機器毎(スイッチ、ルータ)、ネットワーク毎(エッジ、コア)インターフェースプロトコル毎(IP、イサネット、ギガビットイサネット、ATM、マルチサービス)の収益、これらの出荷の詳細な地域毎の分析を提供する。サプライヤ毎、国毎、オペレータ毎に、インストールベースでルータとスイッチの分かりやすい情報を提供している。


◆このプレスリリースに関する図表データは下記ページをご覧ください。 (リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR