セキュリティ機器市場にインパクトを与えるVoIP

株式会社データリソース 2005年09月14日

米国インスタット社の報告のよれば、インターネットプロトコル上の音声通信(VoIP)は、ビジネス通信システムに多くの新しい機能を提供するが、ベンダと顧客はセキュリティ上の課題に直面している。

アリゾナ州スコッツデール、2005年9月7日
インターネットプロトコル上の音声通信(VoIP)は、ビジネス通信システムに多くの新しい機能を提供するが、ベンダと顧客はセキュリティ上の課題に直面しており、そのためVoIPを利用している企業の75%以上は、2006年中にセキュリティ機器の買い替えを計画していると、インスタット社は述べる。セキュリティ機器市場は、今後数年間にわたり大きな成長が見込まれており、2009年までには70億ドルに達するだろう。

「伝統的なファイアウォール技術によって、VoIPのいくつかの局面、非常にダイナミックなポートトラフィック、NAT(Network Address Translation)を複雑化することができる。セキュリティ製品ベンダは音声アプリケーション製品にセキュリティ機能を搭載しているが、歴史が示したように、セキュリティは通常技術の進歩に後れをとる」と、インスタット社のアナリストVictoria Fodale氏は語る。

インスタット社の調査レポートは以下について調査している。

*従業員数が500-999人の中規模から比較的大きな企業は、その他の会社よりVoIPセキュリティに関してより高い割合で心配を示している
*既にVoIPを導入した企業が、新しいセキュリティ機器に割当てた予算はかなり大きい
*ビジネス市場の新しいセキュリティ製品を購買する際の最も重要な評価基準は信頼性である

セキュリティ機器の調査レポート「セキュリティ機器の傾向と投資計画:VoIPへの準備は?」は、セキュリティ製品市場におけるVoIPの影響を調査し、インスタットエンドユーザ調査の結果から、セキュリティ製品の利用や将来の購入予定、ベンダシェアとセキュリティ機器の5年間予測などを提供する。

◆調査レポート
セキュリティ機器の傾向と投資計画:VoIPへの準備は?
(リンク »)

◆米国インスタット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR