携帯電話への画像機能の搭載を推進するユーザーのデマンド

株式会社データリソース 2005年11月18日

機能の統合によって携帯電話の需要が高まり、米国のインターネット接続家庭の1/4が一番よく使うカメラとして、解像度の高いカメラ付き携帯電話をあげているとパークスアソシエイツ社の調査レポート「米国の携帯電話市場分析(第2版) - U.S. Mobile Phone Market Intelligence (Second Edition)」は報告している。

パークスアソシエイツ社の調査によると、消費者は携帯電話の音楽サービスよりもカメラ付き携帯電話に対して高い関心を持っている機能の搭載が携帯電話の需要を高めており、米国のインターネット接続家庭の1/4が、 一番よく使うカメラとして解像度の高いカメラ付き携帯電話をあげているとパークスアソシエイツ社の調査レポート「米国の携帯電話市場分析(第2版) - U.S. Mobile Phone Market Intelligence (Second Edition)」は報告している。

また、消費者のモバイル音楽アプリケーションへの関心も高いものの、写真機能の方がより関心が高く、音楽をダウンロードできる携帯電話の購入予定者が30%(590万世帯)に対して、カメラ付き携帯は52%(1020万世帯)だった。

「携帯業界では現在、iPodsとモトローラの新しい音楽携帯ROKRに注目が集まっているが、消費者側はカメラ付き携帯に注目している。まもなく高度なメガピクセルカメラ付き携帯電話が市場投入され、購買意欲は高まるだろうし、サービスプロバイダは写真共有、写真印刷などのアプリケーション提供によってARPUを上げ、大きなビジネスチャンスとなるだろう」と、パークスアソシエイツ社アナリストのVibha Pant氏は言う。

米国の約1400万世帯が関心を持つ音楽電話の見通しは無視できないもので、スマートフォンよりも人気が高くなるだろう。この調査レポートでは、電話機能のあるPDAや、Eメール、ワープロ機能、インターネット閲覧のできるコンピュータのような機能を持つ携帯電話を、スマートフォンと定義する。

パークスアソシエイツ社の調査レポート「米国の携帯電話市場分析(第2版) - U.S. Mobile Phone Market Intelligence (Second Edition)」は、米国モバイル市場の深く分析し、2000人以上の米国インターネットユーザの調査データから市場デマンドをつかみ、また業界側の経済的戦略にも焦点を合わせて調査した。携帯電話ユーザー、現在のアプリケーション、将来の購入計画、サービスプロバイダと端末ベンダの主要企業のプロフィールを描きだす。

◆調査レポート
米国の携帯電話市場分析(第2版)
U.S. Mobile Phone Market Intelligence (Second Edition)
(リンク »)


◆パークスアソシエイツ社について
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR