ヘルスケア市場におけるRFIDへの関心が高まる

株式会社データリソース 2006年03月08日

米国調査会社VDC社によると、ヘルスケア垂直市場におけるRFIDの世界市場は2005年に4500万ドルに達し、その2/3はハードウエアによる収益であるとのことである。VDC社は、今後5年間で年平均成長率(CAGR)44%、出荷収益は2010年に2億7900万ドルを超えると予測している。

米国調査会社VDC社が年1回行っている「RFIDビジネスプランニングサービス:世界の設備と管理システム市場分析 2005-2006年 - RFID Business Planning Service」調査によれば、ヘルスケア垂直市場におけるRFIDの世界市場は2005年に4500万ドルに達し、その2/3はハードウエアによる収益であるとのことである。VDC社は、今後5年間で年平均成長率(CAGR)44%、出荷収益は2010年に2億7900万ドルを超えるとしている。

まだ初期の段階ではあるが、ヘルスケア市場のRFIDへの関心は既に高い水準にあり、病院、ケアマネジメント専門家、医療品メーカー、販社などのヘルスケア関連機関(HCOs)の関心はさらに高まっていくだろう。これらの機関は、あらゆる活動やプロセス、施設のトラッキングによって、患者の安全性、コスト削減を図るために様々な努力を続けている。RFID技術は様々なトラッキングシステムにおいて大きく役立つだろう。

例えば、
◆ あらゆる医療用機器、供給物、患者や従事者の追跡を、定められた期間中、自動的に行うことができる
◆ 目視による確認を行わずに自動的に確認でき、人間同士の伝達による失敗がなく、労働者の負担が大きく削減される
医療機関はRFID技術の非常に大きな利点や可能性は認めているが、ヘルスケア部門では比較的新しいものであるために、投資はまだ限定的である。多くの医療機関では、下記のいくつかの理由によって投資が遅れている。
◆ RFIDの投資利益率(ROI)モデルは、今のところ市場の期待ほど大きくない
◆ 望ましい選択(preferred solution)がないこと、産業標準が未整備なこと、技術の普及がまだ進んでいないこと
◆ RFIDの利点がわかるためは、既存のビジネスプロセスを変更しなければならず、企業のIT戦略における著しい変化が求められる
◆ アプリケーションと得られる情報のタイプに基づいているため、RFID採用によってプライバシーやデータ機密保護における重要なビジネス上および法的なリスクを引き起こすかもしれない
◆ RFIDの利益を示す基準の設定やケーススタディが不足している
◆ FDAやHDMAなどの規制機関のRFIDマンデートの合法化に関して不確実性がある

それにもかかわらず、認知度が高まり、興味深い新しいアプリケーションが登場して、ヘルスケア垂直市場におけるRFIDに対する関心は高まっている。VDC社のRFID部門のディレクターMichael J. Liard氏は「ヘルスケア関連機関はひそかにRFIDの革新者になっており、アクティブとパッシブ両方のソリューションのユーザを生み出し、おそらく近いうちに他の市場セグメントをしのぐだろう」としている。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
RFIDビジネスプランニングサービス:世界の設備と管理システム市場分析 2005-2006年
RFID Business Planning Service
2005-2006 Global Asset and Transaction Management Systems Market Analysis
(リンク »)

ベンチャーデベロップメント社(VDC)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR