世界のIPTVサービス収益は2013年までに126億米ドルとなるが、ネットワーク機器市場の伸びは3億3600万米ドルに留まる

株式会社データリソース 2006年03月28日

米国のディットバーナーアソシエイツ社は、IPTV機器市場は2005年の3000万ドルから伸びるものの、2013年の3億3600万ドルに留まると予測している。また、世界のIPTV加入者数は2005年末時点の200万から、2013年には5300万に達すると予測している。

ディットバーナーアソシエイツ社の調査レポート「IPTVによる公衆網へのインパクト - IPTV Impact on Public Networks」によれば、IPTV機器市場は2005年の3000万ドルから伸びるものの、2013年の3億3600万ドルに留まるだろうとのことである。世界のIPTV加入者数は2005年末時点の200万から、2013年には5300万に達すると予測される。

ディットバーナーアソシエイツ社のブロードバンド調査のディレクターであり、この調査レポートの著者であるJames Heath氏は次のように語る。「IPTVがネットワーク機器市場の成長に どのようなインパクトを持つかを調査している他社のレポートが見逃している点は、今後7年間でIPTVの加入者となる人々のほとんどが、すでに高速インターネットを利用しているという事実である。IPTVの加入者数は今後10年間で大きく伸びることはなく、1加入者あたりが使う金額も小さいものだろう。このように見ると、一般に予測されているほどDSL、FTTH、ルータの売上に貢献することはないだろう。」

この調査レポートは、IPTVサービスがアクセス、アグリゲーション、バックボーンネットワークなどに与える影響について詳細に調べている。これら3つの市場が2013年までにIPTVから受けるインパクトは下記の表1に表される。

調査レポートの結論として、アクセス機器市場はDSLAMにマルチキャストされる人気のTV番組の数によってかなりの影響を受けるが、バックボーン市場に対してはビデオ・オン・デマンドの普及が大きく影響する。興味深いことにアグリゲーション機器市場は、これら2つの市場の変化からはあまり影響を受けない。一方、高品位TVが市場に導入される早さは、直接にこれら3つの市場に影響するだろう。

加入者の伸びは緩慢であり、なおかつIPTVサービスに向けた投資は低いものと考えられるにもかかわらず、既存の通信キャリアにとってIPTVは依然として魅力的なもののようである。ディットバーナーアソシエイツ社は、本当に強力で差別化されたサービスが開発されれば、IPTV市場の普及は早まるだろうと考えており、この調査レポートは最終的に公衆網の構成やサービス事業者が事業を行う方法に大きな影響を与えるであろう強力なサービスとして、IPTVの事例を紹介している。

ディットバーナーアソシエイツ社の調査レポート「IPTVによる公衆網へのインパクト - IPTV Impact on Public Networks」は、世界のIPTVの普及状況を精査し、今後の方向性を分析している。さらに、国別、地域別にIPTV機器と加入者数の予測、IPTVのビジネス事例、投資回収分析、サプライヤのSWOT分析、主要サービス事業者と機器メーカのプロフィールなどを提供している。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
IPTVによる公衆網へのインパクト
IPTV Impact on Public Networks
(リンク »)

ディットバーナーアソシエイツ社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

IPTVによるネットワーク機器市場の伸び

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから