消費者向けRFID製品市場

株式会社データリソース 2005年06月13日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。 7月出版予定です。

RFIDの一般消費者向け製品の市場では、ベンダは多くのRFIDの命令に従う義務がある。大抵の場合、このような企業が技術を導入するには時間がかかる。多くの企業は順守要件しか満たさないスラップアンドシップソリューションを導入した。一般消費財のメーカーは、RFIDからどのようにして利益を得るか決めかねていた。技術が進歩してコストが下がったため、メーカーはこれまでのスラップアンドシップシステムを拡大する。
ABIリサーチの調査レポート「消費者向けRFID製品市場:スラップアンドシップソリューションの拡大とROI(return on investment)への道」は、RFIDが、一般消費者向けの製品メーカーの投資の見返りとしてどのような利益がもたらすかを考察している。また、現在投資を正当化できない理由と、大規模な大量生産を始めたことによる問題を調査している。定量的な予測データがハードウエア、ソフトウエア、統合市場に分類している。また2002-2009年の予測データを地域別とアプリケーション別に提供している。

◆調査レポート
消費者向けRFID製品市場:スラップアンドシップソリューションの拡大とROIへの道
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR