モンタビスタ、Linux市場を急速に拡大する革新的な取り組みを明らかに

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社 2004年10月14日

~ネイティブなリアルタイムLinuxを強化するオープンソース プロジェクトを開始~

報道関係各位
(参考資料)
平成16年10月14日

モンタビスタ、Linux市場を急速に拡大する革新的な取り組みを明らかに

~ネイティブなリアルタイムLinuxを強化するオープンソース プロジェクトを開始~

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社

2004年10月12日(現地時間)米カリフォルニア州サニーベール発-
MontaVista Software Inc.(以下、モンタビスタ)は、本日、Linuxのリアルタイム応答性を大幅に向上させるための取組みに着手したことを明らかにしました。ハード リアルタイムのパフォーマンス達成を目的にLinux(R)を拡張します。モンタビスタは、「オープンソース リアルタイムLinuxプロジェクト」を主催しており、すでに、リアルタイムLinux論の分野で、自社の近年の取組みをもとにリファレンスを構築しています。

「極度に高速なリアルタイム性能は、Linuxの包括的な実装を広範にわたる機器で実現する上で最終的な障害となっています。」と、モンタビスタのCEO兼プレジデント、ジム・レディ(James Ready)は述べています。「モンタビスタの戦略では常に、Linuxそのものにネイティブなリアルタイム性の改良を加え、できるだけ大勢の開発者にプロセスを公開することを志向してきました。Linuxが、オープンソースのメリットを継承しつつ、プロプライエタリなカーネル製品が備える応答性に関わるあらゆる特性を実装し、さらにそれを超える機能を実現することを期待しています。ハード リアルタイム性能を備えたLinuxは、ユニバーサルなプラットフォームとしての役割を担うこととなります。」

これまでプロプライエタリなプラットフォームやソースが開示されていないプラットフォームの支持者は、主要な組込みアプリケーションや通信アプリケーションでLinuxがRTOS (Real-Time Operating System)に置き換わるには、満足できる応答性が提供できない、と指摘してきました。このプロジェクトにより、最後の障壁は克服され、プロプライエタリなRTOSは間もなくその重要な特質を失います。Linuxは、これまでRTOSの独占的な領域だった多くのマーケットを取り込んでゆくこととなります。

「モンタビスタの試作版では、ワーストケースの遅延が数10マイクロ秒にまで短縮され、応答性が何倍も向上しています。」、とモンタビスタのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるケビン・モーガン(Kevin Morgan)は述べています。「今回のプロジェクトをリードする上で、モンタビスタは次のようなゴールを達成目標としています。1. あらゆるユーザの利益となるようさらにテクノロジを発展させる。2. Linuxコミュニティの開発者に協力してもらい、ともにこのゴールを達成する。」3. ハード リアルタイム Linuxのための業界標準をサポートするよう他のベンダに働きかける。」

新たな市場セグメントとアプリケーションをターゲットに拡大
この取組みが実行されることで、OSが組込みアプリケーションや通信アプリケーションのハード リアルタイム要求に対応可能となり、Linuxの適用市場が拡大します。例えば、Linuxはモバイル通信用インフラのマネージメント プレーンなど多くの通信アプリケーションで今日利用されていますが、リアルタイム パフォーマンスの向上により、ラインカード アプリケーションやIPパケットのプロセッシング等のデータ プレーンでの利用にも適応するようになります。さらに、この機能強化で、ベースバンド プロセッサ用に専用のRTOSが不要となるため、ミッドレンジの多機能電話でLinux採用が加速されます。
キャリアグレードの特性、電源管理機能、ハード リアルタイム パフォーマンスを備えたLinuxは、今やネットワークのエンド・ツー・エンド ソリューションとなり得ます。ネットワーク上のあらゆる機器に単一のOSを利用するメリットが、ネットワーク機器メーカー、通信オペレータ、携帯端末のOEMに重大なアドバンテージをもたらします。

「Linuxは、携帯電話市場でのシェアを拡大し続けていますが、この取り組みが成功することで、さらなる潜在市場を切り開くこととなるでしょう。」とRobert Frances Groupのシニア ビジネス アナリスト、Stacey Quandt氏は述べています。「ハード リアルタイムLinuxは、携帯端末、これら端末が接続される通信ネットワーク、多様なインターネット インフラが適用分野となります。」

最近のVenture Development Corporation(VDC)の調査では、将来のプロジェクト向けにLinuxを評価している組込み開発者にとって、リアルタイム パフォーマンスの制約が懸案事項の1つであると報告されています。(Linux in the Embedded Systems Market, 2004より。) また、リアルタイムが問題となっている組込みプロジェクトの66%で、100マイクロ秒から、少なくとも5マイクロ秒以下の割り込み応答時間を要求していた、と報告しています。本プロジェクトの重要なゴールは、この応答時間への要求をLinuxで達成することです。

「モンタビスタは、従来のLinux市場を越え、モバイル端末市場のような新セグメントでLinuxを推進してゆきます。」、とTexas Instruments社のWireless Terminals Business Unit、software product managerのWard Pitkin氏は語っています。「オープン ソース プロジェクトの立ち上げと、Linux向けリアルタイム テクノロジの導入で、この新たな市場でLinuxが実現する可能性は無限のものとなります。」

オープンソース プロジェクトとは
このプロジェクトは、モンタビスタの技術革新におけるこれまでの成果と、リアルタイム性向上への寄与に基づいて実施されます。リアルタイム性の向上の例として、2.6 Linuxカーネルで取り込まれたプリエンプタブル カーネル技術、Linuxで最初の固定オーバーヘッド リアルタイム スケジューラ(後に設計上の属性がO(1)スケジューラに取り入れられます。)、Linux用ハイ レゾリューション タイマ管理などが挙げられます。

プロジェクトのゴールは、他の商用RTOSやプロプライエタリなRTOSに匹敵するパフォーマンスと決定的なリアルタイム応答性を実現することです。モンタビスタは、タイム クリティカルなアプリケーションでLinuxタスクのプリエンプション遅延を、最悪の場合で、現行の1~数10ミリ秒から数10マイクロ秒の範囲にしたいと考えています。これにより、Linuxの応答性が少なくとも2桁は向上します。

プロジェクトでは、技術的なゴールとして以下を目指します。
・アプリケーションやシステムの設計者が、割り込みハンドリングに
 優先的なレスポンスを確実に与えることを可能にする
・カーネルのクリティカル セクションが保護するデータへのアクセス
 を管理するプライオリテイ インヘリタンス ミューテックの利用
・すべてのカーネル サブシステムで、優先権の管理機能を提供

モンタビスタは、関心を寄せるあらゆる組織、個人向けにこのプロジェクトをご案内しています。このプロジェクトには誰でも自由に参加することができ、フィードバック、テスト、デバッグ、その他の提案を通して、この活動モデルの改善、洗練に向けて貢献してくれることを望んでいます。Universität der Bundeswehr München (Federal Armed Forces University, Munich)を初めとする多くの組織が、すでにプロジェクトに寄与しており、また、多くの関心がプロジェクトに寄せられています。

「Open Source Real-time Linux Consortium」についての詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

モンタビスタソフトウエアについて
MontaVista Software, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サニーベール)は、インテリジェントな接続機器や関連するインフラストラクチャ向けのシステムソフトウェア、開発ツールの市場をリードするグローバル・サプライヤです。モンタビスタは、オープンソースGNU/Linuxベースのソフトウェア ソリューションを提供することで組込みソリューションの革新を推し進めます。リアルタイム オペレーティング・システムの先駆者ジェームス・レディ(James Ready)により 1999年に設立されました。通信インフラからコンスーマ機器分野に至るアプリケーションにおいて、開発者のニーズに対応するべく製品を提供しています。MontaVista 製品には、MontaVista Linuxの Professional Edition、 Consumer Electronics Edition、Carrier Grade Editionがラインアップされています。また、パワフルな統合開発環境であるMontaVista DevRocketが、これらMontaVista Linux の各Editionに対応する優れた開発ツールを提供します。また、MontaVista Graphicsは、豊富なGUI開発ツール プラットフォームです。

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社は、MontaVista Software Inc. の100%日本法人として2000年7月に設立され、日本市場に対して組込みLinux、およびそれに関わるあらゆるサービスを提供しています。

米カリフォルニア州サニーベールに本社を置くMontaVista Softwareは、主要投資企業や戦略的な投資家より出資を受けた株式非公開企業です。MontaVista Softwareの詳細情報は、同社のWebサイト(www.mvista.com (英語)、www.montavista.co.jp (日本語))をご覧ください。

Linux は Linus Torvalds の登録商標です。MontaVistaは、MontaVista Software Inc.の登録商標です。その他のすべての名称は、各社の商標、登録商標、またはサービス マークです。

【問い合わせ先】
モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社
マーケティング部:安田 佳世子
TEL: 03-5469-8840  FAX: 03-5469-8801
Email: kayoko_yasuda@montavista.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社の関連情報

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR