モンタビスタ、携帯電話メーカー向けに柔軟で包括的なLinuxソリューションを実現

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社 2005年02月09日

~Mobilinux Open Framework Program-モビリナックス オープン フレームワーク プログラム-で、携帯端末のハードウェア、ソフトウェア ベンダと協業、Linux携帯電話の開発を支援~

2005年2月8日(現地時間)米カリフォルニア州サニーベール発-
Linuxシステム ソフトウェアと開発ツールのリーディング プロバイダであるMontaVista Software Inc.(以下、モンタビスタ)は、携帯電話業界でLinuxの採用を加速するプログラムを発表しました。
Mobilinuxプログラムは、主要な半導体、モバイル ソフトウェア メーカー、携帯電話インテグレータに働きかけ、Linux携帯電話を開発する携帯端末メーカーと携帯電話会社向けにリファレンス アーキテクチャを構築します。携帯電話の設計における差別化とコスト効率を求め、多くの携帯電話メーカーが、独自のオペレーティング システム プラットフォームからLinuxに移行しています。モンタビスタの革新的なプログラムは、こうした移行を容易に実行可能とするツールを提供します。

モンタビスタのCEO、ジム レディ(Jim Ready)は、次のように述べています。
「モンタビスタの携帯端末のお客様は、Linuxが携帯電話会社からの複雑な仕様を満たし、さらに自社の携帯電話の差別化を実現する戦略的プラットフォームであると考えています。」「Mobilinuxプログラムにより提供されるオープンなフレームワークを利用することで、各種ベンダが提供する広範な選択肢の中からハードウェアとソフトウェアを統合することを可能にします。モンタビスタのMobilinux Open Frameworkプログラムは、競争力のある携帯電話の開発を目指す携帯端末メーカーや携帯電話会社向けに、開発における選択肢、柔軟性と、他社に影響されない自社の主導による製品の開発を実現します。」

Mobilinuxプログラムにより、世界的なモバイル ソフトウェア メーカーが提供するモバイル ソフトウェア コンポーネントによるリファレンス アーキテクチャが構成されます。これらコンポーネントは、MontaVista Linuxに移植され、業界の主要な半導体上で提供されます。リファレンス アーキテクチャで提供されるLinuxベース携帯電話の開発に必要なソフトウェア ソリューションは文書化されます。
このプログラムは、モバイル業界より広く支持を得ています。

ソフトウェア メーカーでは、以下の企業が支持を表明しています。
·株式会社ACCESS、株式会社アプリックス、ARM, Cellon International Holding Corp.、COSMOBIC Technology Co., Ltd.、Esmertec、 E28、 InnoPath Software、Jaluna、Openwave、Opera、PalmSource、Pollex Mobile Software、RealNetworks、SKY MobileMedia、Teleca、Texas Instruments、TTPCom

また、業界の主要なモバイル通信ベンダが、今回の取り組みを支持しています。
各社より今回の発表にあたり以下のようなコメントをいただきました。

アーム社 マーケティング エグゼクティブ バイスプレジデントMike Inglis氏:
「組込みLinux開発者の数は増えつつあり、こうした開発者は、プロジェクトにARMテクノロジを採用しています。ARMアークテクチャは、今後2年間で組込み開発に最も多く利用されるプロセッサ ソリューションになるだろうと予測されています。こうした傾向は、すでにその普及が著しいARM Powered(R) Linuxベース携帯端末に見ることができます。モンタビスタのMobilinux Open Frameworkプログラムは、Linuxベース携帯電話の開発をさらに拡大します。」

インテル社 セルラー アンド ハンドヘルド グループ
バイスプレジデント アンド ジェネラルマネージャー Sam Ardidi氏:
「Mobilinux Open Frameworkプログラムに参加し、モンタビスタとの関係がさらに緊密になることを嬉しく思います。Intelのハードウェア上にLinuxベースのモジュール型モバイル ソフトウェア スタックを定義することで、Intel XScaleテクノロジを活用される携帯機器メーカーのお客様に完全なソリューションを提供できるようになります。」

モトローラ社 モバイル ソフトウェア ソリューション シニア ダイレクタ アンド リードアーキテクト
Mark VandenBrink氏:
「今日の市場では、情報、人、場所へのシームレスな接続が大変重要となっています。優れたモバイル機器の利用環境を提供するには、この点が重要です。モトローラにとって、Linuxは統合された環境を実現にする上で欠かせないコンポーネントです。新たな市場を形成し、豊富な利用環境を実現する携帯電話とそのソリューションを提供するというモトローラの戦略の一翼を担うものとして、モンタビスタのMobilinuxリファレンス アーキテクチャを利用できるようになることに期待しています。」

日本電気株式会社 モバイル企画本部 主席技師長 古谷 之綱氏:
「近年、携帯電話は、人々にとってますます高機能かつ必要不可欠なツールとなっています。NECは、Mobilinux Open Frameworkプログラムが自由度の高いプラットフォームを提供することで、様々なスキルを持つ技術者が、先進的な機能の実現やモバイル産業の発展に貢献できるようになることを期待しています。」

株式会社NTTドコモ 移動機開発部長 千葉 耕司氏:
「NTTドコモは、Linuxを第3世代携帯電話用の主要な2つのOSプラットフォームのひとつに選択しました。Mobilinux Open Frameworkプログラムにより、携帯電話メーカーをLinuxプラットフォームへと導くモンタビスタの試みは、素晴らしいものだと思います。」

パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社 基本システム開発センター所長 杉村 領一氏:
「Time-to-marketと差別化は、携帯電話の事業において重要です。Mobilinux Open Frameworkプログラムが、市場のニーズに速やかに対応し、競争力のある携帯電話の設計に貢献することを期待します。」

テキサス・インスツルメンツ社 セルラー システムズ マーケティング ダイレクタPaul Werp氏:
「Mobilinux Open Frameworkプログラムは、Linuxベース携帯電話の開発を加速する完全なリファレンス アーキテクチャをOEMに提供し、広範に及ぶマーケット ニーズに対応します。TIのOMAP(TM) プロセッサとその開発者はこのフレームワークとエコシステムにおいて重要な役割を担います。今回のプログラムを成功させるとともに、携帯電話分野においてLinux OSの選択肢を拡大することを目的に、当社は、モンタビスタとの関係を強化できることを期待しています。これにより、革新を加速し、より競争力のあるソリューションをお客様に提供します。」

Mobilinux Open Frameworkプログラムに関する詳しい情報は、www.mobilinux.comをご覧ください。

モンタビスタソフトウエアについて
モンタビスタは、オープン ソース プラットフォームの提供を通じて、システム設計者による多岐にわたるネットワーク対応のインテリジェント機器、通信用インフラストラクチャの革新を可能にします。商用レベルのLinux ベース オペレーティング システムをソフトウェア開発者に提供します。MontaVista Linuxは、ユニバーサルな開発プラットフォームで、お客様の製品の差別化を可能にし、より低い総開発コストで、より早い製品化を実現します。MontaVista Linuxは、世界的な大企業により採用されています。

リアルタイム オペレーティング システムの先駆者ジェームス・レディ(James Ready)により1999年に設立され、米カリフォルニア州サニーベールに本社を置きます。モンタビスタは、主要投資企業や戦略的な投資家より出資を受けた株式非公開企業です。詳しくは、www.mvista.comをご覧ください。

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社は、MontaVista Software Inc. の100%日本法人として2000年7月に設立され、日本市場に対して組込みLinux、およびそれに関わるあらゆるサービスを提供しています。
詳しくは、www.montavista.co.jpをご覧ください。


Linux は Linus Torvalds の登録商標です。MontaVistaは、MontaVista Software Inc.の登録商標です。その他のすべての名称は、各社の商標、登録商標、またはサービス マークです。

モンタビスタは、主要な携帯機器メーカーが参加し、コンスーマ エレクトロニクス機器向けのオープンソース プラットフォームとしてのLinuxの進化に注力するConsumer Electronics Linux Forum (CELF)の会員であり、これに積極的に貢献しています。Mobilinux Open Frameworkプログラムは、CELF仕様の発展を支援します。

【問い合わせ先】
モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社
マーケティング部:安田 佳世子
TEL: 03-5469-8840  FAX: 03-5469-8801
Email: kayoko_yasuda@montavista.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社の関連情報

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR