ウイングアークテクノロジーズとアクシスソフトが ミッションクリティカルな企業業務システムソリューション分野で協業

ウイングアーク1st株式会社 2005年02月16日

~リッチクライアントと基幹帳票分野の「総合帳票基盤」によって、 日本固有の業務システムにおけるINPUT,OUTPUT処理を包括~

2005年2月16日、ウイングアークテクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアークテクノロジーズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野 弘幸)とアクシスソフト株式会社(以下、アクシスソフト、本社:東京都豊島区、代表取締役社長:登坂 忍)は、ミッションクリティカルな企業業務システム分野における製品連携ソリューションの提供において協業することで合意しました。
今後両社では、1)基幹業務システムのWeb化促進、2)金融業をはじめとする代理店、営業店展開、の2分野にフォーカスし、相互に「帳票ツール『Super Visual Formade(以下、SVF)』とリッチクライアント『Biz/Browser』を組み合わせたソリューション」として、エンタープライズ市場へ積極的に提供してまいります。

 昨今、ミッションクリティカルな企業業務システムは、入力系及び出力系を中心にWeb化が飛躍的に進んできており、システムのオープン化によるハードおよび運用・保守の費用を含めたTCO削減だけではなく、ROIの高いシステムであることが要求されております。加えて、既存Web技術だけでは解決しきれない基幹系業務のWeb化によるユーザビリティの低下が問題となっており、これらの解決策として、リッチクライアント技術と、現場の運用を変えないオープン帳票ソリューションの短期導入があげられます。

今回の協業で両社は、帳票ソフトベンダー最大手であるウイングアークテクノロジーズの帳票ツール『SVF』、『Report Director Enterprise(以下、RDE)』による総合帳票基盤と、業務向けリッチクライアント導入実績の高いアクシスソフトの『Biz/Browser』との技術連携を推進することを前提に、企業業務システムのINPUT/OUTPUT処理を統括した機能を提供し、「より快適な、かつ、より信頼性の高い」短期システム構築のためのソリューションをSI企業や企業の情報システム部門に提供していきます。
両社の実績あるソリューションを組み合わせることにより、『Biz/Browser』を利用したアプリケーション上から容易に『SVF』の機能であるオンライン帳票出力・大量バッチ出力・各拠点バッチ・オンライン集計帳票などの処理が利用可能となり、リッチクライアント環境からバックヤードの高度な帳票出力(業務に応じたきめ細やかな固有の帳票出力、帳票運用の集中管理、電子保存等)を実現することが可能となります。

両社は、2つのマーケットにフォーカスして連携ソリューションを訴求します。

1) 基幹業務システムのWeb化促進
レガシーマイグレーションの分野で、従前の端末をリッチクライアント化し、バッチインプットから大量帳票運用まで一貫したWeb化を推進します。

2) 金融業をはじめとする代理店、営業店展開
金融や保険など、代理店・営業店展開する業務システムの分野に対して、リッチクライアント環境でのINPUT処理とバックヤードの多様な帳票OUTPUTのオンライン処理、Webベースの基幹の大量帳票処理のインフラを実現します。

両社連携情報は下記URLで本日より紹介します。
・ウイングアークテクノロジーズ 「帳票 i ワールド」
(リンク »)
ウイングアークテクノロジーズが企画運営する「帳票 i ワールド」は、システム構築を「帳票開発」から考え、企業システムのオープン化に欠かせない各社製品と帳票分野を「繋ぐ/組み合わせる」連携情報として提供し、企業の情報システム部門やSI企業に対して認知させる目的でサイトアップしています。


【Biz/Browser&Biz/Designer製品について】
<製品特長>
製品ホームページ: (リンク »)
・ 従来のhtmlブラウザでは実現不可能な高速画面表示が可能なため、ホスト系・C/S系基幹システムと同等速度の入力レスポンスが実現可能です。
・ 静的な画面情報などのクライアントキャッシュ機能により、サーバへの通信回数、通信量の削減、高速レスポンスが可能です。
・ Biz/Browser側でキーボードフォーカス、ファンクションキー設定が可能なため、ホストシステムと同様なオペレーションを実現できます。
・ ローカルファイル入出力が可能なため、オフライン時でも業務継続が可能です。
・ Biz/Browser専用画面設計ツールBiz/Designerの簡単な画面・帳票作成機能により、Web化適用開発工数、開発費用の大幅削減が可能です。


【Super Visual Formade製品について】
<製品特長>
Super Visual Formadeは、専用伝票や給与明細、見積書、売上明細などの一覧表、商品リスト、バーコード付き検品書、出荷ラベル、宛名ラベルにいたるまで、日本固有の幅広い帳票様式を1つのツールで設計デザインできる開発環境を提供いたします。SVFによってデザインされたフォームファイルは、上位からの印刷データをマージして多様な出力環境に展開することが可能です。ホスト/オフコン、ERPやJava/.NETによるWebシステム、クライアントサーバシステムによる運用のなかで、サーバサイドからのPDF帳票出力、メール自動配信、伝票発行、大量高速印刷、CSV出力、ラベル出力、FAX自動送信、帳票文書のスプール管理、電子帳票システム連携、クライアントからの直接印刷など、業務に合わせた帳票OUTPUTモジュールとの組み合わせで、企業のあらゆる帳票運用を包含する企業総合的な帳票基盤を提供しています。



【アクシスソフト株式会社について】
社名:アクシスソフト株式会社
本社:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-23-5 アクシス池袋ビル
設立:1987年11月
資本金:6億2,740万円(2003年3月現在)
代表取締役社長 登坂 忍
 アクシスソフト( (リンク ») )は、1987年設立の独立系ソフトハウスです。いち早くDBとWebに焦点を当てた製品開発や受託開発を行い、開発実績をあげてきました。
また近年、同社製品の、リッチクライアント「Biz/Browser」およびその画面設計ツール「Biz/Designer」の製品開発(製品情報: (リンク ») )に注力し、大規模システムへの導入実績をあげています。


【ウイングアークテクノロジーズ株式会社について】
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー10F
設立:2004年3月
資本金:11億5884万円(2003年3月現在)
代表取締役社長 内野 弘幸 
 ウイングアークテクノロジーズ( (リンク ») )は、大手SI企業/情報システム部門が取り組む業務アプリケーション開発の効率化をはかるため、「帳票/レポーティング」分野に特化した基幹系帳票OUTPUT環境を構築するツール「Super Visual Formade」をはじめ、「Report Director Enterprise」、非定型帳票OUTPUTのためのデータ活用、多次元高速集計検索を可能にする「Dr.SumEA」を開発・販売します。


■他社商標注記
記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR