(社)地上デジタル放送推進協会(D-PA)にルート証明書「Omni Root」を提供 ~地上デジタル放送のセキュリティ環境実現に貢献~

サイバートラスト 2005年04月25日

ビートラステッド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ポール・オルーク)は社団法人地上デジタル放送推進協会(本部:東京都港区、理事長:北川 信)と契約を締結し、ビートラステッド・ジャパンのパートナである米Cybertrust社が提供するルート証明書「Omni Root(オムニルート)」を提供する合意に達したことを発表しました。これにより、地上デジタルテレビ対応受信機に、ルート証明書「Omni Root」を搭載できる環境が整い、地上デジタルテレビ放送の双方向サービスにおけるセキュアな環境が実現します。

今回の契約締結により、ビートラステッド・ジャパンは、地上デジタル放送波を利用して、地上デジタルテレビ対応受信機にルート証明書「Omni Root」を送信し、地上デジタルテレビ放送事業者が、セキュアな環境下で安全な双方向通信を行うインフラの実現に貢献します。さらに、地上デジタルテレビ放送事業者向けに、同ルート証明書に対応したサーバ証明書「SureServer(シュアサーバ)」を提供し、地上デジタルテレビ放送においてセキュアなSSL暗号化通信を実現する環境が整備されます。

ルート証明書「Omni Root」は、各種汎用ブラウザや携帯電話等に幅広い搭載実績がある信頼性の高いパブリックルート証明書です。大手の通信会社、与信調査会社、認証サービス会社をはじめとする様々な企業において、サーバ証明書発行サービスのルート証明書として採用されています。また、サーバ証明書「SureServer」は、その本来持つSSL暗号化通信を実現する機能に加え、大量のアクセス処理が必要となるポータルサイトや放送局など、多重・並列化されたサーバを有するサイト向けに、発行ポリシーに基づいた優れたコストメリットを提供しています。


■社団法人 地上デジタル放送推進協会について
地上デジタル放送推進協会(D-PA)は、地上デジタルテレビ放送のエンジニアリングサービスの効率的な運用や送受信技術の規格化、デジタル放送番組の著作権保護などの基盤に関わる事業を推進し、かつ2011年に現行アナログ放送をデジタル放送に円滑に移行させるだけでなく、視聴者・消費者の立場を尊重しつつ、国の方針に則って、地上デジタル放送を普及発展させることを目的に、平成15年8月8日に設立されました。
地上デジタルテレビ放送は、2003年12月から関東、中京および近畿の三大広域圏で開始され、その他の地域でも2006年末までに順次、開始される予定です。
(リンク »)

■ビートラステッド・ジャパン株式会社について
 2004年9月 米国にて、非公開企業としては世界最大級のセキュリティテクノロジベンダCybertrust社が誕生いたしました。Cybertrust社は、電子認証及びアイデンティティ管理のグローバルカンパニーBetrusted社と、マネージド・セキュリティ・サービスの欧州トップベンダーUbizen社、インテリジェントリスクマネジメント領域におけるリーディングカンパニーTruSecure社の3社が合併した企業です。
電子認証に関するテクノロジソリューション企業であった日本ボルチモアテクノロジーズ株式会社は、Cybertrustグループとの資本業務提携により、ビートラステッド・ジャパン株式会社として生まれ変りました。
(リンク »)

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■一般からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
Tel:03-3537-2020  Fax:03-5541-6390
E-mail:info@betrusted.co.jp
URL: (リンク »)

■報道関係者からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
経営企画室 冨安 玲
Tel:03-3537-2026  Fax:03-5541-6392
E-mail:press@betrusted.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR