米ノベル、Immunix社を買収 業界最高のLinuxアプリケーションセキュリティを提供へ

悪質な攻撃やウイルスからLinux環境を保護

ノベル株式会社 2005年05月11日

オープンプラットフォーム・コンピューティングにおけるリーダーシップの強化を進める米国ノベル社(以下 ノベル、米国マサチューセッツ州ウォルサム)は、ホストベースのLinuxアプリケーションセキュリティ・ソリューションの提供ベンダ、米国Immunix社(以下 Immunix)を買収したことを発表しました。Immunixは現在提供されているLinuxアプリケーションセキュリティシステムにおいて、もっとも効率的かつ使いやすいものとして知られる「AppArmor」の開発企業です。新製品の名称はNovell(R) AppArmor powered by Immunix(TM)(以下 Novell AppArmor)となる予定で、Linux OSとアプリケーションの双方を、内外からの攻撃やウイルス、不正アプリケーションなどから保護します。それにより企業は、重要な社内データを守り、ネットワーク管理コストの削減や、公的規制の遵守が可能になります。

ノベルの会長兼CEO、ジャック・メスマンは、「企業は、自社の基幹アプリケーションへの攻撃が、業績に不測の影響を与え、深刻な結果を招くということを知っています。導入、展開、管理の容易なエンタープライズレベルのセキュリティを提供できるのはNovell AppArmorだけです。ノベルのお客様企業は、アプリケーションが保護されているという確信のもとで、安心して眠ることができます」と話しています。

Novell AppArmorは未然防止型の高いセキュリティを確立することで、システムに影響を与える前に攻撃を阻止することができ、対応策としての緊急パッチを減らすことができます。これにより、パッチ作業の位置付けを、緊急に行うものからスケジュール化されたメンテナンス作業へと変えることができます。AppArmorにはWeb、電子メール、リモートログインなど、頻繁に使用するアプリケーションのセキュリティポリシーが初めから用意されているほか、セキュリティポリシーを容易に作成し、適用することのできるウィザードも装備されています。レポート機能や警告機能も組み込まれており、IT担当者は迅速かつ容易にセキュリティに関する公的規制を遵守することができます。また侵入行為が発生した場合には、即座に管理者に通知します。

AppArmorが加わったことで、ノベルのエンタープライズセキュリティに関する取り組みはさらに拡充されました。ノベルのNovell SUSE(R) LINUX Enterprise Server 9は、Security Enhanced Linux (SELinux)に対応し、Evaluation Assurance Level 4+ (EAL4+)認定を受けた初めての商用Linuxディストリビューションです。

米国オレゴン州ポートランドで1988年に設立されたImmunixは、Linuxカーネルのセキュリティアーキテクチャ開発において主要な役割を果たした企業であり、Linuxの開発コミュニティと緊密な関係にあります。ImmunixのCTOで共同創立者であるクリスピン・コーワンは、「セキュリティはわれわれにとって、仕事というだけでなく情熱を持って取り組んでいるものなのです。当社の技術者は、豊富で専門的なIT関連の経験を活かし、Immunixの持つ中核的なホストベースのLinuxセキュリティ技術を生み出すことができました。ノベルと力を合わせ、われわれのソリューションを世界の市場へ提供していくことに大きな喜びを感じています」と話しています。

Novell AppArmorに関する詳細情報は、 (リンク ») でご覧いただけます。

将来に関する記述についての法的な告知事項
このプレスリリースには、その性質上過去の事実ではなく、したがって「将来に関する記述」と見なされ得るものが含まれています。たとえば将来の財務成績や業務成績に関連した記述、企業のブランドや戦略に対する貢献や相乗効果に関する記述、オープンソリューション市場における将来の事業機会や成長に関する記述などです。ノベルの業績は、実際にはこうした将来に関する記述と大きく乖離する可能性があります。こうした記述は、ノベル経営陣の現在における期待に基づくものであり、いくつかのリスク要因や不確実性の影響を受けます。たとえば買収した事業と従業員の統合に関するノベルの能力、Linux戦略の遂行に関するノベルの成功度、one Net戦略の遂行に関するノベルの能力、Linux業界における競争優位性獲得に関するノベルの能力、事業環境、一般経済環境や市場機会、潜在的な新事業戦略、競合上の要因、販売やマーケティングの達成度、技術や市場需要の変化、その他ノベルが公正取引委員会に2005年1月13日付で提出したForm 10K に基づく年次決算報告に述べられた要因があります。ノベルは、本プレスリリースの日付以降に発生した事象の影響で、これらの将来に関する記述を訂正する責任を負いません。

◇ ノベルについて
Novell, Inc. (米国本社) は、43カ国、50,000社以上のお客様企業に対し、インフラストラクチャ関連のソフトウェアとサービスを提供する先進企業です。企業データセンターから部門レベル、デスクトップにわたるソリューションで20年以上の実績を持ち、世界中の6,000人の社員と5,000のパートナ、サポートセンターによって、Identity Driven Computing(アイデンティティを基盤とするコンピューティング環境)とLinuxソリューションへのお客様のニーズに応えています。商用ソフトウェアとオープンソースソフトウェア双方の分野においてエンタープライズクラスのソフトウェアとサポートを提供し、業務の柔軟性の向上と選択肢の拡大、TCOの削減を実現します。ノベル株式会社は、Novell, Inc.の日本法人です。詳細はこちらのサイトをご覧ください。(Novell, Inc. www.novell.com/ ノベル株式会社 www.novell.co.jp )

*Novellは米国Novell, Inc.の登録商標です。*SUSEは米国Novell, Inc.の一部門であるSUSE LINUX AG.の登録商標です。*その他の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ノベル株式会社の関連情報

ノベル株式会社

ノベル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR