「アスファルト アーバンGT」が、2005 Brew Conferenceにおいて、Best Game Application を受賞

ゲームロフト株式会社 2005年06月06日

パリ (フランス), 2005年6月2日
モバイルゲームの開発、配信を行っているゲームロフト株式会社は、6月1日~3日まで、米国サンディエゴで行われた、米クアルコム主催の「BREW 2005 Conference」 において、同社の携帯アプリ「アスファルト アーバンGT」が、Best Game Applicationを受賞したことを発表しました。審査の対象となったのは、Brewを使った携帯電話向けのゲームで、斬新さ、操作性、グラフィックの性能、オリジナリティーが競われました。

「アスファルト アーバンGT」は2004年11月に配信開始され、携帯電話向けのレースゲームのスタンダードを築きました。まず2Dで配信され、続いて3D、そして今ではVerizonのWCDMAネットワークを通じてマルチプレーでプレイできるようになりました。

「アスファルト アーバンGT 」は、シミューレーションとアーケードの要素を含んでおり、プレーヤーは世界で愛されている数々の高級車から車を選び、世界の都市からトラックを選べます。ライセンスカーは、「Audi TT Roadster 3.2 Quattro」, 「Chevrolet Corvette C6」, 「Ford GT」、 「ランボルギーニ ガヤルド」などで、世界の都市は、ニューヨーク、パリ、マイアミなどです。 プレーヤーはさらに車をカスタマイズすることが可能で、新しいモデルなどを購入する機能がついています。

アスファルト アーバンGTのプロデューサーのフィリップ ローレンはこう述べています。『「アスファルト アーバンGT」は、スポーツのスリル感、レースのスピード感、世界の高級車をカスタマイズする機能、デザイン性要素など、ゲーマーが欲しかった要素がたくさん含まれています。 ゲームロフトは素晴らしいゲームを作るために、細かいディテイルまでに気を配り、世界のあらゆる携帯電話に対応してきました。』

ゲームロフトは2005年末に、「アスファルト アーバンGT」の続編をリリースすることを発表しました。

Brew Awardの開催は今年で3回目となり、ゲームロフトは2003年に「プリンスオブ ペルシャ」で 今回と同じ、Best Game Application を受賞しています。

日本では2Dバージョンがボーダフォン3G端末用に配信されており、Brew2.1対応EZアプリに3Dバージョンを配信中です。   
以上


ゲームロフトについて

ゲームロフトはモバイルゲームの開発、制作におき、国際的リーダーである会社です。
1999年に創立されたゲームロフトは、2007年には10億台を越えるといわれているJava やBrew搭載の携帯電話向けにゲームを提供しています。UBI Soft、Universal, Vansなどとのライセンス契約、また、プロゴルファーのビジェイ.シン選手 や、プロスケーターのジェフ.ローリー選手などのスポーツ選手との契約により、世界的に知名度の高いゲームの提供を可能にしました。世界11カ国に企業展開をしており(米国、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ルーマニア、中国、香港、日本)、世界116の大手携帯電話キャリア各社と契約、200以上の独自の販売網と、携帯端末メーカー、販売小売店、自社オンラインショップ(www.gameloft.com)にて、製品を65カ国以上で販売しています。

ゲームロフトはパリ証券取引所に上場されています。(Euroclear - 7960, Bloomberg GMLF FP, Reuters GLFT.LN).
1 参照  Arc Group

お問い合わせ:
ゲームロフト株式会社
担当:中嶋
03-5326-3059
mnakajima@gameloft.com
(c)2001 Gameloft - All rights reserved - Gameloft and Gameloft logo are registered trademarks of Gameloft S.A. - All rights reserved. Company, Inc.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ゲームロフト株式会社の関連情報

ゲームロフト株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR