JPドメイン名の累計登録数が80万件を突破‐日本語JPドメイン名も11万8000件を超え、ccTLDでは世界第2位の国際化ドメイン名に‐

株式会社日本レジストリサービス 2006年03月02日

2006年3月2日発表
報道関係者各位       
                 株式会社日本レジストリサービス(JPRS)


       JPドメイン名の累計登録数が80万件を突破       
  ‐日本語JPドメイン名も11万8000件を超え、ccTLDでは世界第2位の
   国際化ドメイン名に‐


 JPドメイン名の登録管理およびドメインネームシステム(DNS)の運用を行う、
株式会社日本レジストリサービス(略称JPRS、住所:東京都千代田区、代表取
締役社長 東田幸樹)は、本日、JPドメイン名の2006年3月1日現在の累計登録
数が初めて80万件を突破し、801,997件となったことを発表しました。
また、日本語JPドメイン名の登録数も118,450件と過去最高を記録しました。こ
の日本語JPドメイン名の登録数はJPドメイン名全体の15%(約7個に1個)を占
めると共に、世界で248あるccTLD(国別ドメイン名)の国際化ドメイン名の中で
はドイツに次ぎ、台湾とともに世界第2位の地位を占めています。(JPRS調べ)

 JPドメイン名の登録数801,997件の内訳は、「○○○.jp」という形式の汎用JP
ドメイン名が453,285件(ASCII(アルファベットや数字)のドメイン名:334,835件、日本語JPドメイン名:118,450件)、また「co.jp」「ne.jp」などの属性型・地域型JPドメイン名が348,712件となっています。

 この登録数を1年前(2005年3月1日)と比較してみると、属性型・地域型JP
ドメイン名は6%、汎用JPドメイン名は31%と、それぞれ堅調に増加しており、
JPドメイン名全体では19%の増加となっています。中でも、日本語をそのまま
ドメイン名として用いた日本語JPドメイン名は、1年間で81,642件から118,450件
へと36,808件増加し、1.45倍の登録数へと躍進しています。

 この日本語JPドメイン名の登録数の躍進は、日本語JPドメイン名の利用環境
の整備が一段と進み、それにより、登録活用がいっそう促進された結果である
と見ています。特に、IDN機能を実装したMicrosoftのInternet Explorer 7の
Beta 2Preview版が公開されたことと、JPRSが日本語JPドメイン名の活用方法
を開拓して来たことが大きな推進力になったものと考えられます。

 さらに現在は、検索サイト「Google」およびポータルサイト「Yahoo!」、「goo」
などの各種検索サイトが日本語JPドメイン名に対応し、検索結果のURLが日本
語JPドメイン名で表示されるようになるなど、日本語JPドメイン名の利用環境は
急速に進んでいます。これに伴い、新商品・キャンペーン名や人名など、ビジネ
スユース、パーソナルユースともに「分かりやすく」「覚えやすい」日本語JPドメイ
ン名の優れた特徴を活かした登録と活用がいっそう促進された結果だと見ています。

 JPRSは、今後もJPドメイン名のレジストリとして、その公益性に鑑み、広くインターネットコミュニティ、社会のニーズに応えるべく、より利用しやすく価値の高い
JPドメイン名環境の整備に努めてまいります。

-----------------------------------------------------------------
■日本語ドメイン名(日本語JPドメイン名)

 日本語JPドメイン名は、○○○.jpという形式のドメイン名で、○○○の部分
には、ASCII(英数字)に加えて、 日本語の表記で使われる文字である漢字・
ひらがな・カタカナを使用することができます。2003年3月にIETFから発行され
た国際化ドメイン名(IDN)に関するRFCで規定された技術を用いています。

-----------------------------------------------------------------
■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
(リンク »)
(リンク ») レジストリサービス.jp/

JPドメイン名の登録・管理、およびドメインネームシステム(DNS)の運用を行う会社として2000年12月26日に設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献することを企業理念として活動しています。

-----------------------------------------------------------------
■参考URL

1. JPドメイン名の累計登録数(2006/03/01現在)
  (リンク »)

2. JPドメイン名の登録数の推移
  (リンク »)

3.JPRSの2003年12月15日付け報道発表文書
 「JPRSが携帯電話用の『日本語JPアクセスサイト』( (リンク ») )を本日開設」
  (リンク »)

4.JPRSの2004年2月19日付け報道発表文書
 「JPRSが『日本語JPナビ』サービスを開始」
  (リンク »)

5.JPRSの2004年12月1日付け報道発表文書
 「JPRSが日本語JPドメイン名のポータルサイト『日本語.jp』( (リンク ») )を本日開設」
  (リンク »)

6.JPRSの2005年1月12日付け報道発表文書
 「JPRSが『人名』を用いた日本語JPドメイン名のポータルサイト『人名辞典.jp』( (リンク ») )を本日開設」
  (リンク »)

7.JPRSの2005年12月15日付け報道発表文書
 「JPRSが日本語JPドメイン名の本格的利用方法を開拓」
  (リンク »)

-----------------------------------------------------------------
■本件に関するお問い合わせ先

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)社長室広報
TEL:03-5215-8451 FAX:03-5215-8452
e-mail: press@jprs.co.jp
(リンク »)
(リンク ») レジストリサービス.jp/
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階
-----------------------------------------------------------------

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日本レジストリサービスの関連情報

株式会社日本レジストリサービス

株式会社日本レジストリサービスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから