スターリングコマース 、2006 年度マジック・クアドラントにおいてWMSのビジョナリ・クアドラントに位置付けられる

スターリング 2006年04月13日

米国時間2006 年4 月3日付けにて、米スターリングコマース社から発表されたリリースの抄訳です。

マルチエンタープライズ・コラボレーション・ソリューションを提供する世界的プロバイダーであり、米AT&T社(NYSE:T)の子会社であるスターリングコマースは、ガートナーの WMS (Warehouse Management Systems: 倉庫管理) の2006年度マジック・クアドラント(注1)において、同社がビジョナリ・クアドラントに位置付けられたことを発表しました。

ガートナーによれば、「ビジョナリ・クアドラントに位置づけられたベンダーは、市場に強力かつ活気ある製品を提供することを追及する、首尾一貫した説得力のある戦略を持っているベンダーであるといえます。また、この分野におけるベンダーは、ビジネスプロセス・プラットフォーム (BPP) 戦略、WMS/TMS 統合、カオス耐性型のサプライチェーン戦略などのあらゆる分野にわたり、ユーザニーズの先見性を持っているといえます。」

「この報告書においてスターリングコマースが重要な位置に置かれたことは、製品の差別化を図るための独自かつ説得力のあるビジョンと共に、当社がWMS 分野のベンダーとして認識されているといえるでしょう。」と、スターリングコマースのチーフ・ストラテジ・オフィサーであるデブダット・イェルーカーは語っています。「しかし、それ以上に重要なことは、お客様が常に変化しつづけるビジネスニーズに適応できるよう、先進的なソリューションを提供するために行ってきた当社の努力に裏付けられたものだということです。」

この報告書では、次のように記載されています。「最も積極的にサプライチェーンを実践する企業は、リーン型(無駄を省いた)やデマンド駆動型のサプライチェーンから、「ポスト・リーン型」サプライチェーン、もしくはガートナーが呼ぶところの「カオス耐性」プロセスへと、その焦点を移行し始めています。ガートナーは、これらがサプライチェーンの最先端をゆくものと考え、WMS ベンダーは機能性を備えたこれらの戦略やプロセスニーズに対応し始めると考えています。」

サービス指向アーキテクチャおよびプロセス中心のモデリング機能により、Sterling Networked Warehouse Management (以下、Sterling nWMS) ソリューションは、先例のないサプライチェーン・マネジメント・プロセスの敏捷性を提供します。在庫保有施設特有の設定に対応しつつ、複数の倉庫拠点にわたり一貫性を保証する迅速なプロセス変更が可能な、適応性の高いソリューションです。Sterling nWMS は、カオス耐性プロセスの対応において、タイプの異なる複数の施設にわたり、複雑な倉庫オペレーション全体を管理するセントラル・ポイントとなる機能を提供します。RFIDやインテグレーション処理用機材、強力な計画立案、実行、配送責任者用の測定ツールへの対応により、複雑な倉庫オペレーションに統制環境をもたらします。Sterling nWMS の技術基盤は、企業のマルチエンタープライズ・コラボレーション戦略を支援し、信頼されたビジネス・パートナーとの間における可視性と効率性の向上を実現するソリューションを提供します。

注1: ガートナー マジック・クアドラントについて
本マジック・クアドラントは、2006年3月29日にガートナーが著作権を有しており、その許諾を得て再掲したものです。マジック・クアドラントは、特定の時点や期間における、特定の市場を図式的に表現したものです。これは、ガートナーの採用した定義に基づいて、当該市場向けの基準に特定のベンダーを当てはめた場合の評価をガートナーが分析したものです。ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また「リーダー」クアドラント内に位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。マジック・クアドラントの用途はリサーチ・ツールに限定されており、特定の行為に導く意図を有しておりません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。
(注1) Gartner, Inc., “Magic Quadrant for Warehouse Management Systems, 2006,” by Jeff Woods and Tim Payne, 29 March 2006, GJ06114.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR