オレガ 中堅・中小企業向け経営支援を目的とする システムコンサルティング会社を共同設立

-OBC及びアタックスと合弁で診断パックサービスを7月より開始-

株式会社オレガ 2006年07月12日

株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好修、以下オレガ)は、業務ソリューションベンダー大手の株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田成史、以下OBC)、中堅・ベンチャー企業の経営を支援するプロフェッショナル集団のアタックスグループ(本社:愛知県名古屋市、代表パートナー:丸山弘昭、以下アタックス)と共同で、中堅・中小企業向けの経営支援を目的としたシステム診断・導入・運用と内部統制コンサルティングサービスを提供する株式会社アフォード・ビジネス・コンサルティング(本社:東京都新宿区、代表取締役会長:丸山弘昭)を2006年7月7日に設立いたしました。

昨今、内部統制に関する施策や対策、組織改革をもにらんだ全体最適化など、中堅中小企業に最適化されたコンサルティングがより強く求められております。そこでオレガ、OBC、アタックスの3社は、大企業向けとは異なるアプローチで中堅中小企業に特化したコンサルティングを行い、お客様のIT 資産の戦略活用や業務効率化の支援を強化するために、それぞれの業務ノウハウを持ち合わせて合弁会社アフォード・ビジネス・コンサルティングを設立することとなりました。

新会社では、中堅中小企業および大企業の子会社を対象として、組織改革とシステム利活用のコンサルティングサービスを提供します。特に、
①組織が縦割りで全体最適化が困難
②パートナーや外注先との協業が不可欠で、情報共有のレベルアップを図りたい
③BPR(業務再構築)をしたいが、大企業向ERP ソフトではコストが高い
という企業に対して、国内トップシェアの高い信頼性を誇るOBC の奉行新ERP シリーズと、社内外協働プラットフォームソフトとして定評あるオレガのAlternax(オルタナックス)等のリーズナブルなパッケージの連携により、経営とビジネスの「見える化」と内部統制の整備に対応するモデルを提案いたします。また、現行システムと業務の診断、RFP(提案依頼書)の作成、フィット&ギャップの分析、導入コンサルティングをはじめ、導入後の運用やシステム活用の支援までをワンストップで提供します。

まず7 月より、現在のシステムや業務処理の状況をチェックし、現行の課題と内部統制の整備にむけた必要事項を指摘する各種診断パックを提供するとともに、中堅・中小企業においてもますますその重要性が注目されているCIO の役割を補う「CIO アウトソーシング」サービスをレベルに応じて提供し、IT の戦略活用や業務効率化を支援します。

【株式会社アフォード・ビジネス・コンサルティング 会社概要】
社名 株式会社アフォード・ビジネス・コンサルティング
英語表記 Afford Business Consulting Inc.
所在地 東京都新宿区西新宿6丁目16番6号タツミビル11F
設立日 2006年7月7日
資本金 2,500万円
事業内容
1. 組織の活性化
「協働原理」で「新しい職場力」を創造し、経営者と従業員が余裕をもって(afford)事業に集中できるよう支援します
2. 経営の見える化
「アフォーダンス(affordance)理論」でIT パッケージを効果的に活用し、経営とビジネスの見える化を実現します
3. CIO アウトソーシング
中堅・中小企業の「CIO 補佐役」からIT 戦略立案など「CIO 代行」までを、手ごろな(affordable)サービスとして提供します
役員構成
代表取締役会長 丸山 弘昭
代表取締役社長 渡邊 政美
取締役 岡部 貴弘
取締役 春山 祥一
取締役 春日部 洋司
監査役 谷垣 康弘
顧問 和田 成史
顧問 吹野 博志
株主
株式会社オービックビジネスコンサルタント
株式会社アタックス
株式会社オレガ

用語解説

【株式会社オービックビジネスコンサルタントについて】
ビジネス用パッケージソフトのメーカーとして知られ、財務会計システム「勘定奉行」を始めとした「奉行シリーズ」を開発販売しています。「奉行新ERP」とは、既存システムとの連携を可能にし、将来的なカスタマイズにも対応。必要な部門・業務から、企業の変化に応じて段階的に導入を実現します。奉行シリーズの構成は次のとおり。
「奉行新ERP」(カスタマイズ対応) 『奉行BroadBand Edition』
「奉行LANPACK」(ネットワーク対応) 『奉行BroadBand Edition』
「奉行シリーズ」(中小企業向け)
(リンク »)

【アタックスグループについて】
アタックスグループは、中堅・ベンチャー企業の経営をご支援するプロフェッショナル集団です。1990年にグループ結成。会計をベースとして企業の成長ステージにあわせて未来志向の経営を応援します。「会計」、「税務」、「経営戦略」、「人事」、「システム」の専門スタッフを抱え、トータルコンサルティングを提供し、クライアント企業は、中部圏・首都圏を中心に約1700社になります。
(リンク »)

【株式会社オレガについて】
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために、2000年3月に設立されました。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxを開発・販売しています。
詳細な情報は、Webサイト (リンク ») でご覧いただけます。

【Alternaxについて】
Alternaxは、部門や組織の壁を越えて柔軟に付加価値コミュニティを形成し、Web上でデジタルワークプレイス(仮想の仕事場)を実現させるB2Bコラボレーション・ソフトウェアです。従来のグループウェアが閉じた社内LANを前提としていたのに対して、Alternaxはオープンなインターネットを前提としているところが大きな違いで、B2Bコラボレーションに必須の高度なセキュリティ管理、教育不要の容易な操作性、関係者の閲覧状況が分かるステータス管理などを主な特徴としています。Alternaxは既に放送局、広告代理店、製薬メーカー、流通業、大学など、ビジネスのさまざまなシーンで活用されています。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
株式会社オレガ 管理部 小宮山
Tel.03-3267-0150 Fax. 03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL: (リンク »)

Alternax及びContents Relation Engineは株式会社オレガの登録商標です。その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オレガの関連情報

株式会社オレガ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!