アイログのBRMSが、DELTA DENTAL OF MICHIGANの保険金請求処理業務に採用

BRMS採用のシステムにより市場対応の速度向上を狙う

アイログ株式会社 2006年11月16日

ソフトウェア・コンポーネントの世界的なリーディング・プロバイダであるアイログ社(NASDAQ: ILOG; Euronext: ILO, ISIN: FR0004042364 以下アイログ)は本日、米Delta Dental of Michigan社(以下 Delta Dental)がILOG JRules(tm)を採用したと発表しました。ILOG JRulesは、アイログ社のBRMS* (ビジネス・ルール管理システム) 製品群における主要製品で、保険金請求処理業務に対応しています。保険金は受給資格、司法判断、法規制のいずれの面においても頻繁な変更があるため、保険金請求処理はルールへの依存度が非常に高い業務です。サービス指向アーキテクチャー(SOA)をベースに、アイログのBRMSを統合することにより、Delta Dentalは、ルールの変更を数日以内またはリアルタイムに実装することができます。またBRMSを基盤とした保険金請求処理システムは、高度なルール管理機能を実現できるため、Delta Dentalは革新的な商品を従来よりも短期間で市場展開できるようになるとともに、1090万件以上の保険金請求を処理できることで、広範囲な顧客と会員層のニーズを常に満たし続けることができるようになります。
*BRMS(Business Rule Management Systems):ルール設定・変更・操作・管理を包括的に提供することにより、企業の業務プロセスを効率化するシステム

オハイオ州とインディアナ州に支部を持つDelta Dental of Michiganは、米国中西部大手の団体歯科保険組合として約550万人の会員を擁しています。これら隣接3州をまとめる事業体は、歯科衛生関連の独立保険組合の全米組織であるDelta Dental Plans Associationに所属しています。このDelta Dental Plans Associationは全体として4,700万人以上の米国人を対象に、米国最大規模の加入歯科医数を誇る組織を運営しています。

BRMSを基盤とした保険金請求処理システムを導入した企業は、その形態や規模を問わず、請求処理業務全体に渡りルールを集中的に保存、管理、追跡できるようになります。市場大手の保険会社はアイログのBRMSを利用して保険金請求処理の管理の自動化と判断機能の強化を行っており、その対象となる業務には請求審査、不正検知、給付適用、業務実施管理、司法判断、支払業務と決済業務に及ぶ他、州により異なることの多い法規制に対してはアイログのBRMSが対応能力の強化に貢献します。

アイログは常にその製品の変革を続け、ILOG JRulesを、業界をリードするビジネス・ルール・ソフトウェアとして確立しました。アイログは米Gartner社のマジック・クアドラント、ビジネス・ルール・エンジン部門において3年連続してリーダー・クアドラントに位置づけられたほか、ITリサーチ会社IDCにはBRMS市場のリーダーとして2回その名前を挙げられています。アイログのBRMS製品は、保険業界における顧客としてMetlife、St Paul Travelers、VSP、Allianz、21st Century Insurance、Zurichが名を連ねており、全世界の優良企業2000社や世界中の政府機関に採用されています。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR