帳票 i ワールド、電子保存/電子帳票システム製品10社との連携情報を一挙に公開 多様化する業務上の帳票関連文書の電子化と一元管理、一気通貫な運用が可能に

ウイングアーク1st株式会社 2004年07月29日

基幹システムのオープン化を実現する「総合帳票基盤」と電子保存/電子帳票システム主要10社の 連携情報を網羅、運用に合った帳票関連製品組み合わせの有効な手引きに

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 内野弘幸)は、本日、企業システムの運用に欠かせない帳票分野で各社製品との関連情報を公開する「帳票 i ワールド(企画運営:ウイングアーク テクノロジーズ)」において、業界でも主要な電子保存/電子帳票システム製品10社との連携情報を網羅し、これらを一挙に公開いたしましたのでお知らせいたします。

 「帳票 i ワールド」は、検証済みのソリューションや連携する製品情報のほか、ソリューションプロバイダーの直言、近々のイベント・セミナー情報などで構成されます。
 とくに、e文書法や情報漏洩等のテーマが取り上げられる基幹システムにおける帳票運用の分野で、注目されるTCOやROIの観点から電子帳簿保存法に準拠した帳票文書の電子化/保存管理にフォーカスし、主要な電子保存/電子帳票システム10社の製品を網羅した連携情報を提供するはじめてのサイトになります。  具体的な10社製品は、次のとおりです。

・FiBridgeII (川鉄情報システム株式会社)
  (リンク »)
・Report Mission (日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社)
  (リンク »)
・ILF Powered/Ex (株式会社野村総合研究所)
  (リンク »)
・WPM (日本アイ・ビー・エム株式会社)
  (リンク »)
・e-image (株式会社三菱電機ビジネスシステム)
  (リンク »)
・快速サーチャーIII (株式会社インテック)
  (リンク »)
・Pandora (株式会社NTTデータ ビジネスブレイン)
  (リンク »)
・SpoolServer (NECソフトウェア北海道株式会社)
  (リンク »)
・APOLLOCS (松下システムソフト株式会社)
  (リンク »)
・NEOSS (インフォコム株式会社)
  (リンク »)

 ROI、TCO削減がとわれるなか、基幹系システムのオープン化が本格的にはじまっています。企業システムの再構築では、ホストの基幹システムからオープン系アプリケーションやデータベースへの移行、ERPの全社導入がすすめられていますが、業務システムに数多く存在する帳票文書のトータルな運用管理に関しては、まだ大きな課題が残されています。
昨今、企業システムで発生する文書に対しては、e文書法の施行や情報漏洩の防止、セキュリティの重要性がとわれています。業務で運用される数々の帳票もまたそうした法的な保護と運用の適用が、情報システムにとって急務の要件になっています。

直面する課題としては、これまで帳票システムとしては別々に運用されてきたホストから出力される会計帳簿や管理帳票の分野と、別途オープン系システムで運用されてきた物流センターの伝票発行や売上明細、発注書、見積書といった業務帳票の運用を出力環境で融合させ、帳票文書の電子化とその一元管理を容易に実現するシステム連携が求められています。
そのため、企業の情報システム部門やIT推進部門、SI企業では、オープンシステムへの移行やERP導入とあわせて、運用に適した電子帳簿保存法に基づく電子帳票システム製品の選定、さらに連携するオープン系帳票分野の関連製品の検証が急がれています。

 今回、「帳票 i ワールド」において、はじめてウイングアークテクノロジーズのオープン系帳票製品と実績の高い主要10社の電子保存/電子帳票システムとの連携情報を集約することで、ユーザ企業にとって運用や目的にあった最適な電子帳票システムの選定が行える有効な手引きができたことになります。
 これにより、課題となるホスト系帳票システムとオープン系帳票システムの融合、帳票文書全般の電子化と一気通貫な運用の仕組みを具体的なシステム構築の手法とともに理解できる場を提供することができます。

ウイングアークテクノロジーズが企画運営する「帳票 i ワールド」は、システム構築を「帳票開発」から考え、企業システムのオープン化に欠かせない各社製品と帳票分野を「繋ぐ/組み合わせる」連携情報として提供し、企業の情報システム部門やSI企業に対して認知させる目的でサイトアップしています。現在19のカテゴリーで66製品/協業各社の賛同によって展開するサイトとなり、最新技術への対応と連携の検証を前提とした各社製品・ソリューションの関連情報、運用を最適化するための「総合帳票基盤」情報を網羅し、運用に直結する帳票分野からのシステム構築に手引きとなる情報を提供しています。
ウイングアークテクノロジーズは、今後さらに新たなレガシーtoオープンのための製品連携をすすめ、検証済みソフトウエア部品の組み合わせによる具体的な連携方法を「帳票 i ワールド」に掲出していく予定です。


<補足>
社名 ウイングアーク テクノロジーズ株式会社(旧・翼システム)
代表取締役社長  内野 弘幸
設立  2004年3月
資本金 1,158,840,000円
売上  48億円(2004年3月実績) 
従業員 80名
事業内容 ・ソフトウエアプロダクツ ライセンスビジネス、技術情報提供ビジネス、ベストフィットサービス ビジネス、ソフトウエアオンデマンド ビジネス
本社所在地 東京 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー10F
TEL 03-5766-2833(代表)FAX 03-5766-2835
大阪  〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 大阪サンケイビル本館7F
TEL 06-6343-8960(代表)FAX 06-6343-8961
URL  (リンク »)


<< 帳票関連製品、セミナーに関する問い合わせ先>>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 (旧・翼システム) 
e-mail:tsales@wingarc.co.jp TEL:03-5766-2833 FAX:03-5766-2835
URL (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR