SonicWALL、セキュリティ管理ツール2製品の最新版を発売開始

デル・ソフトウェア株式会社(SonicWALL) 2004年10月06日

(2004年10月6日 東京発) インターネット・セキュリティの統合ソリューションを提供するSonicWALL(SonicWALL, Inc. 本社:米国カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO マット・マデイロス/日本オフィス:東京都港区、代表:内山高夫 以下SonicWALL)は本日、インターネットセキュリティアプライアンスおよびセキュリティアプリケーションの一元管理ソフトウェア「SonicWALL Global Management System(以下、SonicWALL GMS)」およびレポート作成ソフトウェア「SonicWALL ViewPoint」の機能を大幅に強化した最新版を提供開始したことを発表しました。

今回発表されたSonicWALL GMS 2.8ではネットワーク制御機能が強化されており、グラフィカルなインターフェースを通じてネットワーク状況の把握やセキュリティ・ポリシーを一元的に設定・管理することにより、ネットワーク管理者の管理にかかる負担を削減します。主な特長は以下のとおりです。

・ 遠隔オフィスや在宅勤務者を含む企業ネットワーク全体におけるネットワークの利用状況の詳細なモニタリング

・ 侵入防御(IPS)、アンチウィルス、コンテンツフィルタなどのセキュリティ・サービスに対する詳細なポリシー設定および一元管理

・ SonicWALLインターネットセキュリティアプライアンスの自動アップデートやアップグレード

今回発表されたSonicWALL GMS 2.8では、複数ベンダのネットワークとシステムをリアルタイムで監視する「ネットモニター機能」が追加されています。その他、ネットワークへの攻撃や侵入を検知するプロアクティブな監視機能により、メンテナンスに費やされる時間とコストを削減、管理するセキュリティ・アプライアンスを効率化、システムのダウンタイムを低減することを可能にします。また、SonicWALL GMS 2.8で追加された様々なレポート機能により、ネットワークを保護する上で必要となる最新の情報をネットワーク管理者に提供します。

SonicWALL Medallion ProgramのゴールドパートナーであるIntegrators, LLCの社長兼CEO、ディーパク・サダーニ氏は次のように述べています。外部からの攻撃や侵入に即座に対応する監視能力は、ビジネスをすすめる上で大変重要です。SonicWALL GMSは、分散型ネットワーク環境を管理する多くのサービスプロバイダーにこれまで採用されていますが、今回アップグレードされたSonicWALL GMS 2.8は、複数のファイアウォール・ソースから侵入に関するデータを常時収集し、ベンダの種類に関わらずネットワークの運用状況を監視しレポートできる点において優れています。SonicWALL GMS 2.8は、今日のネットワーク構築にかかわる投資収益率(ROI)を最大限に高め、総保有コスト(TCO)を最小限に抑える強力なツールです」。

また、今回発表されたレポートツールであるSonicWALL ViewPoint 2.8では、広範囲に渡るレポート機能を通じて、ネットワーク管理者がネットワークのセキュリティ状態を一元的に把握できるようにします。管理者はSonicWALL ViewPointを使用してネットワーク上の疑わしいアクティビティを特定し、インターネットの利用状況を監視することで従業員の生産性を高めるための分析を行うことができます。また、レポート作成を自動化し、潜在的な外部からの攻撃に関する情報量を増やすために柔軟性が向上しています。

SonicWALL ではSonicWALL GMS 2.8とSonicWALL ViewPoint 2.8の提供を通じてインターネットセキュリティアプライアンスとセキュリティアプリケーションの包括的な管理機能を提供します。

■ SonicWALL GMS 2.8での主な機能拡張

・ ネットモニター機能 - 分散型ネットワーク環境において、どのシステムがダウンしているかステータスの確認を行うことができます。

・ 新製品のサポート - PRO5060、SonicPoint、IPS:侵入防御サービスの一元管理が可能です。

・ レポート機能の拡張 - GMS内のレポート機能が拡張されました。


■ SonicWALL ViewPoint 2.8での主な機能拡張

・ 侵入防御レポート - ファイアウォールに発生した攻撃や侵入、攻撃源に関するより詳細なレポートを提供します。

・ Webのサイト別レポート - サイト別のレポート機能により、サイトごとのWeb利用状況を把握することができます。

・ VPNの詳細レポート - ユーザごとにVPN SAベースでどれだけ、どのトラフィックが生成されたかを追跡します。

・ 詳細なFTPの利用レポート - 各FTPセッションについて詳しく追跡し、ユーザがどのFTPサイトからダウンロードしているかを特定することができます

・ レポート機能の柔軟性が向上 - E-Mailで送付されるレポートに、ユーザまたはIPアドレスの情報を含むことができるようになったことにより、特定のユーザまたは特定のシステムの行動を監視するためのレポートを作成することができます。また、レポート作成期間をカスタマイズすることができるようになりました。

■ 出荷開始日 / 価格について

・ 出荷開始日: 2004年10月1日
・ 希望小売価格:

SonicWALL GMS 2.8  10ノードライセンス 480,000円~ (消費税別)

SonicWALL ViewPoint 2.8
        SonicWALL TZ170シリーズ用 19,800円 (消費税別)
        SonicWALLPROシリーズ用   45,000円 (消費税別)

■ SonicWALL GMS 2.8 およびViewPoint 2.8の販売について

SonicWALL GMS 2.8 およびViewPoint 2.8は販売代理店各社を通じて販売されます。詳細につきましては、 (リンク ») をご覧ください。

また、保守契約をされている既存のSonicWALLユーザは、www.mysonicwall.comから最新のバージョンへ無料アップグレードできます。

                         ###

SonicWALL, Inc.について

SonicWALL(NASDAQ: SNWL)は、カリフォルニア州サニーベールに本拠地を置き、大企業、中小企業、eコマース関連企業、教育機関、ヘルスケア、小売店/POS、政府機関などを対象に、セキュリティやアイデンティティ、モビリティ、生産性を高める統合型インターネット・セキュリティ・ソリューションを提供しています。そのサービスの中心となる技術には、ファイアウォール、
VPN、無線LAN、侵入検知/防御、SSL、アンチウィルス、コンテンツフィルタリング、セキュリティ管理ソリューションがあります。SonicWALLに関する詳しい情報は  (リンク ») をご参照ください。

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
ヒル アンド ノウルトン ジャパン株式会社 
(日本におけるSonicWALL広報代理)
担当: 嶋田 京子 kyoko.shimada@hillandknowlton.co.jp
福沢 尚代 hisayo.fukuzawa@hillandknowlton.co.jp
TEL:  03-5776-7080

<本件に関する読者のお問い合わせ先>
SonicWALL Inc.
PR担当  羽生 美雅 
TEL: 03-5573-4701 E-mail:japan_info@sonicwall.com

SonicWALLは、SonicWALL, Inc.の登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標
または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR