米国ワシントンDCが福祉サービス近代化計画のためにILOG JRulesを採用

アイログ株式会社 2004年10月15日

ソフトウェア・コンポーネントのリーディング・プロバイダであるアイログ社(NASDAQ:ILOG; Euronext:ILO, ISIN:FR0004042364、以下アイログ)は、コロンビア特別区(通称ワシントンDC)が、最高技術責任者事務局(Office of the Chief Technology Officer)の福祉サービス近代化計画(Human Services Modernization Program)の一環として重要な保健福祉サービス事業を支援するために、アイログのBRMS*(ビジネス・ルール管理システム)であるILOG JRules(TM)を採用したことを発表しました。
*BRMS(Business Rule Management Systems ビジネス・ルール管理システム):ルール設定・変更・操作、管理を包括的に提供することにより、企業の業務プロセスを効率化するシステム

ワシントンDCのテクノロジ・システムの増強および統合推進策の一環として、ILOG JRulesは、「受給資格の面接審査」アプリケーションの自動化に使用されます。このアプリケーションは、同区の居住者、病院、地域機関、関連政府機関に対して、連邦政府資金によるメディケイドと同区ヘルスケア・アライアンスのどちらに受給資格があるかといった判断をするためのWebベースの面接審査ツールを提供します。

ILOG JRulesを導入する前は、面接審査アプリケーションの処理は手作業で行われていました。ILOG JRulesによりこの作業を自動化するメリットとして、最適な医療給付プログラムを各申請者に割り当てることにより同区の業務運用コストを大幅に低減することが期待されています。このルール・ベース・システムの精度は非常に高いので、処理ミスを減らすことができます。高精度システムによって依頼者からの申請書の処理時間は短縮され、同区の職員はその他の重要な作業に集中して取り組むことができるので、業務の運用コストを低減できます。

この福祉サービス近代化計画は、ワシントンDCの高等裁判所と同区保健福祉機関の間で情報の統一と共有を推進することを目的としています。アイログのBRMSは、同区が最小限のソフトウェア開発で資格審査を確実に実施したり、施策上の変更を展開したりするためのソリューションを提供しました。また、同区居住者に提供する他の給付プログラムやサービスを、主な医療福祉サービス部門全体に即座に反映できるようなテクノロジ・プラットフォームも提供します。

ILOG JRulesによってワシントンDCの政策決定機関は、同区および連邦政府の施策と手続きをより効率よく管理できるようになります。ILOG JRulesを導入することで、福祉サービス近代化計画では、同区の社会福祉システム全般にわたる統合プラットフォームを構築し維持できるようになります。アイログのBRMSは、ビジネス・ルールをアプリケーションおよび部門間で共有することで、ルールの変更があればこれを即座に配備し、新しい施策を区全体にわたって数分内に特定し、実施することができます。その結果、新しいプログラムや法規の変更がただちに履行されるので、地域の住民もその恩恵を受けることができます。

アイログは、常にその製品の変革を続け、ILOG JRulesを、業界をリードするビジネス・ルール・ソフトウェアとして確立しました。アイログのBRMSは、多くの戦略的ビジネス・アプリケーションに競争上の優位性をもたらしています。またアイログ製品によって提供されるコンプライアンス(法令遵守)ソリューションは、膨大な量のデータをリアルタイムで監視し、誤りや不正な情報をすぐに検出してレポートすることを可能にします。BPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)については、アイログのBRMSによって、個々のビジネス・プロセスあたり何千にも及ぶ複雑で動的なルールを効率よく管理できるようになり、ビジネスの敏捷性が向上します。ILOG JRulesは、CitiStreet、eBay、MetLife、Sabreなど世界各国の優良企業2000社および政府機関に採用されています。

ILOG JRules BRMSについて
「ILOG JRules」BRMSは企業の業務プロセス改善に重要な役割を果たす、企業向けの戦略的なコンポーネント・システムです。企業内で複数の個別のシステムに組み込まれているビジネス・ルールを一元管理できるため、顧客ステータスや製品情報、料金、サービスに関するプロセスを一括管理することで顧客からのシステム変更要求などに迅速に応えることができます。また、どのルールがいつ変更されたのかも簡単に把握でき、記述も自然言語で行われるため、高度なプログラミング技術をもたない一般社員もリアルタイムでルール内容の設定・変更が可能になります。



以上

アイログ社(ILOG(R))について
アイログ社は、革新的なエンタープライズ・ソフトウェア・コンポーネントおよびサービスを通じ、企業のビジネスの活性化や業務の効率化に10年以上にわたって貢献してきました。全世界で1000社を超える企業や300社を超えるソフトウェア・ベンダが、アイログのビジネス・ルール、最適化、視覚化の各テクノロジの活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログ株式会社はその日本法人です。詳細については www.ilog.co.jp をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR