MontaVista Linux、Intel(R)社製ネットワーク プロセッサの新製品をサポート

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社 2004年10月21日

~テレコム アプリケーションや組込みネットワーク アプリケーションに高機能でコスト効率に優れたソリューションを提供~

報道関係各位
(参考資料)
平成16年10月21日

MontaVista Linux、Intel(R)社製ネットワーク プロセッサの新製品をサポート

~テレコム アプリケーションや組込みネットワーク アプリケーションに高機能でコスト効率に優れたソリューションを提供~

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社

2004年10月19日(現地時間)米カリフォルニア州サンノゼ発-
MontaVista Software Inc.(以下、モンタビスタ)は、本日、MontaVista(R) Linux(R) Professional Edition 3.1がIntel(R)社製ネットワーク プロセッサの新製品、Intel IXP460、IXP465、IXP2325、IXP2350をサポートすることを発表しました。

MontaVista Linux Professional Edition (Pro)は、拡張性に優れた組込みOSと開発プラットフォームです。テレコム、ネットワーク インフラ、組込み市場のセグメントにおいて、Intelのネットワーク プロセッサを利用する幅広いアプリケーションに適しています。

Intel IXP46X製品ラインは、モジュール型ルータ、テレコム機器ラインカード、産業用制御装置、RFID、ネットワーク対応型画像プリント アプリケーションに適しています。Intel IXP23XX製品ラインは、DSLAM、ワイヤレス インフラ、ワイヤレスLANアグリゲーション スイッチ、VPNファイアウォールなどのアクセス ネットワークやネットワーク エッジのアプリケーション向けに設計されています。

MontaVista Linuxは、開発者にネイティブのハード リアルタイム性能、豊富なネットワーキング機能、広範なハードウェア サポート、数百に及ぶアプリケーション パッケージ、ライブラリ、ドライバ、その他のランタイム コンポーネントを提供します。Intel IXP4XX、IXP23XXネットワーク プロセッサ対応のMontaVista Linuxは、そのために設計されプレビルドされた完全なバイナリと、ソースコードへのアクセスを可能にします。これにより、開発者はターゲットのアプリケーションに合わせてプラットフォームを自由にカスタマイズすることが可能となり、さらに、開発機器のコア テクノロジを自社以外のコントロールに支配されることなく自社で管理することができるようになります。

リリース
MontaVista Linuxは、2004年第4四半期にIntel IXP23XX製品ラインに、2005年第1四半期にIntel IXP4XX製品ラインに対応予定です。MontaVista Linuxは、モンタビスタからプロダクト サブスクリプション契約により入手可能です。

モンタビスタは、通信関連システムや組込みシステムの開発者、ソリューション プロバイダのコミュニティであるIntel(R) Communications AllianceのAssociate Memberです。詳細については、 (リンク ») をご覧ください。


モンタビスタソフトウエアについて
MontaVista Software, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サニーベール)は、インテリジェントな接続機器や関連するインフラストラクチャ向けのシステムソフトウェア、開発ツールの市場をリードするグローバル・サプライヤです。モンタビスタは、オープンソースGNU/Linuxベースのソフトウェア ソリューションを提供することで組込みソリューションの革新を推し進めます。リアルタイム オペレーティング・システムの先駆者ジェームス・レディ(James Ready)により 1999年に設立されました。通信インフラからコンスーマ機器分野に至るアプリケーションにおいて、開発者のニーズに対応するべく製品を提供しています。MontaVista 製品には、MontaVista Linuxの Professional Edition、 Consumer Electronics Edition、Carrier Grade Editionがラインアップされています。また、パワフルな統合開発環境であるMontaVista DevRocketが、これらMontaVista Linux の各Editionに対応する優れた開発ツールを提供します。また、MontaVista Graphicsは、豊富なGUI開発ツール プラットフォームです。

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社は、MontaVista Software Inc. の100%日本法人として2000年7月に設立され、日本市場に対して組込みLinux、およびそれに関わるあらゆるサービスを提供しています。

米カリフォルニア州サニーベールに本社を置くMontaVista Softwareは、主要投資企業や戦略的な投資家より出資を受けた株式非公開企業です。MontaVista Softwareの詳細情報は、同社のWebサイト( (リンク »)  (英語)、 (リンク »)  (日本語))をご覧ください。


Linux は Linus Torvalds の登録商標です。MontaVistaは、MontaVista Software Inc.の登録商標です。Intel と Intel Xscaleは、Intel Corporationまたは米国とその他の国の同社の子会社の商標または登録商標です。その他のすべての名称は、各社の商標、登録商標、またはサービス マークです。

【問い合わせ先】
モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社
マーケティング部:安田 佳世子
TEL: 03-5469-8840  FAX: 03-5469-8801
Email: kayoko_yasuda@montavista.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社の関連情報

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR