Macromedia ColdFusion MX 7 日本語版発表

アドビ システムズ 株式会社 2005年02月09日

インターネットアプリケーションが拡張され、革新的な リッチフォームのサポート、レポーティング、印刷ソリューションが可能に

マクロメディア株式会社(本社:東京都港区赤坂 2-17-22、代表取締役:井上 基、以下、マクロメディア)は、新製品Macromedia ColdFusion MX 7日本語版(コードネーム「Blackstone」)を2005年3月18日より販売開始することを発表しました。

Macromedia ColdFusion は、パワフルな Web アプリケーションの開発/デプロイを最も簡単かつ高速にできるソリューションです。デベロッパーは、ColdFusion アプリケーションサーバーの最新バージョンを使用して、きちんとした印刷対応が可能なWebコンテンツ、リッチな Flash フォームや XForm、より柔軟なデプロイメント、さらには統合されたビジネスレポーティング機能を活用して、開発に関わるさまざまな課題を解決することができます。また、ColdFusion MX 7 には、コスト効率の良い、パワフルな革新的機能が盛り込まれており、HTTP を超えて通信する、新しい次元のアプリケーションが構築可能になります。

「Macromedia は、ColdFusion MX 7 の革新的な機能によって、複雑な Web システム開発における課題を簡単に解決可能にします。ColdFusion MX 7は、導入される企業/団体へ高い費用対効果をもたらし、かつ卓越したエンドユーザー体験を実現するインターネットアプリケーションを、迅速に開発するソリューションを提供します。」と、Macromedia, Inc. ゼネラルマネージャー デビッド メンデルスは述べています。

Web ベースのアプリケーションの他にも、デベロッパーは ColdFusion MX 7 を利用することにより、インスタントメッセージングのクライアントが利用できるアプリケーションや、サーバーのファイルシステムの変化に反応するアプリケーションなど、新しいタイプのインターネットアプリケーションも作成することができます。企業は、最新のデプロイメントオプションにより、迅速な対応を必要とする今日のビジネスにおけるさまざまなニーズを満たすことができるようになります。

デベロッパーは ColdFusion MX 7 により、従来よりも短時間で、さらにパワフルなインターネットアプリケーションを開発することができます。さらに、新しいリッチフォーム機能を利用すれば、すべてのプレゼンテーション層のロジックをコーディングすることなく、より優れたオンラインフォームを簡単に作成することができます。また、Macromedia FlashPaper または PDF 形式で、ダイナミックなWebコンテンツを、フォーマットの整った印刷可能なドキュメントに変換することができます。さらに、ColdFusion MX 7 に搭載された新しいビジネスレポーティング機能により、構造化された高品質なビジネスレポートを作成し、ユーザーは重要なビジネスデータへの明快なアクセスが確保できます。

ColdFusion MX7 は、スタンドアローンのアプリケーションサーバーとして、またはMacromedia JRun、IBM WebSphere、BEA WebLogic などの主要J2EEアプリケーションサーバーの上で稼動し、標準ベースの Java プラットフォームにインターネットアプリケーションの高生産性を提供します。ColdFusion MX 7 はこれを実現させるために、アドミニストレーターが、スピーディかつ簡単に複数のサーバーインスタンスを単一のマシン上で作成し、これまでになかった高い可用性とパフォーマンスを付加することができる新たなエンタープライズマネージャーを提供します。ColdFusion MX 7 のオープンアーキテクチャーは、引き続きWindows、UNIX および Linux のプラットフォームへアプリケーションを容易に配置できるようになっています。

Macromedia ColdFusion MX 7 に関する詳細は、 (リンク ») をご覧ください。また、第1回紹介セミナーは、2005年2月25日(金)六本木アカデミーヒルズ(東京都港区)において開催の予定です。
こちらの詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

【製品価格】
Macromedia ColdFusion MX 7 日本語版スタンダード版 2CPU
税抜標準価格 160,000 円(税込標準価格 168,000 円)

Macromedia ColdFusion MX 7 日本語版エンタープライズ版
税抜標準価格 1,200,000 円(税込標準価格 1,260,000 円)

【Macromediaについて】
「すべての人に素敵な体験を。」Macromedia, Inc. は、素晴らしいインターネットユーザー体験の創造を通して、さらにその先のビジネスに貢献します。Macromedia の製品によって、何百万ものビジネスユーザー、デベロッパー、デザイナーが、インターネット、CD-ROM、DVD-ROM 等各種メディア、ワイヤレス環境、またはデジタル機器上で、生産性を高めながら魅力的かつ印象的なユーザー体験を創出し提供しています。
(リンク »)

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
マクロメディア株式会社
広報担当:黒田
電子メール:pr-j@macromedia.com
Tel:03-5563-1980(代表)

【製品販売に関するお問い合わせ】
マクロメディア株式会社
営業担当
Tel:03-5563-1980(代表)
電子メール:sales-j@macromedia.com

Macromedia、Macromedia ロゴ 、すべての Macromedia 製品名および Macromedia 製品ロゴは Macromedia, Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR