イキソスソフトウェア、企業コンテンツ管理ソフトウェア群を、次世代光ディスク規格「UDO」採用製品へ対応 

イキソスソフトウェア株式会社 2005年02月23日

新たにHP StorageWorks Ultra Density OpticalファミリなどUDO採用ストレージのサポートを開始。コンプライアンス時代に求められる情報&文書の長期保管に、幅広いストレージ選択が可能に。

企業コンテンツ管理(ECM)ソリューションで国内市場をリードするイキソスソフ
トウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:羽根ロバート、以下イキソ
スソフトウェア)は、同社が提供する企業情報・文書の統合管理とコンプライア
ンスを支援する企業コンテンツ管理ソリューション製品群が、日本ヒューレット・
パッカード株式会社(以下、日本HP)が提供する
「HP StorageWorks Ultra Density Opticalファミリ(以下、UDOファミリ)」など、
次世代光ディスク規格「Ultra-Density Optical(以下、UDO)」を採用した大容
量アーカイブ・ストレージに対応したことを発表しました。

企業が保持する電子文書、メール、イメージなどのコンテンツは日々増大し、
しかもコンプライアンス(法令順守)上あるいはリスク管理の側面から、安全
かつ長期的な保存が求められています。イキソスソフトウェアが提供する企業
コンテンツ管理製品は、e-文書法や情報漏洩対策を始めとした企業に求めら
れるさまざまなコンプライアンス、リスク管理要件を満たしながら、膨大な情報
資産を企業レベルで安全かつ経済的にアーカイブ保存する一方で、一元管理
を行うことで効果的な情報活用、共有を促進するソリューションを提供していま
す。

このイキソスソフトウェアが提供する企業コンテンツ管理製品は、コンテンツの
保管先媒体として、これまでDVD-Rチェンジャーやアーカイブ専用ストレージを
サポートしてきましたが、このたび新たにUDOを採用したストレージ製品にも対
応したことで、お客様はさらに幅広いストレージの選択肢を持つことができるよ
うになりました。

UDOは、1枚30Gバイトの大容量で高速処理が可能な上、50年以上の耐久性
を備えているため、データの長期保存には非常に有効なメディアです。その上、
データの書き換えが不可能な「WORM機能」を備え、改ざんを防止しながら、企
業の情報資産を効率的かつ経済的に管理できます。このUDOメディアをライブ
ラリに搭載したストレージ製品である日本HPの「UDOファミリ」では、最大7.1T
バイトまで拡張できる容量を実現します。また、転送速度の向上で、データの
アーカイブ保管と検索にかかる時間が大幅に短縮します。

日本HPのストレージ・ワークス製品本部長の渡辺浩二氏は、次のように語って
います。「法規制への対応、データ長期保管におけるセキュリティ、情報改ざん
への対応などがますます重要視されてきている企業の情報管理において、UDO
は欠かせないメディアであることは間違いありません。企業コンテンツ管理で
大きな国内導入実績を持つイキソスソフトウェアの製品が、弊社の"UDOファミリ"
に対応したことで、増大する企業の情報資産を、コストを抑えつつ安心して長
期保管でき、しかも効果的に活用できる実践的なシステム基盤を、ソフトとハー
ドの両面からお客様に提供することができるようになり、大変喜ばしく思います。」

本日より、イキソスソフトウェアの全製品においてUDO採用ストレージに対応いた
します。なお、イキソスソフトウェア製品が対応するストレージは以下の通りとなり
ますが、お客様は容量、予算、処理速度、保守性などのニーズに合わせて、こ
れらのストレージの中から保管媒体を選択することができます。

============================================
イキソスソフトウェア製品が対応するストレージ一覧
============================================
<UDOジュークボックス>
■HP StorageWorks Ultra Density Opticalファミリ
(開発・販売会社) 日本ヒューレット・パッカード株式会社
■Plasmon Enterprise G-Series
 (開発・販売会社) Plasmon Inc.

<アーカイブ専用ストレージ>
■EMC Centera
(開発・販売会社) EMCジャパン株式会社
■SANRISE 9500Vシリーズ、9900Vシリーズ
(開発・販売会社) 株式会社日立製作所

<DVD-Rチェンジャー>
■CD/DVDライブラリー MC-9000シリーズ、MC-8000シリーズ
(開発・販売会社) 日本ビクター株式会社
■FlexLibraryシリーズ
(開発・販売会社) パイオニア株式会社




<製品のお問い合わせ先>
イキソスソフトウェア株式会社 営業本部
Tel: 03-5232-2373 Fax: 03-5232-2377
Email: sales@tokyo.ixos.co.jp

<本件に関する報道関係者のお問い合せ先>
イキソスソフトウェア株式会社
営業本部マーケティング 担当:田中
Tel: 03-5232-2373 Fax: 03-5232-2377
E-mail: mailto:MarketingJapan@tokyo.IXOS.co.jp

(C) 2005 IXOS SOFTWARE K.K. All rights reserved.
その他記載されている製品名は各所有者の商標です。

用語解説

======================================
●イキソスソフトウェア株式会社について
======================================
イキソスソフトウェアの企業コンテンツ管理(ECM)ソリューションは、多様な
アプリケーションや業務システムで作成、保持される文書、帳票、電子メール、
画像などあらゆるコンテンツの最適な一元管理と安全な長期保管を実現し
ます。SAP R/3などの基幹業務システムと最適にコンテンツと連携させること
で業務改革を生み出し、またコンプライアンス(法令順守)や情報漏洩などの
企業リスク管理の強化、アーカイブを活かしたインフラ軽減といった、企業が
抱える多様な文書、情報管理の問題を解決します。日本では大手企業240社
というECMベンダーとしては最大級の実績を誇り、ソリューションは経験豊かな
コンサルテーションと信頼あるサポートを通して提供されます。
2004年、イキソスソフトウェアはカナダに本社を置くOpen Text Corp.との業務
統合によって、世界最大規模の売上と実績を誇る企業コンテンツ管理ベンダー
となり、新たなソリューション展開を図っています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イキソスソフトウェア株式会社の関連情報

イキソスソフトウェア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR