新製品「Turbolinux Cluster HA 3.1」発表

TLホールディングス株式会社 2005年02月28日

カーネル2.6対応の高信頼フェイルオーバークラスタソフトウェア 2005年3月11日より販売開始

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は、最新カーネル2.6搭載のサーバーOS「Turbolinux 10 Server」に、NECが開発したクラスタソフトウェア「CLUSTERPRO for Linux Ver3.1」をバンドルした高信頼フェイルオーバークラスタソフトウェア「Turbolinux Cluster HA 3.1」を発表いたしました。
同製品は「Turbolinux 8 CLUSTERPRO」の後継製品にあたり、販売価格は2ノード60万円(税別)から。2005年3月11日(金)より、ターボリナックスおよび販売店経由にて販売開始いたします。

Turbolinux Cluster HAは、システムダウンが許されないミッションクリティカルな業務システムに最適な高信頼フェイルオーバークラスタソフトウェアです。データベースサーバー、ファイルサーバー、Web/Mailなどのインターネットサーバーおよび各種業務アプリケーションの信頼性を向上させ、システムダウンによる業務停止、ビジネス機会損失を最小限に抑えます。
データを共有する方式に応じて、共有ディスクを利用する「Turbolinux Cluster HA 3.1 SE」とデータミラーリングを利用する「Turbolinux Cluster HA 3.1 LE」の2製品を提供します。

「Turbolinux Cluster HA 3.1 SE」(共有ディスクタイプ)は、最大32台のサーバーを共有ディスク装置(SCSI/FibreChannel/NAS)を介して相互接続し、アクティブノードの障害時にスタンバイノードへIPアドレス、アプリケーションプロセス、データを自動的に切り替え、業務サービスの継続利用を可能とするフェイルオーバー機能を提供します。

「Turbolinux Cluster HA 3.1 LE」(データミラーリングタイプ)は、Ethernetで接続された2台のサーバー間でデータミラーリングを行い、アクティブノードの障害時にスタンバイノードへIPアドレス、アプリケーションプロセス、データを自動的に切り替え、業務サービスの継続利用を可能とするフェイルオーバー機能を提供します。高価な共有ディスクを必要としないため、TCOを削減しながら、高可用性を実現することが可能です。「Turbolinux Cluster HA 3.1 LE FastSync Option」と併用することにより、障害・メンテナンス後のサーバーデータを差分データのみで同期することで、縮退運転からの復帰時間の大幅短縮を可能にします。これにより、100GBまでの大容量ディスクを持つシステムにも適用が可能となります。

また、オプションとして提供する「Turbolinux Cluster HA 3.1 データベース監視オプション」、「Turbolinux Cluster HA 3.1 ファイルサーバー監視オプション」、「Turbolinux Cluster HA 3.1 インターネットサーバー監視オプション」は、データベースサーバー、ファイルサーバー、インターネットサーバーを定期的に監視することでストールやエラー検出時のフェイルオーバーを実現し、システムの安定稼動を可能とします。各アプリケーションに対応した起動/終了スクリプトのテンプレートが同梱されているため、従来専門知識を必要としていた業務システムのクラスタリング対応を容易に構築することが可能となります。

製品技術サポートは、ターボリナックスが別途提供するターボサポートメニューの中から、Cluster HA 専用の「ターボサポート for Cluster HA」を利用可能です。同サポートメニューはOS、Cluster HAおよびオプション製品を含んだ年間契約タイプのワンストップ・サポートメニューです。システム構築時の質問から障害発生時の問合せまでを、年間問合せ件数無制限にて最高水準のサポートを提供いたします。


近年、業務システムでのLinux活用が拡大しており、それに伴う拡張性/信頼性/可用性向上に対するユーザーのニーズは高まっています。ターボリナックスでは、これまでのシステム実績および多くの蓄積ノウハウを活かしながら高可用性クラスタソリューションを積極的に販売していきます。

【NEC様からのコメント】
NEC第二コンピューターソフトウェア事業部事業部長 赤津素康様
NECはTurbolinux Cluster HA 3.1の発表を歓迎いたします。Turbolinux Cluster HA 3.1にバンドルされる弊社CLUSTERPROは、Linuxサーバーに更なる可用性を提供するHAクラスタリングソフトウェアで、エッジサーバからミッションクリティカルシステムまで、幅広い範囲のLinuxサーバーに適用することが可能です。ターボリナックス様におかれましては、Turbolinux Serverシリーズとの組み合わせで、CLUSTERPRO for Linux発売当初より、既に数多くのシステムにご導入いただいております。この度、先進の「Turbolinux 10 Server」とCLUSTERPROの最新バージョン「CLUSTERPRO for Linux Ver3.1」を組み合わせた「Turbolinux Cluster HA 3.1」が出荷開始されることで、LinuxプラットフォームでのHAシステムの導入がより一層加速されることを期待いたします。

製品の詳細は以下のURLでご覧いただけます。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR