( BW)ピクセル・テクノロジーズ社、ノキアの「シリーズ60」・「シリーズ80」プラットフォーム用 ピクセル・コンテンツ・プラットフォームを発表

Business Wire Japan 2005年03月14日

ピクセル社の「フォト・ビューワー」、「ファイル・ビューワー」、「ブラウザー」アプリケーションにより、スマート電話ユーザーは、写真、Eメール添付書類、インターネットを利用可能に

ビジネス関連編集者/ハイテク関連記者各位
「CTIA ワイヤレス 2005」

スコットランド・グラスゴー/米ルイジアナ州ニューオリンズ発 -- (ビジネスワイヤ) -- 2005年3月14日 -- 小型スクリーンを持つ機器上で、情報量の豊富なコンテンツを双方向で直観的に操作することを可能にするソリューションの大手プロバイダーのピクセル・テクノロジーズ社は、ノキア社の「シリーズ60」および「同80」をベースとする携帯電話機用の「ピクセル・コンテンツ・プラットフォーム」を発表しました。ノキア社の「シリーズ60」・「同80」プラットフォームの携帯電話機は、世界の主流を占めるスマート電話オペレーティング・システム(OS)である「シンビアンOS」を採用しており、2500万台以上が既に市場に出回っています。

ピクセル社の「コンテンツ・プラットフォーム」は、「フォト・ビューワー」、「ファイル・ビューワー」、「ブラウザー」などのアプリケーションで構成されています。この「コンテンツ・プラットフォーム」を採用したスマート電話「シリーズ60」・「シリーズ80」のアーキテクチャーにより、ユーザーは、大型のカラー・スクリーン、多様な通信機能、強力なアプリケーションを備えたコンパクトな携帯電話機を使って、携帯電話のあらゆる基本機能と最新機能を楽しむことが可能になります。

ピクセル社の「フォト・ビューワー」、「ファイル・ビューワー」、「ブラウザー」アプリケーションは、ノキア社のスマート電話を使って、写真を加工し、eメールの添付ファイルすべてに目を通し、単一のユーザー・インターフェースで簡単にネット検索するなど、豊かなユーザー体験を実現します。ピクセル社のこれら業界をリードするアプリケーションは各種販売チャンネルや提携先を通じて販売される予定で、その詳細は年内に発表されます。

ピクセル社のイムラン・カンドCEO(最高経営責任者)は次のように述べています。「当社の『コンテンツ・プラットフォーム』が、ノキア社の『シリーズ60』・『シリーズ80』プラットフォームに採用されたことで、市場機会が得られたことを大変喜ばしく思っています。この両アーキテクチャーは最適な組み合わせであり、これがピクセル社と当社顧客との良好な関係を樹立する第一歩になるものと願っています。」

ビジネス・ディベロップメント&チャネルズ社上席ダイレクターのブラッド・ブロックホーグ氏は次のように語っています。「『ピクセル・ブラウザー』、『ファイル・ビューワー』、『フォト・ビューワー』で構成されるピクセル社の『コンテンツ・プラットフォーム』は、革新的な開発業者のおかげで、携帯電話メーカーや通信事業者の商品ラインナップが強化されるという好例です。今回のピクセル社による強力な製品の発表により、ノキア社のプラットフォーム上でアプリケーションを展開する利点が一層明確になりました。」

ノキア社が開発したシンビアンOS対応の「シリーズ60」プラットフォームは、公開標準と複数ベンダーをサポートする製品を、スマート電話市場にもたらします。「シリーズ60」電話機は、インターネット検索や、マルチメディア通信、オーディオ・動画のストリーミング、高画質グラフィックを使ったゲーム、企業サーバーに接続して企業アプリケーションを有効活用するなど、ユーザーに強力な機能を提供します。

ノキア社の「シリーズ80」プラットフォーム機器は、リッチで直観的なユーザー・インターフェースを特色としています。「シリーズ80」ベースの製品は、大型のスクリーンと完全な「QWERTY」配列のキーボードを備え、使いやすいユーザー・インターフェースによるナビゲーションのための多方向スクロール機能を有しています。「シリーズ80」機器により、業務ユーザーはインターネット・コンテンツに容易にアクセスし、添付ファイルの読み取り・閲覧・編集やメール返信など、eメールを効果的に管理することができます。「シリーズ80」は、標準に準拠した開発プラットフォームで、高性能の企業アプリケーション用に優れたオープン・プログラミング環境を提供します。

ピクセル社について
ピクセル社は、同社が特許を保有する数々の「ユーザー・インターフェース」機能を通じて、モバイル・コンテンツを活性化し、小型スクリーンのデバイスにおいて非常にリッチで直観的なユーザー体験を実現します。同社は、欧州、アジア、米国に拠点を持ち、モトローラ、サムスン、シャープ、NTTドコモ、パナソニック、ソニー、ベンキューなどの企業顧客にサービスを提供しています。詳しい情報については、同社ウェブサイト( www.picsel.com )をご覧下さい。

「ピクセル・フォト・ビューワー」について
「ピクセル・コンテンツ・プラットフォーム」に新たに加えられたアプリケーション「ピクセル・フォト・ビューワー」は、携帯電話機上で写真の表示や加工をするための、楽しくて直観的な方法を携帯電話ユーザーに提供します。このソフトウェアを活用することでユーザーは、写真のズームイン/アウトしたり、色彩を変更・編集したり、クリップ・アートを追加したりすることができ、さらには簡単なプレゼンテーションを創ることも可能です。

「ピクセル・ファイル・ビューワー」について
「ピクセル・ファイル・ビューワー」は、ピクセル社のコンテンツ対応ソリューション・シリーズ中の代表的なアプリケーションで、機種を問わず、あらゆる種類のリッチなコンテンツ体験を実現することができます。「ピクセル・ファイル・ビューワー」により、ユーザーは、マイクロソフト・オフィスの文書や、アドビのPDF文書を高解像度で簡単に検索・閲覧したり、隅々まで高解像度を保ったままコンテンツを思いのままに拡大したりすることができます。これらはすべて、コンテンツを再処理したり、デバイスを同期化したりすることなしに行うことが可能です。携帯電話の最高級コンテンツ・プラットフォームを提供する企業としての地位を裏付けるピクセル社の技術力が、すべての携帯電話機とオペレーティング・システムに高性能のマルチメディア機能を届けています。

「ピクセル・ブラウザー」について
「ピクセル・ブラウザー」を使用することでユーザーは、ウェブサイト、文書、プレゼンテーション、スプレッドシートなど、あらゆる種類のデジタル・コンテンツを、移動中に操作することが可能になります。「ピクセル・ブラウザー」は様々な携帯電話機上で動作し、あらゆるアプリケーションにシームレスに統合して、ファイル種別が識別された添付書類やローカルディスクに保存された文書などを表示することを可能にします。

CONTACT: Picsel Technologies Ltd.
Mr Zubair Salim
Media Relations (Global)
info@picsel.com
Tel: +44 141 885 5588
Fax: +44 141 885 5599

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Business Wire Japanの関連情報

Business Wire Japan

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR