ALSI e-Learningシステムの教材を産学協同で製品化 ドイツ語教材「Deutsch Online(ドイッチュ オンライン)」 2005年3月25日より発売開始 -大阪大学 岩居弘樹教授、立命館大学 マルテ・ヤスパゼン常勤講師 企画/制作-

アルプスシステムインテグレーション株式会社 2005年03月23日

アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大喜多 晃、以下ALSI〔アルシー〕)は、e-Learningシステム「SMART-HTML」やCALLシステム※「CaLaboシリーズ」で利用することができるドイツ語教材「Deutsch Online(ドイッチュ オンライン)」を2005年3月25日より発売いたします。「Deutsch Online」はALSIが大阪大学 岩居弘樹教授、立命館大学 マルテ・ヤスパゼン常勤講師と産学協同で制作し、画像や音声を活用しながらドイツ語を学習することができるe-Learning教材です。 今後もALSIはコンピュータを利用した学習システムに対応したデジタルコンテンツ(教材)を産学協同で順次発売し、授業に活かせる教育システムとコンテンツ双方の提供を強化してまいります。

■製品名:「Deutsch Online」(ドイッチュ オンライン)
■企画/制作:大阪大学 岩居 弘樹教授、立命館大学 マルテ・ヤスパゼン常勤講師
■販売開始日:2005年3月25日
■販売目標:初年度50教室導入
■販売価格:価格例:1ライセンス 9,800円/41ライセンス 315,000円(共に税別) ※ライセンス数により異なる
■対応システム:e-Learningシステム「SMART-HTML」
CALLシステム「CaLaboシリーズ」(共にALSI製品)
■販売対象:大学、短期大学、高等学校 等

■製品化の背景
最近大学を中心に、e-LearningシステムやCALLシステムの導入が急速に進んでおります。2004年頃からは高等学校においても、このようなシステムの導入が活発になり、2005年度はさらに導入が進むと予想されています。

しかしe-LearningシステムやCALLシステムが学校に導入される一方で、大学の第二外国語や、センター試験の「外国語」など、英語以外の外国語を選択して学習する機会が多くあるにもかかわらず、授業や自習などで利用できる英語以外の外国語の学習教材はほとんど市販されていないというのが現状です。

このような背景からALSIは他社に先駆けて2004年よりe-LearningシステムやCALLシステムに対応したマルチランゲージ対応のデジタルコンテンツを産学共同で制作・販売し、これまでに中国語、フランス語の教材を発売し導入実績を伸ばしてまいりました。

そしてこの度第3弾としてドイツ語教材「Deutsch Online」を2005年3月25日より発売開始いたします。同教材はドイツ語の初心者・中級者を対象とした教材で、(1)「文法力向上ゼミナール」(45課)、(2)「発音向上ゼミナール」(10課)、(3)「リスニング向上ゼミナール」(10課)の3つのパートで構成されており、楽しみながらドイツ語を学ぶことができます。

ALSIは今後もe-LearningシステムおよびCALLシステムのほか、対応教材のラインアップを強化することにより、教育市場におけるシェア、売上のさらなる拡大を目指してまいります。


※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

用語解説

※CALLシステム;Computer Assisted Language Learning=コンピュータ支援語学教育システム

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR