フジソク、 ロッカースイッチ「SLA215K」シリーズを新発売

コンパクトなボディをもつ、遮断電流15Aの高性能スイッチにより、         パチスロ等、高電力化するアミューズメント業界でのニーズに対応

株式会社フジソク 2005年04月15日

スイッチのリーディングメーカー、株式会社フジソク(本社住所:神奈川県川崎市中原区、代表取締役社長:村上清司、以下、フジソク)は、コンパクトでありながら、15Aの高電流が使えるロッカースイッチ「SLA215K」シリーズを4月28日より正式リリースいたします

「SLA215K」シリーズはコンパクトなボディでありながら、従来の10Aを大きく上回る遮断電流15Aの高性能なロッカースイッチで、主にパチスロ等のアミューズメント業界での活用が見込まれています。また、電動工具や計測機器、パソコンやパソコン周辺機器等においても活用が期待されています。なお、「SLA215K」シリーズは、海外規格認定品として、UL規格(※)とCSA規格(※)認定を受けております。「SLA215K」シリーズの標準価格は、1個170円(税込み)で、初年度の目標売上個数を36万個としております。

※「SLA215K」シリーズのラインナップとして、「SLA215K」「SLA215K-5」「SLA215K-6」「SLA215K-7」「SLA215K-9」があります。(スペック等は同じく、ボタンの表示が違います)

■ますます高度化するパチスロ機をサポートする高性能スイッチ:

現在、パチスロ業界は、回転する3つのリール※の他に、多彩な演出用大型液晶画面がついたものがトレンドとなり、高度化とともに使用電力も高くなり、従来のスイッチでは対応できなくなっていました。「SLA215K」シリーズは従来の10Aを大きく上回る15Aの電源容量を持ち、こういったアミューズメント業界の要望に十分に応えるものとなっております。突入電流※がかかり、アークプラズマを飛ばしても接点溶着がおきないように銀インジウムが接点素材に用いられています。


■電動工具や計測機器、パソコンやパソコン周辺機器にもコンパクトサイズで対応

その他、活用分野は、電動工具や計測機器、パソコンやパソコン周辺機器にも広がり、15Aの遮断電流に対応した「SLA215K」シリーズは、新たな製品開発を支えるものとして期待されています。
特に、絶縁距離と接点距離の確保をしつつ、従来比3/4(当社比較)のサイズを実現、ますますコンパクト化、高電力化する機器のトレンドにも対応いたしております。


■環境対策も万全、海外規格も認定済み

「SLA215K」シリーズは、接点溶着防止のために用いる接点素材を従来の銀カドニウムではなく、銀インジウムを用いるといったように、カドニウムフリー・鉛フリーを実現、環境対策も万全です。また、アメリカの安全規格「UL規格」とカナダの安全規格「CSA規格」も認定済みです。


製品名: ロッカースイッチ「SLA215K」シリーズ
標準価格:  1個170円(税込)

「SLA215K」シリーズ製品仕様:
定   格:  15A 125V AC/15A 250V AC (抵抗負荷)
        36A/15A 力率 0.6/0.9 250V AC (誘導負荷)
電気的耐久性: 10000回
防塵構造:   簡易防塵(迷路構造)

ラインナップ:   
「SLA215K」(表示なし)
「SLA215K-5」(白点が表示されているボタン)
「SLA215K-6」(I/Oマークが横列表示)
「SLA215K-7」(ON/OFF表示)
「SLA215K-9」(I/Oマークが縦列表示)

会社概要:
称号:     株式会社フジソク
英文社名:   FUJISOKU CORPORATION
本社:     〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1890番地
代表者:    代表取締役社長 村上清司
創立:     1827(昭和22)年8月7日
資本金:    3億9千万円
年商:     77億5,000万円(2005年度)
事業所:    大坂営業所、名古屋営業所、日立営業所、
FUJISOKU INTERNATIONAL LIMITED(横浜市)

株式会社フジソクについて:
1947年(昭和22年)8月7日に創業した株式会社フジソクは、スイッチの専門メーカーとして半世紀以上にわたる歴史をもち、現在、スイッチをはじめとする機構技術、計測器に活かされている高周波技術、メモリーカード・パネルスイッチの基本となる回路設計技術の三つの事業を柱に発展しています。これらの事業を複合・発展させ、新たな技術・商品を市場へ提供し続けています。


※お客様のお問合せは下記にて受け付けております
株式会社フジソク営業計画部
TEL.: 044-433-5727  FAX.: 044-433-2588
E-Mail:: sales_p@fujisoku.co.jp
HP::  (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

SLA215K-7

用語解説

※1 UL規格:アメリカ合衆国火災保険業組合がスポンサーとなり、1894年に設立された民間試験機関(UNDERWRITERS’ LABORATORIES、INC.)であるULが認定する規格。人命,火災、その他の災害による損失を防止するための安全規格。現在、UL規格は、特定の州または都市においては条例で義務付けられている所もあり、国家規格の一つとして登録されている。
※2 CSA規格:カナダの国家規格として、1919年に設立した団体であるCSAが認定している規格。CSA規格は、任意規格だが、連邦法または州法により適応されている場合があり、電波配線等で感電、火災に対する安全規格として知られている。

※リール:数字や記号、絵柄などがついていて、これを回転させて並べることでポイントを得ます。
※突入電力(in rush current):電力容量の大きな電気機器に電源を投入した場合に、定格の数倍の電流が一気に流れること。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社フジソクの関連情報

株式会社フジソク

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR