アルカテル、GPONソリューション「7342 ISAM FTTU」を発表

光ファイバネットワーク上でのトリプルプレイサービスを実現

日本アルカテル株式会社 2005年05月30日

 (5月30日、パリ発) 通信システム・装置メーカー世界大手のアルカテル(本社:フランス、会長兼CEO:セルジュ・チュルク)は5月30日、トリプルプレイサービスを配信するためFTTP(ファイバ・トゥ・ザ・プレマス)を導入、もしくは導入を検討している通信事業者向けに、GPON(※1)(ギガビット・パッシブ・オプティカル・ネットワーク)ソリューション「7342 ISAM(インテリジェント・サービス・アクセス・マネージャ) FTTU(ファイバ・トゥ・ザ・ユーザー)」を発表しました。これにより、業界をリードするブロードバンド・アクセス・ポートフォリオであるISAM製品シリーズをさらに強化します。
 本ソリューションは、 ITU(国際電気通信連合)のワーキンググループであるFSAN(Full Service Access Network)が定めた新ITU規格に準拠しており、ギガビットクラスのPON(※2)(パッシブ・オプティカル・ネットワーク)アクセスが可能で、加入者に対し200Mbps以上の伝送速度を提供します。アルカテルのISAM製品ラインは、すでに世界各国の15社以上の通信事業者に導入されています。

 7342 ISAM FTTUは、GPONの新ITU規格(G.984.x)に準拠し、IP統合のために最適化されているため、既存のエンド・トゥ・エンドのトリプルプレイソリューションに、「ラストマイル」というオプションを加えることができます。これにより、サービスプロバイダは、光ファイバ上で2.4Gbpsという通信速度を実現し、ユーザーに対しダイレクトに音声・データ・ビデオサービスを配信することが可能になります。

 カレント・アナリシス社(Current Analysis)オプティカルインフラストラクチャ担当主席アナリスト、デーヴ・ダンフィー(Dave Dunphy)氏は次のように述べています。
 「アルカテルは、GPONのアクセスポートフォリオへの追加や、BPON(※3)(ブロードバンド・パッシブ・オプティカル・ネットワーク)からGPONへの移行ステップの明確な提示によって、非常に競争力の高い完全ターンキー型トリプルプレイソリューションのプロバイダとしての地位をさらに強化します。7342 ISAM FTTUにより、通信事業者(特にトリプルプレイの展開を加速する通信事業者)は、アルカテルのブロードバンド管理システムの広範な設置基盤を強化し、米国のRBOC(地域電話運営会社)のBPONからGPONへの段階的な移行に対する要求にタイムリーに対応できます。」

 GPON技術は、IPTVを配信するための技術として注目されています。7342 ISAM FTTUは、1台のシェルフで2,000人以上のユーザーまで拡張可能であるため、数百万人の加入者に対しIPTVのサービスを計画している通信事業者にとって非常に最適なソリューションです。7342 ISAM FTTUは、業界をリードするアルカテルの「7302 ISAM DSLAM」、「7330 ISAM FTTN(ファイバー・トゥー・ザ・ノード)」とプラットフォームを共有しており、管理システムとフィールド・ワークが共通なため、運用シナジー効果によるコスト削減が可能です。また、既に7340 BPONソリューションを敷設している通信事業者は、より広帯域幅のシステムに容易に移行できます。

 アルカテル、グローバル固定通信ビジネス事業部、統括、ミシェル・ライエー(Michel Rahier)氏は次のように述べています。
 「アルカテルは、トリプルプレイサービスにとってFTTPはキーとなるインフラであると確信しており、今回のGPONソリューションの発表は、世界各国でトリプルプレイサービスを展開するプロバイダを継続的にサポートしていくこと示すものです。7342 ISAM FTTUは、最新の業界標準規格を採用し、既存のアルカテルアクセスプラットホームと共通であるため、プロバイダはネットワークへの影響を最小限に抑えつつ最新のブロードバンドサービスを提供できるよう拡張していくことが可能です。」

 「ブロードバンド・ワールド・フォーラム アジア2005」(期間:5月30日~6月3日、場所:パシフィコ横浜)と、米国で開催されるスーパーコム(Supercomm)の両イベントにおいて、エンド・トゥ・エンドIPTVデモ内で7342 ISAM FTTUの実地説明を行う予定です。


<アルカテルについて>
 アルカテル(ALCATEL)は、フランスを本拠とする世界屈指の電気通信システム・装置メーカーで、通信事業者やサービスプロバイダ、一般企業に対し、音声、データ、ビデオ・アプリケーションなどへの通信ソリューションを世界規模で提供しています。固定および移動体通信向けブロードバンドネットワーク、アプリケーション、サービスの分野において主導的な地位を占め、ユーザー視点の“ブロードバンドワールド”の創造に寄与しています。
 世界130ヶ国以上でビジネスを展開し、連結総売上高は122億6,500万ユーロ(約1兆6,500億円)(2004年度)。URL: (リンク »)

<日本アルカテル株式会社>
 日本では1987年より事業を展開、アルカテルの各事業部門の統合的なサービスを提供しています。
所在地:〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティー A棟27F/
代表取締役社長:藤井克美/創業:1961年12月、設立:1987年5月/
資本金:4億6,400万円/従業員数:80名/URL: (リンク »)


  ……………………………………………………………………………………
               お問い合わせ先:
             日本アルカテル株式会社
         TEL:03-5715-6300 FAX: 03-5715-6333
            E-mail:info@alcatel.co.jp
  ……………………………………………………………………………………

用語解説

● 用語解説
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※1:GPON(Gigabit Passive Optical Network)
   ギガビットクラスに対応したPON。

※2:PON(Passive Optical Network)
   1本の光ファイバの途中に敷設して分岐させ、
   複数の加入者宅へ引き込むための装置や技術。

※3:BPON(Passive Optical Network)
   アクセス回線に、帯域制御可能なATMを用い、
   映像信号を重畳することのできるPON。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本アルカテル株式会社の関連情報

日本アルカテル株式会社

日本アルカテル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR