シスコ、 新世代ネットワークを保護する適応型セキュリティアプライアンスCisco ASA 5500シリーズ発売開始

~「Interop Tokyo 2005 」プロダクトアワード部門(ネットワークセキュリティ製品)特別賞を受賞~

シスコシステムズ合同会社 2005年06月09日

 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹,資本金:22億2千万円,住所:東京都港区赤坂2-14-27,以下「シスコ」)は、「自己防衛型ネットワーク」セキュリティ戦略の新たなフェーズとして 発表したAdaptive Threat Defense(適応型防御システム、以下「ATD」))を支える主要コンポーネントとして、マルチファンクション(多機能型)ネットワークセキュリティアプライアンス、「CiscoAdaptive Security Appliance (適応型セキュリティ アプライアス) 5500、以下「Cisco ASA 5500」」シリーズの販売開始を発表しました。このアプライアンス ファミリーは,中小企業から大企業に至る多様な組織での使用を想定して設計されており、同時に複数のセキュリティ サービスを高い性能を維持しながら,運営上の複雑さを増やすことなく実現することができます。同セキュリティ製品は、米国にて2005 年 5月 3 日に 発表されたものです。

「Cisco ASA 5500」シリーズは、ビジネスの継続性を最重要課題と考える企業に対し、「適応型防御サービス」を提供することで、ネットワークをワーム・ウィルス・スパイウェアなどの脅威から守りアプリケーションを保護、また高度なVPN接続の要求に応える統合型セキュリティアプライアンスです。セキュリティサービスを1台のプラットフォームに統合することで導入・運用コストの削減、および複雑さを軽減する優れた統合セキュリティサービスを実現します。


◇「適応型防御サービス」を提供する「Cisco ASA 5500」シリーズ

 「Cisco ASA 5500」シリーズでは、ビジネスクリティカルなリソースを統合的かつ徹底的に保護するために設計された、適応型防御システムの主要コンポーネントである「Anti-X 防御」「アプリケーション セキュリティ」ならびに「ネットワークでの制御および抑制」を含むより高度な適応型防御サービスを提供します。お客様側では、ネットワークベースの「Anti-X 防御」により、ワームやウィルスの被害の削減、スパイウェア・アドウェアからの保護、ネットワーク トラフィックの精査、ハッカーおよび侵入の予防,サービス妨害(DoS)の予防が、セキュリティ イベントに対するコリレーション機能としてデバイス上で実行できるようになります。

 また、「アプリケーション セキュリティ」のサービスでは、高度なアプリケーション検査と制御により、ネットワークのビジネス アプリケーションをダイナミックで、信頼性の高い方法で保護することができます。このサービスは、Kazaa やインスタント メッセージング(IM)のような帯域幅集約型のピア ツーピア(P2P)サービスをはじめ、Web URL のアクセス制御、データベース サービスのようなコア ビジネス アプリケーションの保護や完全性検証、ならびに VoIPやマルチメディア サービスにおける多彩な特定アプリケーション保護といった機能で構成されています。

 さらに「ネットワークでの制御と抑制」サービスでは、アプリケーションへのアクセス、ネットワーク トラフィック フローの詳細な管理およびユーザーのセグメンテーションが可能になります。このサービスに搭載されている、レイヤ 2 から 4 におけるステートフル インスペクション ファイアウォール機能により、ネットワークにおけるあらゆる通信状況を追跡し、不法なネットワーク アクセスを予防することができます。「Cisco ASA 5500」シリーズの仮想化サービス機能では、ネットワークのセグメンテーションやサービスの拡張も可能になっています。


◇高度な VPN アクセス保護の実現

 「Cisco ASA 5500」シリーズでは、 VPN 接続がワームやウィルス、ハッカーなどの侵入経路として利用されないための保証を支援する適応型防御サービスに よって統合されたVPN IPSec や SSL による多彩なサービス機能を提供します。「Cisco ASA 5500」シリーズ内で IPSec と SSL-VPN のコンバージェンスが実現されるため、サイト ツー サイトやデスクトップの管理、企業ネットワークへのアクセスの制限あるいは非制限、パートナーのアクセスやエクストラネットへのアクセスといった、さまざまな VPN 配備シナリオへの高度な対応が可能になるからです。お客様は、あらゆるユーザーが,あらゆるロケーションから,単一のデバイスおよび管理インフラストラクチャを利用して、きわめてセキュアな方法でアクセスできる環境を構築できるのです。また,「Cisco ASA 5500」シリーズと既存の「Cisco VPN3000」コンセントレータ クラスタとの統合もできるため、お客様はこれまでの VPN 投資を活用しながら現時点で最先端の VPN およびセキリティ サービスを利用できるようになります。


◇統合されたプラットフォームにより、機能拡張と大幅なコスト削減を実現

 「Cisco ASA 5500」シリーズは、業界で高い評価を受けている「Cisco PIX」セキュリティ アプライアンスや「Cisco IPS 4200」シリーズ,「Cisco VPN3000」コンセントレータ製品ファミリーに搭載されている、多様かつ高品質なセキュリティ機能を基本に設計されています。また、 IP 統合への高度な対応も可能になっており、正規のトラフィックやアプリケーションを中断せずに、QoS(サービス品質)やIPv6、マルチキャストといった機能をネットワーク上で追加サポートすることも可能です。さらに、「Cisco ASA 5500」シリーズにより、リモート アクセス IPSec や SSL VPN といった機能を備えた、多彩で、パワフルな VPN サービスや、QoS対応のサイト ツー サイトによる IPSec サービスも実現されます。

 「Cisco ASA 5500」シリーズは、セキュリティを配備するお客様に経済上および運営上のメリットをもたらします。「単一のデバイスで、多くのサービス」という適応型のアプローチにより、管理が必要なプラットフォームの数が削減され、同時にあらゆるセキュリティ機能を横断する、共通の運営および管理環境の構築が可能となるのです。また、このアプローチにより、構成や監視、トラブルシューティング、ならびにセキュリティ スタッフのトレーニングを簡略化させることができます。


◇「Interop Tokyo 2005」"Best of Show Award"プロダクトアワード部門(ネット
ワークセキュリティ製品)で特別賞

 「Cisco ASA 5500 シリーズ」は、6月8日~10日 幕張メッセにて開催中の「Interop Tokyo 2005」での"Best of Show Award"プロダクトアワード部門(ネットワークセキュリティ製品)で特別賞を受賞しております。開催期間中は,シスコシステムズブース内セキュリティコーナーで,「Cisco ASA 5500」シリーズによる自己防衛型ネットワークの実現と適応型防御システムのデモンストレーションを行っております。

 製品詳細はこちらからご覧ください。
「Cisco ASA 5500」シリーズ 
(リンク »)


◇価格と販売時期

 「Cisco ASA 5500」シリーズは、導入規模に応じて「Cisco ASA 5510」シリー
ズ、「Cisco ASA 5520」シリーズ、「Cisco ASA 5540」シリーズで構成されてお
り、以下の参考価格でにて6月より販売されました。

【モデル】
 参考価格 : 販売開始

【Cisco ASA 5510 シリーズ】
 568,000円より(税抜き) : 2005年6月1日

【Cisco ASA 5520 シリーズ】
 1,299,000円より(税抜き) : 2005年6月1日

【Cisco ASA 5540 シリーズ】
 2,761,000円より(税抜き) : 2005年6月1日


シスコシステムズ株式会社について

 シスコシステムズ株式会社は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ 米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。ルータ「Cisco」シリーズ、スイッチ「Catalyst」シリーズ等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているネットワークOS「Cisco IOS」、IPテレフォニー、ワイヤレス、ストレージ、セキュリティ、ネットワークドホーム、オプティカル等アドバンスド・テクノロジー分野のソリューション・製品まで幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズは、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、NVO(Networked Virtual Organization)を提唱しています。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
(リンク »)

* Cisco、Cisco SystemsおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR