シスコは、「Interop Tokyo 2005」の"Best of Show Award"(プロダクトアワード部門)3部門で受賞

~ブロードバンド時代のネットワークインフラを支援~

シスコシステムズ合同会社 2005年06月09日

 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹,資本金:22億2千万円,住所:東京都港区赤坂2-14-27,以下「シスコ」)は、6月8日~10日 幕張メッセで開催中の「Interop Tokyo 2005」にて、ブロードバンド環境の普及において要となる「エッジ」「コア」「セキュリティ」の3部門で"Best of Show Award" を受賞したことを発表しました。

 ブロードバンド環境の普及にともない、情報通信ネットワークの果たす役割、ネットワーク インフラストラクチャとそれに対応する技術は、現在も急速な勢いで進歩し続けています。シスコは、この変化し続ける市場で競争力のある企業であり続けるために、創業以来さまざまな挑戦を重ね、新技術の開発とその普及に努めると共に、そして新しいアプリケーションの可能性を更に拡げています。本日、「エッジ」「コア」「セキュリティ」の3部門での受賞は、各製品の特徴に加え、シスコが掲げるテクノロジービジョンであるインテリジェントインフォメーションネットワーク(IIN)のメリットを理解、評価いただいたものと考えています。


◇Best of Show Award プロダクトアワード部門 受賞製品

■Best of Show Award(インフラ構築製品(Edge))グランプリ
 「Cisco 1812JW」セキュアワイヤレスルータ

■Best of Show Award(ネットワークセキュリティ製品) 特別賞
 「Cisco ASA 5500シリーズ」 セキュリティ アプライアンス

■Best of Show Award(インフラ構築製品(Core)) 特別賞
 「Cisco XR 12000シリーズ」 ルータ

 この度、プロダクトアワード部門(インフラ構築製品(Edge))でグランプリを受賞した「Cisco 1812JW」セキュアワイヤレスルータについて、Best of Show Award2005 審査員、株式会社IDGジャパン、NETWORKWORLD 編集長 吉田 聡氏は「ファイアウォール、VPN、IPSなど様々なセキュリティ機能および無線LAN機能をオールインワンで実装し、優れたコストパフォーマンスで提供した製品である。また、日本のユーザに適した機能と価格で開発したという点でも、シスコジャパンとしての意気込み、そして日本市場への取り組みを感じた。」とコメントしています。

 これからも世界トップレベルのネットワーク製品とソリューションを提供すると
ともに、お客様の要求により迅速に応えることで、顧客満足度向上に努めてま
いります。


【製品概要】

■「Cisco 1812JW」セキュアワイヤレスルータ
 2005年6月6日に発表した「Cisco 1812JW 」は、ブロードバンド化が進む日本の企業ネットワークに最適なVPNルータ「Cisco 1812J」に、IEEE 802.11a/b/g ワイヤレス LANアクセスポイントを内蔵した、小規模サイト向けワイヤレス統合型ルータです。シスコIOSによる高度セキュリティ機能をサポートし、中小企業、ブランチオフィス(企業の支社・支店・営業所)に最適かつ安全なブロードバンドモバイル環境を提供します。なお、本製品は、先進ブロードバンド国家である日本向け特別製品になります。

製品詳細はこちらからご覧ください。
(リンク »)


■「Cisco XR 12000 シリーズ」 ルータ
2005年4月18日に発表した「Cisco XR 12000シリーズ」は、常時稼動を実現する完全モジュラ型の革新的な次世代ソフトウェア「Cisco IOS XR」と実績の高い「Cisco 12000シリーズ」の優れたアーキテクチャを組み合わせた新たな次世代ルーティングプラットフォームです。「Cisco XR 12000シリーズ」により、シスコの次世代ルーティングプラットフォームのラインナップが大幅に強化されるとともに、世界で25000台以上、国内で約3000台の出荷実績を誇る「Cisco 12000シリーズ」のインストールベースに対して、アップグレードパスを提供することにより、サービスプロバイダーの投資を保護しつつ、IP NGNへの移行を促進します。

製品詳細はこちらからご覧ください。
(リンク »)


■「Cisco ASA 5500シリーズ 」適応型セキュリティアプライアンス
 2005年6月9日に発表した「Cisco ASA 5500シリーズ」は、「自己防衛型ネットワーク」セキュリティ戦略の新たなフェーズAdaptive Threat Defense(適応型防御システム)を支える主要コンポーネントとして、マルチファンクション(多機能型)ネットワークセキュリティアプライアンス、「適応型セキュリティ アプライアス」です。

 このアプライアンス ファミリーは,中小企業から大企業に至る多様な組織での使用を想定して設計されており、複数のセキュリティ サービスを同時に高い性能を維持しながら,運営上の複雑さを増さずに実現することができます。

製品詳細はこちらからご覧ください。
(リンク »)


シスコシステムズ株式会社について

 シスコシステムズ株式会社は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ 米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。ルータ「Cisco」シリーズ、スイッチ「Catalyst」シリーズ等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているネットワークOS「Cisco IOS」、IPテレフォニー、ワイヤレス、ストレージ、セキュリティ、ネットワークドホーム、オプティカル等アドバンスド・テクノロジー分野のソリューション・製品まで幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズは、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、NVO(Networked VirtualOrganization)を提唱しています。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
(リンク »)

* Cisco、Cisco SystemsおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR