ドイツ連邦防衛軍がIDSシェアーのARISのライセンス契約を延長、 さらにARIS for SAP NetWeaverとARIS PPMを新規導入

ARIS関連で過去最大の受注額に

IDSシェアー・ジャパン株式会社 2005年06月15日

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)コンセプトをワールドワイドで提唱するIDS Scheer AG(以下IDSシェアー、本社:ドイツ)は、ドイツ連邦防衛軍(Bundeswehr)との間で「ARIS(ARchitecture of Integrated Information Systems)」に関するライセンス契約を2008年まで延長する合意に達したこと、さらに同軍がビジネスプロセスの継続的なモニタリングを可能にする「ARIS for SAP NetWeaver」および「ARIS Process Performance Manager(ARIS PPM)」の2つのコンポーネントを追加購入することを発表しました。これによりIDSシェアーは、BPMソリューションの提供ベンダとして、SAPの標準ソフトウェアに基づいたドイツ連邦防衛軍のロジスティクス・ビジネスプロセスの設計と実装を受注し、その長期的な最適化に取り組んでいくことになりました。

ドイツ連邦防衛軍は、軍内の再編成とこれによる新たなニーズを充たすため、その組織とITインフラの刷新を進めています。標準として採用したSAPソフトウェアをドイツ国内外約700拠点において導入する一環として、内部プロセスをモデル化し、最適化するため、同軍はIDSシェアーのBPMツールであるARISを過去数年間にわたり活用してきました。ITプログラムの刷新は、プロセスの透過性の確保と最適化、処理に要する時間の短縮化、そしてITシステムの運用および管理コストの削減を目的としています。これは、将来を見据えた長期的なプロセスの最適化を、適切なタイミングでかつ継続性をもって実行していくというドイツ連邦防衛軍の取り組みにとって重要です。プロセスを再設計するため、IDSシェアーのコンサルタントとパートナーはARISを活用して、ロジスティクス・設備、計画、指揮、会計、インフラ・環境保護、組織、人員に関する戦略的プロセスマップを開発しました。今回のライセンス契約延長によりユーザ数が無制限に利用できるようになるためツールアプリケーションを統一することができ、その結果、同プロジェクトの成果の再利用性が確保されます。

ドイツ連邦防衛軍でプロセス管理を担当するシュルツ准将は、「われわれはドイツ連邦防衛軍におけるプロセス管理を制度化することで、継続的に合理化を図っていきたいと考えています。IDSシェアーのノウハウとビジネスプロセスツールによって、現在および将来の課題解決に関する準備が十分にできています」と強調しています。

IDSシェアーの取締役であるWolfram Jost博士は、今回のドイツ連邦防衛軍による大規模発注は、改めてARIS Process Platform製品群の永続性を認識するものであると考えています。Jost博士は、「今回のドイツ連邦防衛軍との協力は、複雑な情報技術を必要とし、修得したい機関や企業ではARISのメソッドやツールによるBPMがプロジェクトの成功のカギとなると認識しているということを、改めて示してくれました」と話しています。


ARIS PPMについて
ARIS PPMは、あらゆる業界の企業の中核となるビジネスプロセスの効率性を測定/向上するためのビジネスプロセス・コントロール・ツールです。システムからの業務パフォーマンス結果を取得し、ARIS 上にモデルを自動生成、評価指標の分析と課題の原因追求をサポートする仕組みを提供します。顧客企業はARIS PPMを活用して現在そして将来にわたる自社のビジネスプロセスをモニタリングすることで、企業戦略と経営の実際との間のギャップを埋め、ビジネスプロセスの最適化を図ることができます。

IDSシェアー社について(www.ids-scheer.co.jp)
IDS Scheer AG は、 Prof. アウグスト・ヴィルヘルム・シェアー博士 によって、1984年にザールランド大学情報システム研究所(IWi)を母体として創設され、今日ではヨーロッパを代表するコンサルティング/ソフトウェア開発企業となっています。ドイツのザールブリュッケンに本拠を置き、ビジネスプロセス エンジニアリングに焦点をおいた製品・サービスを提供しています。 IDS Scheer AG は、包括的なビジネスプロセスマネジメントを実現するために、業務モデル化のための手法(メソッド)、ツール、モデル、アプリケーションを統合したコンセプト“ARIS House of Business Engineering”を開発しました。すべての製品およびサービスは、このコンセプトを生み出した統合情報システムアーキテクチャ (ARIS:ARchitecture of Integrated Information Systems )に基づいており、このプロセス・モデリングを記述するソフトウェアツール"ARIS Process Platform"を開発、販売しています。 IDS Scheer AG はハイエンドのビジネスプロセス・モデリングツール分野でのリーディングカンパニーです。また、SAP AGのグローバルサービスパートナー13社のうちの1社であり、欧米を始めとするSAP製品導入コンサルティングに幅広い実績があります。現在、従業員数は約2,300人、約4,000社の顧客を有し、世界50ヶ国に支社またはパートナー企業があります。2004年度の売上高は2億8,000万ユーロ(約389億円)です。1999年5月フランクフルト株式市場に上場。IDSシェアー・ジャパン(www.ids-scheer.co.jp)はその日本法人です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR