FUSION GOL 東京大学 玉原国際セミナーハウスの予約システム提供

システム構築・運用・ホスティング・保守をパッケージで提供

フュージョン・ネットワークサービス株式会社 2005年07月08日

フュージョン・ネットワークサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:今古賀博美)は同社でISP事業を運営しているGOL事業部(以下 FUSION GOL:フュージョン ジーオーエル)において、東京大学玉原国際セミナーハウスのインターネット予約システムの構築、運用、ホスティング、保守管理をパッケージで提供を行った事を発表しました。

東京大学 玉原国際セミナーハウスは、「森林文化協会」が所有していた「朝日の森ロッジ」を2005年4月に国立大学法人東京大学に譲渡。その後、数理科学研究科の管理のもと、数理科学を中心とするセミナーが快適に行えるように設備の充実・改装を施し、本日2005年7月8 日に「東京大学玉原国際セミナーハウス」としてオープンされました。 

改装に併せ、短期間で「インターネット予約システム」を構築。これにより、利用者は、研修室・宿泊施設の予約を24時間365日、国内、国外問わず好きな時間に行う事が可能となりました。また、管理者は、事務処理の簡便化が実現。さらに、利用日時を指定した利用状況の検索、利用状況も瞬時に把握も出来るようになりました。ホスティングは、FUSION GOLの「ウェブホスティングパッケージ※ エンタープライズプラン」を導入。今後、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社が提供する、拠点間無料通話、低料金のIP電話サービス「FUSION IP-Phoneの活用検討も進めています。

東京大学 玉原セミナーハウスについて-------------------------------
専門的な研究セミナーから数理科学の裾野を広げる教育活動まで、幅広い活動が予定されており、セミナー会場は、60名、宿泊30名まで対応可能。雪深い玉原高原において、セミナーハウスの使用は4月下旬から11月中旬に限られますが、夏涼しく、抜群の自然環境を誇るセミナーハウスは、欧州の類似する環境の研究所と同様に数理科学の研究、若手研究者の育成、また最先端の数学を国際的に発信するための活動拠点の1つとなると期待されています。


FUSON GOL「ウェブホスティング パッケージサービス」について ---------
メール機能と大容量ウェブ機能を組み合わせてパッケージ化したホスティングサービスです。柔軟で拡張性があり、管理者コントロールパネルを用いて、お客様ご自身によるカスタマイズ設定も可能。ホームページへのアクセスログ解析ツールは「アーチン」を標準装備しており、高速処理のグラフィカルなレポートからサイトの有効性を確認する事ができます。また、導入後も経験豊富なバイリンガルサポートチームが運用をトータルにバックアップいたします。 
詳細は  (リンク »)  をご参照ください。


FUSION GOL [フュージョン・ネットワークサービス株式会社 GOL 事業部] について
FUSION GOL は「 Everything Over IP 」の実現を目指すフュージョンのコンセプトをもとに、付加価値の高いブロードバンドサービスおよび各種のインターネットサービスを提供。インターナショナルなスタッフによる技術革新、バイリンガル体制で信頼性の高いISP として高い支持を得ています。
詳細は www.gol.com をご覧ください。

このプレスリリースの付帯情報

システムイメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

フュージョン・ネットワークサービス株式会社の関連情報

フュージョン・ネットワークサービス株式会社

フュージョン・ネットワークサービス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR