自治体サイト導入支援システム「CMS Pro」が発売開始!

「CMS Pro」が自治体ウェブサイトの情報発信力を高めます。

株式会社ロフトワーク 2005年08月01日

日本最大級のオンライン・クリエイター・コミュニティを擁する総合制作代理店、株式会社ロフトワーク(本社:東京都渋谷区道玄坂、代表取締役:諏訪光洋、以下、ロフトワーク)は、2005年8月2日に自治体向けウェブサイト構築をスムーズに実現するパッケージ「CMS Pro」を発売いたします。

■「CMS Pro」の概要

「CMS Pro for WebRelease自治体向け」(略称「CMS Pro」 (リンク ») )は、サイトのコンテンツを、低コスト、かつ高品質に管理できることで近年需要が高まっている「コンテンツマネジメントシステム(以下CMS)」の導入支援用システムテンプレートです。

「お知らせ」「くらしのガイド」「施設案内」「産業」など、自治体のサイトに必須な情報の項目はひな型として準備されており、サイト更新には、管理画面から文章や画像を登録するだけで、専門的な知識は必要ありません。そのため、数百ページにおよぶ大規模な自治体サイトでも、大幅な運用コスト削減が可能です。

テンプレート開発には、100以上の自治体サイトを分析。CMS導入において難易度が高い、基本設計やインターフェース開発などのプロセスをカットできるため、短期間で理想的な自治体サイトを構築することができます。


■「CMS Pro」の特徴

システムテンプレートはウェブ・アクセシビリティに配慮し、標準規格であるJIS規格(JIS-8341-3)に対応。音声読み上げソフトとの連携も視野に入れており、高齢者や障害者を含めた、閲覧者に優しいサイトの構築が可能です。

基盤となるCMSには、フレームワークスソフトウェア社( (リンク »)  代表取締役:
桝室裕史)のコンテンツ管理ソフト「WebRelease2.0」を採用。「WebRelease2.0」は、日本におけるトップクラスの採用実績を誇るCMSで、コストパフォーマンスにも定評があります。


■販売パートナーについて

キャノン販売株式会社( (リンク »)  代表取締役社長:村瀬 治男)、日本タイムシェア株式会社( (リンク »)  代表取締役社長:齋藤實)などの企業と契約。販売パートナーと共同で、全国の自治体に販売を行います。


■価格・サポート料金に関して

価格:945,000円(税込)
オンライン登録後1週間は、画像の一部カスタマイズを無料で受け付けます。テンプレートソース部のカスタマイズは、有料サービスとなります。



≪株式会社ロフトワーク 概要≫
 代表者:代表取締役 諏訪 光洋
 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア8F

事業内容:
日本最大のクリエイターネットワークを活かし、あらゆる制作業務のアウトソーシングを引き受ける総合制作代理店。ウェブ・映像・グラフィックデザイン・キャラクター開発まで幅広い制作業務を行う。特に大規模サイトの構築に関しては、コンテンツ運用までも含め、数多くの実績があります。


≪本件に関するお問い合わせ先≫
 株式会社ロフトワーク  (リンク »)
 担当:中田(なかだ)
 Tel: 03-5459-5123 Fax: 03-5489-6667 email:info@loftwork.com

このプレスリリースの付帯情報

CMS Proサンプル画面

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ロフトワークの関連情報

株式会社ロフトワーク

株式会社ロフトワークの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR