米ノベル、Linuxへのサーバ移行を容易にするOpen Enterprise Server SP1を発表

ファイルのパフォーマンス向上と共有環境の改善を実現しながら、主要ワークグループ・サービスのLinuxへの移行を簡素化

ノベル株式会社 2005年08月11日

オープンプラットフォーム・コンピューティングにおけるリーダーシップの強化を進める米国ノベル社(以下 ノベル、米国マサチューセッツ州ウォルサム)は、パフォーマンスの改善とLinuxへのマイグレーションを簡素化する機能を強化したNovell(R) Open Enterprise Server Support Pack 1(以下 Open Enterprise Server SP1)の提供開始を発表しました。Open Enterprise Server SP1を活用することで、Novell NetWare(R)やWindowsを使用してきたお客様は、ファイル共有やプリンタ共有などのおもなワークグループ・サービスを、一度に、あるいは段階的にLinuxへ移行することがさらに容易になります。お客様は効率的にハードウェアを利用しながらオープンソース技術を柔軟に導入し、オープンで適応性に優れコスト効率の高いLinuxへの移行を実現することができます。

Open Enterprise Serverは、安全性と信頼性の高いサービスを提供する製品群であり、実績あるファイル、プリント、ディレクトリサービス、集中管理ツール、コラボレーション、アプリケーションの各サービスを提供します。Open Enterprise Server SP1は、Linuxへの移行における簡略化以外の改良点として、Linux上で稼動するNovell Storage Services(TM) のパフォーマンス向上と、ファイル共有とローカルPC上のユーザファイルを自動バックアップし、いつでもどこからでもファイルへのアクセスを可能にするNovell iFolder(R) 3.0があります。さらにNovell Client(TM) for Linuxの提供が開始され、Open Enterprise Serverに対して、安全な認証に基づくサービスやアプリケーションへのアクセス、自動ドライブ・マッピングなど、これまでWindowsデスクトップでしか提供されていなかった機能を、Linuxデスクトップ上でも実現します。

提供について
Open Enterprise Server SP1は、8月31日より (リンク ») にて提供開始し、既存のお客様には無料で提供されます。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

◇ ノベルについて
Novell, Inc. (米国本社) は、43カ国、50,000社以上のお客様企業に対し、インフラストラクチャ関連のソフトウェアとサービスを提供する先進企業です。企業データセンターから部門レベル、デスクトップにわたるソリューションで20年以上の実績を持ち、世界中の6,000人の社員と5,000のパートナ、サポートセンターによって、Identity Driven Computing(アイデンティティを基盤とするコンピューティング環境)とLinuxソリューションへのお客様のニーズに応えています。商用ソフトウェアとオープンソースソフトウェア双方の分野においてエンタープライズクラスのソフトウェアとサポートを提供し、業務の柔軟性の向上と選択肢の拡大、TCOの削減を実現します。ノベル株式会社は、Novell, Inc.の日本法人です。詳細はこちらのサイトをご覧ください。(Novell, Inc. www.novell.com/ ノベル株式会社 www.novell.co.jp )

*Novell、NetWare、Novell iFolderは米国およびその他の国においてNovell, Inc.の登録商標です。*Novell Client、Novell Storage Servicesは米国およびその他の国においてNovell, Inc.の商標です。*LinuxはLinus Torvals氏の登録商標です。*その他の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR