ナレッジオートメーション、『オブジェクトデータ管理型CMS』を販売

ナレッジオートメーション株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:竹原司)は、9月16日(金)より『オブジェクトデータ管理型CMS』COSMOS-CMSを販売する。価格は、350万円より。

ナレッジオートメーション株式会社 2005年09月01日

ナレッジオートメーション株式会社(以下ナレッジオートメーション、本社:東京都千代田区、代表取締役:竹原司)は、9月16日(金)より株式会社タイムインターメディア(以下タイムインターメディア、本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤孝幸)と共同開発した『オブジェクトデータ管理型CMS』COSMOS-CMSを販売することを発表いたします。価格は、350万円より。

製品化の背景

益々複雑化し、大規模化するホームページの作成と運用を支援するため、CMS(Contents Management System)の必要性が急速に高まっています。
現在、輸入、国産を問わず、数多くのCMSが販売されています。いづれのCMSも、従来人手に頼っていたWebコンテンツの作成・管理をシステム化し、自動化するための機能を謳っています。
大半が、HTMLの知識がなくとも、Webコンテンツを簡単に作成し、ホームページで公開でき、その変更も容易というアピールで、その部分では、どの製品も同等のレベルに達しています。
しかし、売上増加を実現するホームページを作成し、運営・管理するには、上記のように、単なるホームページビルダーの延長としてのCMSではなく、Webコンテンツをデータオブジェクトとして処理できる『オブジェクトデータ管理型CMS』でなくてはならないのです。

連携によるメリット

本製品は、このような観点での新製品を実現するため、分野を異にする2社の独自技術を連携させて、商品化したものです。
上記のような大規模、広範囲の使用に耐え得るデータ管理型CMSは、従来、非常に高価なハイエンドCMSとして、主に海外の専門メーカーから提供される製品であり、導入は、一部の大企業に限られてきました。
しかし、CMSの世界でも、Linuxなど他のソフトウェアと同様、オープンソース(世界中のソフトウェア開発者がボランティアで参加して開発したソフトを無償で提供し、ソースプログラムも公開されるソフトウェア)で非常に優れたソフトが、幾つか登場してきました。
その中でも、アメリカを中心に広く普及し、高い評価を得ているのが、Zope(ゾープ)と呼ばれるオープンソースのWebアプリケーションサーバ(Webソフトを開発するためのミドルウェア)上で稼働するPlone(プローン)と呼ばれるオープンソースCMSです。
Ploneは、多数のユーザーからの要望に基づき、常に全世界の開発者が日々、機能強化に努めており、すでに、既存の高価な大規模CMSに匹敵する高度な機能を備えています。
COSMOS-CMSは、このZope/Ploneをベースに、その高度な機能をさらに使い易くし、かつ、日本のニーズに適合したCMS機能を独自開発。これに強力なコンテンツデータベース「DATA-COSMOS」を連携させることにより、完成した最新・最強の『オブジェクトデータ管理型CMS』です。
タイムインターメディアの支援を受けナレッジオートメーションが実施するプロモーションを通じて、国内の企業への本製品の浸透を図ります。その第一弾として、9月16日東京で開催される「Webサイト管理の難問を一挙解決する最新「CMS」御紹介」と題しましたセミナーで本製品をご紹介いたします。セミナーの詳細はナレッジオートメーションのホームページで公開中です。


想定されるユーザ

・製品種別が多く、製品の更新頻度が早い企業
・通信販売等ECを主体とした企業
・コンテンツ制作企業
・系列企業が多くコンテンツ種別の多い企業

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

製品の特長

■COSMOS-CMS
(1)中小規模から大規模までの拡張性をリーズナブルな価格で提供
COSMOS-CMSがミドルウェアとして使用するZopeは、単独での簡単な使用から、多数のユーザー、多数のサーバー、そして、膨大なデータオブジェクトの管理まで、広い適応規模を有する極めて強力なミドルウェアです。
この強力なミドルウェアZope上に構築されたCMSであるCOSMOS-CMSは1サーバー数クライアントの小規模システムから、巨大な世界企業が求める膨大な数のサーバー、多数の参加者、そして、膨大な量のコンテンツの管理まで、同じプラットフォーム上で拡張して行けるのです。
まず、小さな規模で導入し、後から、必要に応じて、順次拡張することができるため、効率的な開発投資を行うことができます。
(2)オブジェクトデータベースによるきめ細かな管理機能を提供
Zopeは、強力かつ柔軟なオブジェクトデータベース機能を内包しており、Webサイトに出てくる全ての要素、すなわち、Webコンテンツ、イメージ、リンク、関連ファイルなどをオブジェクトとして管理出来ます。それらのオブジェクトに対する多様な条件での検索や、共同作業時でのコンテンツの多様なバージョン管理、さらには、各作業フェーズでのセキュリティのきめ細かな設定や、XML構造化文書への対応など、オブジェクトデータベースならではの高度な機能を提供できます。同じデータ管理型のCMSでも、RDB(リレーショナルデータベース)では提供できないCMS運営に必須の機能を、その基本性能として提供できるのです。
(3)多様なフォーマットに対応する強力なコンテンツデータベース
Webコンテンツを作成するための素材となる様々なデータを、その作成アプリケーションを用いることなくビジュアルに管理し、求められる様々なフォーマットに変換してWebコンテンツに組み込みを可能にする強力無比のコンテンツデータベース&データコンバート機能を提供します。
文書、画像、図面、地図、3次元、動画などの多様な素材情報を一元管理し、分類、検索、表示、印刷はもちろん、使用者に応じた権限管理などのセキュリティ機能も完備。HTMLを経由しない、より高品質なコンテンツ共有や、エディタによる再利用編集機能までも提供されます。
(4)高い開発効率を持つスクリプト言語で廉価・短期間のカスタマイズ
COSMOS-CMSは、Web開発言語として最高の開発効率を持つスクリプト言語Python(パイソン)により記述されたWEBアプリケーションサーバZope(ゾープ)をベースに、CMFといわれるコンテンツマネージメントフレームワーク上で構築されております。そのためフレームワークレベルでのカスタマイズも有利になり、言語自体としても、一般的なJAVA言語などによるカスタマイズと比較して、大幅に効率的なカスタマイズ開発が可能です。このカスタマイズ性を最大限に活かし、ユーザー個別の要求や、他の周辺システムとの連携開発など、売上増加のために必要な様々な要望に、短期間かつ、廉価なコストで対応可能です。Zope/Pythonによるカスタマイズ開発は、弊社で専門の開発チームを組織しており、迅速かつ柔軟な対応が可能です。

【本リリースに関するお問い合わせ先】

ナレッジオートメーション株式会社販売促進グループ:野田
TEL:03-5297-4820 FAX:03-5297-4866 e-mail:info@ka-j.com
(リンク »)

株式会社タイムインターメディア事業マーケティング部:古川
TEL:03-5362-9009 FAX:03-5362-9008 e-mail:cms@timedia.co.jp
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ナレッジオートメーション株式会社の関連情報

ナレッジオートメーション株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR