Feel Free: Operaのバナー広告とライセンス料金が不要に

Opera Software International 2005年09月20日

Opera Softwareは本日、日本でも多くのユーザーに支持されているウェブブラウザOperaの無料版に表示されていたバナー広告を完全に除去し、この広告を消したい場合にこれまで必要であったライセンス料を不要とすることを発表致しました。

Opera プレスリリース
 Feel Free: Operaのバナー広告とライセンス料金が不要に
 オスロ、ノルウェー - 2005年 9月20日 -

Opera Softwareは本日、日本でも多くのユーザーに支持されているウェブブラウザOperaの無料版に表示されていたバナー広告を完全に除去し、この広告を消したい場合にこれまで必要であったライセンス料を不要とすることを発表致しました。

この全ての機能を備えた無料版のOperaのダウンロードは、以下のリンクから可能です。
(リンク »)

「全てのインターネットユーザーにOperaを使っていただき、ウェブブラウジングの本来あるべき形を体験して頂きたいと考えています。」とOpera Software CEO、ヨン・フォン・テツナーは述べています。「バナー広告とライセンス料金を不要にしたことで、他のブラウザにはないユーザビリティ、セキュリティ、スピードをより多くの新しいユーザーに体験していただけると期待しています。」

Operaはこれまでバナー広告を表示することで無料でお使いいただくことができました。 そしてオプションとしてライセンス料金を支払うことでバナー広告を取り除き、プレミアムサポートを受けられるサービスを行ってきました。

「世界中のOperaファンのおかげでこの日を迎えることが出来ました」とテツナー氏は述べています。 「例えユーザー層が広がっていったとしても我々のミッションや約束はこれまでと同様、確固としたものです: 我々はこれからも常にユーザに対してすべてのデバイス上における最高のインターネット体験を提供します。 そして今日、このミッションは新しい領域へと到達します。」

■Opera ブラウザの入手方法

Opera ブラウザはダウンロードページより、20種の言語のバージョンを入手可能です。 Operaのダウンロードサイズは4MB弱です。

■Opera ブラウザについて

すでに世界最速・最もセキュアなブラウザとして知られているOperaは、さらにウェブブラウジングを快適にする以下の革新的な機能を搭載しています:

・直感的に利用できるマウスジェスチャーや、タブブラウズを利用した素早いナビゲーション
・起動時に、最後にブラウジングしたセッション、もしくは保存してある既存のセッションを表示
・ダウンロードマネージャを利用した、ダウンロード済みファイルへの素早いアクセス
・統合されたセキュリティ機能による個人情報の漏洩やフィッシング詐欺からの保護
・音声操作(ボイスコマンド)を利用したウェブのハンドフリー利用
・Amazonショップ、Ebayのブラウジング、Googleのウェブ検索へアドレスバーからの直接アクセス
・訪問したウェブページの内容をさっとメモするメモ機能

 [追加情報]
  Operaの機能と特徴
   (リンク »)

  スクリーンショット
   (リンク »)

  プレス向け素材集
   (リンク »)


■Opera Software ASAについて

Opera Software ASAは、デスクトップ、スマートフォン、PDA、ホームメディア、特定機器市場向けのウェブブラウザ技術開発におけるリーディングカンパニーです。
IBM、Nokia、Sony、Motorola、Adobe、Macromedia、Symbian、Canal+Technologies、Sony Ericsson、Kyocera、Sharp、Motorola、Metroworks、MontaVista Software、BenQ、Sendo、AMDなどの企業とパートナーシップを構築しています。Operaブラウザは、他のウェブブラウザと比較して、小さく、高速かつ厳格な標準対応により、世界中のエンドユーザー、産業界のエキスパート、プレスから高い評価を得ています。

Operaのブラウザ技術はモジュール化されており異なるプラットホーム上で動作します。現在利用可能なオペレーティングシステムは以下のとおりです:
Windows、Linux、Mac OS、Symbian OS、Windows Mobile、BREW、QNX、TRON、FreeBSD、Solaris、Mediahighway

Opera Software ASAの本社はオスロにあり、開発センターがスウェーデンのLinkopingとGothenburgにあります。会社の株式はOPERAのティッカーシンボルでOslo証券取引所で取引されています。
Operaについてのより詳しい情報は、www.jp.opera.comをご覧下さい。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!