サイトの充実とPRを同時に実現。コンテンツ管理システム『ビットキューブ(bit cube)』をリリース。

導入も簡単なCMS

株式会社ディー・キューブ 2005年12月21日

ホームページの企画制作およびコンサルティングを行う株式会社ディー・キューブ(代表取締役 池田幸治・河崎文江・山本知己、広島県広島市)は、平成17年12月7日、ホームページの充実とPRを同時に実現する企業向けWEBシステム『ビットキューブ(bit cube)』をリリースしました。

■ bitcubeとは
 コンテンツを管理する上で必要な機能をコンパクトに凝縮した、コンテンツマネージメントシステム(CMS)です。bitcubeを使うと、ブラウザ上から簡単にホームページの情報を更新することができます。どなたでもWord感覚で簡単にページを作成でき、バックナンバーを管理することができます。

■ bitcubeと他のCMSの違い
【更新と同時にページのPRも行える】
 記事の作成時に、他のポータルサイト等へのPR文章※を同時生成します。 また標準で、Yahoo!などいくつかの有名なポータルサイトへ「更新の通知」を行うことが出来ます。
※RDFでの書き出しを標準装備しておりますので、RSSサイトへの情報発信が可能です。

【設置が簡単です】
 既にホームページをお持ちの企業さまでも、サイトの一部、更新を管理したい箇所だけを選んで設置することが可能です。

【Podcastに対応しています】
 貴社オリジナルの音声データ(MP3データ)をページに掲載し、同時にiTuneなどにPodcastすることが可能です。

【操作が簡単です】
 メールやWordの感覚で情報掲載が可能です。

【デザインの融通がききます】
 既存のホームページデザインを活かしたまま、更新が必要な箇所にだけ機能を埋め込む事が可能です。また、bitcubeで生成するページのデザインは、テンプレートとして一箇所で管理されているため、新しいデザインへの変更も簡単に行えます。変更作業も非常に簡単なコピー&ペーストで完了します。

【個人利用は無償です】
 非商用でのご利用に関しては、無料でデータをダウンロード出来ます。
 ※商用利用の場合は42,000円のライセンス費がかかります。

■ bitcubeの活用例
 一般企業のニュース、サイト更新情報、コラム、日記、人材派遣会社の求人情報、不動産会社の物件情報 など、情報更新を頻繁に行う必要があるコンテンツや、スピーディーな対応が必要な緊急情報の配信などに向いています。

■ 今後の展開
 認証フローを設けたタイプや、登録管理者を複数にしたタイプなどさまざまな追加機能をモジュール化し、バージョンを変えて提供して行きます。 年間で商用500ラインセンスを目標としています。

bitcube無償版ダウンロードサイト:
(リンク »)

□お問い合わせはこちらまでお願いします。

株式会社Dキューブ
〒730-0806
広島県広島市中区西十日市町9-9
広電三井住友海上ビル6F
TEL:082-532-7772 FAX:082-532-7774
E-mail:info@d-cube.com

このプレスリリースの付帯情報

bitcube

用語解説

RSS[あーるえすえす] 自社ホームページの要約を、Yahooなどの一般的なポータルサイトに配信するためのフォーマットです。 SEO[えすいーおー] 自社ホームページを検索結果の上位 に表示させるためのテクニックです。 多くの人が利用するYahooやGoogleといった検索エンジンで自社のホームページが上位 に表示されれば、アクセスを格段に向上させることができます。 CMS[しーえむえす] コンテンツ管理システムの略称です。bit cubeのようにインターネット経由の操作でホームページ更新やフォルダの管理ができるシステムのことです。 ホームページビルダーなど、自分のパソコンにインストールしないと利用できない通常のホームページ作成ソフトとは違い、インターネットが繋がるパソコンであればいつでもどこからでも自社ページの作成や管理ができます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ディー・キューブの関連情報

株式会社ディー・キューブ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!