ウイングアーク、中間管理層向けに企業のデータ活用シーンを拡げる新バージョン「Dr.SumEA Reporting Server 1.2」を出荷

Webブラウザの機能を有効活用、チャート表示やエクセルの表現を取り込み、マウス操作で多彩な集計・レポーティング、業務を格段に効率化。

ウイングアーク1st株式会社 2005年12月21日

Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 内野弘幸)は、企業の情報系システムの分野で、蓄積される企業のデータを高速に集計加工してWebブラウザ上で業務の現場に有効な情報として活用できるサーバソフトウエア「Dr.SumEA Reporting Server 1.2」の出荷を12月21日から開始することになりましたので、お知らせいたします。

「Dr.SumEA Reporting Server」は、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA(ドクター・サム・イーエー、EA=Extended Architecture)」にWebブラウザからアクセスできる環境を提供するアプリケーションソフトです。最新版の「Dr.SumEA Reporting Server 1.2」は、「経営コックピット」として活用できるサーバソフト「Dr.SumEA Visualizer(ドクターサム・イーエー・ビジュアライザー)」を呼び出し、集計結果にグラフを表示させる「Chart Option」を搭載しています。集計した数値以外に全体の傾向を把握する部・課の責任者、チームリーダーといった中間管理層向けの機能を提供します。また、検索条件をインターネットエクスプローラの「お気に入り」に追加する機能、エクセルでは普通に使用されている行列固定スクロール機能などが加わっており、Webブラウザでの集計・レポーティング作業の効率を格段に向上させます。

「Dr.SumEA Reporting Server 1.2」の標準価格(税別)は、500,000円/1サーバ1CPU、ウイングアーク テクノロジーズの直販とシステムインテグレーションをおこなうビジネスパートナー経由の販売により、初年度300セットの販売を目指します。

「Dr.Sum EA」は、専用のアプリケーションソフトとの組み合わせにより、企業の階層毎、あるいはデータの見方、利用者のデータ活用シーンに応じた集計・レポーティングの環境を提供できることが大きな特徴となっています。業務の現場には、標準のインターフェイスであるエクセルを使っての高速データ集計が行えるほか、「Dr.SumEA Reporting Server」との組み合わせによるWebブラウザ上での集計分析、経営者層に対しては「Dr.SumEA Visualizer」との組み合わせにより「経営コックピット」を提供しています。この度この中間の管理層向けに適したインターフェイスを提供するものが「Chart Option」です。

「Dr.SumEA Reporting Server 1.2」で新たに搭載された「Chart Option」は、「Dr.SumEA Visualizer」と連携して、Webブラウザ上の集計結果にグラフを表示させる役割を果たしますので、細かな数値とともにグラフを見て、全体的な傾向、バランスを短時間に把握することができます。このためメンバーのデータを集計し、細かな数値から問題点をチェックしたり、グラフから構成比など全体的な状況を把握しておく必要がある部・課の責任者、グループのリーダーに適した機能といえます。この「Chart Option」により、これまでの経営者層向け、業務現場向けに、新たに中間管理層向けのインターフェイスが加わることになり、「Dr.Sum EA」の企業におけるユーザ層はさらに細かくセグメントされることになります。

一方、業務現場のユーザ向けの機能も充実しています。エクセルでは一般的に使用されている行列固定スクロールが使えるようになり、データの比較検討がやりやすくなりました。また、作成した検索条件がインターネットエクスプローラの「お気に入り」に追加できるようになりました。特定の検索条件の結果を元に日常の活動スケジュールを決めるような場合には、都度、検索条件を設定する必要がなくなり、「お気に入り」から選択するだけで結果が表示されるため大変に便利です。

さらに、集計方式が追加され、フィルタ、フォーマットを拡張しています。集計方式が追加されたことにより、条件を入れて、即、明細をプリントアウトさせたり、エクセル、CSV、PDFのファイルを出力させることができます。フィルタ、フォーマットには、日付フィルタ、ランキングフィルタ、日付範囲フィルタが拡張・追加され、これまで以上に様々な角度からデータを比較、検討することができます。

このほか、シングルサインオンが可能になりました。POSTによるログオンを可能にするモードを追加したことにより、シングルサインオンソフトを使用することなく、他のシステムから「Dr.Sum EA」に簡単に、シームレスにアクセスすることができます。IIS、Apacheでは、ベーシック認証でシングルサインオンすることが可能です。

「Dr.Sum EA」製品の詳細については下記URLをご参照ください。
(リンク »)

 なお、「Dr.SumEA Reporting Server 1.2」の製品概要は次のとおりです。

以 上

<「Dr.SumEA Reporting Server 1.2」の製品概要>
■Dr.Sum EA Reporting Serverk価格体系
・Dr.SumEA Reporting Server 500,000円(税別)/1サーバ1CPU 
・追加CPU プラス250,000円 (税別)
・MAXライセンス1,500,000円 (税別)
■ Dr.SumEA Reporting Server稼働環境
OS:Microsoft(R) Windows(R) 2000 Server、Advanced Server、Microsoft(R) Windows(R) Server 2003 Standard Edition、Windows(R) Server 2003 Enterprise Edition(32bit)
(※Windows(R)2000,2003の詳細については、ウイングアークテクノロジーズまで問い合わせください。)
CPU:Pentium III 1GHz以上 推奨
メモリ: OSが動作する最小メモリサイズ+256MB以上
(同時アクセスクライアントが2台以上の時:512 MB以上を推奨)
HDD: 20MB以上(JDKおよびTomcatで使用されるサイズは除きます)

必要なソフトウエア:
Dr.Sum EA 2.2a以降、
Tomcat4.1.27以降 (Tomcat4.1.30 推奨 )
Tomcat5.0.19以降 (Tomcat5.0.28 推奨、Tomcat5.5以降は未対応 )
IBM WebSphere Apprication Server V5.1
BEA WebLogic Server8.1J
ネットワークプロトコル:TCP/IP
対応DB:ODBCドライバ経由(SQL Server、Access など)、Oracle OCIドライバ経由(Oracle Client)
動作可能な JDK: JDK1.4.2_05 以上 ( JDK1.5以降は未対応 )
※ Dr.SumEA Reporting Server のPDF出力機能は、以下製品と同一コンピュータ上では使用できません。
・Dr.Sum Standard/Print Edition
・Super Visual Formade 設計部
・Super Visual Formade 実行部クライアント版
・SVF for Web/PDF C Edition
・Report Director サーバ版
・伝票丸、伝票丸onWeb
・Visual Comform Designer

■クライアント環境
Dr.SumEA Reporting Serverのユーザ環境<クライアントチャージなし>
OS: Microsoft(R) Windows(R) XP Professional、2000Professional、Server、Advanced Server
Webブラウザ: Microsoft(R) Internet Explorer 5.5 SP2 以降(Internet Explorer6以上推奨)、Netscape7.1J以降 ※1、Opera7.23J以降 ※1
ネットワークプロトコル  TCP/IP
※ 1 該当するインターネットブラウザに以下の示す動作上の違いがあります。
日本語入力(IME)の自動切り替えをおこなうことができません
Microsoft(R) Excelへの出力時にファイルダウンロード扱いになります

【補足】
[Form & Dataのウイングアークテクノロジーズについて]
帳票・レポート・ドキュメントの分野で、システムの「データ」と業務用途に合わせた「フォーム」を使い、より見やすくわかりやすい形にする技術、それが「フォーム&データ」です。ウイングアーク テクノロジーズは、企業の情報システム部門や大手SI企業が取り組む業務アプリケーション開発の効率化を目指し、お客様の要件に合わせてソフトウエア部品を繋ぐ・組み合わせることで、システム開発の現場に効率と運用負荷の軽減をはかり、業務の現場に生産性の向上と業務改善をもたらす価値あるソフトウエアを提供しています。

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:51億円(2005年2月期)
従業員数:140名(2005年10月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL: (リンク »)
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<<製品に関するお問合せ先>>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー10F
TEL:03-5766-2833  FAX:03-5766-2835  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!