データ集配信ミドルウェア「NISMAIL」対応プラットフォームを拡張! ~IBMメインフレーム対応版のリリースを開始~

NECはこのたび、データ集配信ミドルウェア「NISMAIL」について、IBM製メインフレームzSeries(OS:z/OS)に対応した「NISMAIL/NMT」の出荷を開始いたしました。

日本電気株式会社 ソフトウェアビジネスユニット 2006年02月10日

 「NISMAIL」は、メインフレーム、UNIX、Linux、Windowsの各種プラットフォーム上で動作するデータ集配信ミドルウェアです。

 これまで、メインフレームはNEC製メインフレームi-PX9000シリーズ等(OS: ACOS-4、ACOS-2)のみに対応しておりましたが、本製品「NISMAIL/NMT」によりIBM製メインフレームzSeries(OS:z/OS)との連携を必要するシステムを構築することができます。

 NECでは「NISMAIL/NMT」を含め「NISMAIL」を、今後3年間で600ユーザへの導入を見込んでいます。

「NISMAIL/NMT」の出荷日、対応OS、および価格は以下の通りです。
【製品名】 NISMAIL/NMT
【出荷日】 2006年2月10日
【対応OS】 z/OS
【価格】  1,725,000円(税別)


「NISMAIL」の製品情報につきましては下記をご参照ください。
  (リンク »)

「i-PX9000」の製品情報につきましては下記をご参照ください。
  (リンク »)


■お客さま問い合わせ先
日本電気株式会社
ミドルウェア事業部 info@mid.jp.nec.com
TEL: 03-3456-3248 NISMAIL担当

■開発元
株式会社NEC情報システムズ
基幹業務ソリューション事業部

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!