中国の大手保険会社がILOG JRulesを採用 保険引受システムに組み込む

*この資料は2月14日に中国上海で、Shanghai FirstTech Co. Ltdとアイログの両社より発表されたものを、国内においても和訳したものです。

アイログ株式会社 2006年03月01日

ソフトウェア・コンポーネントの世界的なリーディング・プロバイダであるアイログ社(NASDAQ:ILOG; Euronext; ILO, ISIN:FR0004042364 以下、アイログ)と上海を本拠とする大手インテグレータShanghai FirstTech Co. Ltd. (以下、FirstTech) は本日、中国で急成長中の大手保険会社Taiping Life社(以下、Taiping Life)が、保険引受業務の効率化を目的に、同社の新しい保険引受システムの基盤としてアイログのILOG JRules(TM)(以下、ILOG JRules)を採用したと発表しました。ILOG JRulesは、アイログのBRMS* (ビジネス・ルール管理システム) 製品群の主要製品です。システム開発は、アイログのパートナ企業として金属、半導体、保険の各業界向けソリューションを提供しているFirstTechが行いました。
*BRMS(Business Rule Management Systems ビジネス・ルール管理システム):ルール設定・変更・操作・管理を包括的に提供することにより、企業の業務プロセスを効率化するシステム

中国の保険市場は、年間成長率約25パーセントと急成長を遂げています。この劇的な市場変化は、Taiping Lifeに市場機会だけでなく、課題ももたらしました。商品のライフサイクルが短くなり、その上各地域別の適応標準化、自動化のニーズが高まっていました。同社では、業務処理の要員を増員せずに処理効率を向上させることが求められていました。

Taiping Lifeは窓口応対やリスク評価から査定、照会情報提供にいたるまで、すべての保険引受システムにILOG JRulesを活用することを決定しました。同システムの導入後、新規申し込みにおける60パーセントを自動化できるようになりました。また、業務全体の処理速度と処理能力も劇的に向上しました。具体的には、同社の引受部門は1件あたりの申し込みをわずか0.2秒で処理できるようになりました。この新しいルールベースのシステムは、1日に43万2千件もの保険引受処理能力を持っており、これは1日の労働時間としては担当者2千人分の能力に匹敵します。Taiping LifeではILOG JRulesを基盤とした保険引受システムを活用することで、地域により要件が異なる申し込みに対して、1件の誤処理も起こすことなく対応できるようになると期待しています。ILOG JRulesは、ルールをITシステムから切り離して管理し、さらに保険引受業務管理者自らがルールを変更することもできます。そのため、以前であれば数日要したルール更新が数分に短縮できました。

Taiping Lifeは、2005年7月にアイログとFirstTech との交渉を開始しました。Taiping Lifeは、厳しい評価を経て、最終的に今回のプロジェクトにアイログとFirstTechを採用しました。結果、わずか3か月で新規契約における保険引受処理モジュールを含む最初のアプリケーションが稼動を始めました。

Taiping Lifeの部長代理ワン・シン (Wang Xin) 氏は次のように述べています。「保険業務は高度にルールに依存します。特に、保険加入処理、見積り、保険金支払い、保険商品の選択や推薦などの業務でこれが顕著です。アジアの保険業者は変化の早い市場で競争力を維持するため、先進的なITシステムを導入してこれらの業務を効率的に管理する必要があります。世界中の主要保険会社が、BRMSを導入することにより保険金請求から引受まですべての業務を効率化しています。Taiping Lifeはその仲間に加わることのできた中国で最初の企業となりました。」

Taiping Lifeでは、ILOG JRulesを基盤とした新引受システムの成功を受け、さらに保険金支払サービスやその他の業務領域にもBRMSを導入することを計画しています。

FirstTechについて
FirstTechは、Baosight SoftwareとFirst Technologies (ケイマン諸島) が2003年3月に合併、創業したジョイント・ベンチャー企業で、銀行、保険、半導体/LCD、金属関連などを中心にアイログの顧客に専門的なコンサルティング・サービスとITソリューションを提供し、その事業運営の強化を支援しています。FirstTechはアイログのほかにも、Prima Solution、SUN、HP、Bea Systemなど、世界規模で活動する大手企業と提携しています。FirstTechが提供するソリューションには、ルールを基盤とする最新の保険引受/保険金請求/保険料請求ソリューションのほか、サプライ・チェーン管理、半導体向けTCTM (Total Cycle Time Management) などがあり、TaiPing Life、BAOSTEEL、新日本製鐵、HeJian Semiconductorなどの大手企業を顧客としています。詳細はwww.firsttech-soft.comをご覧ください。
以上

アイログ(ILOG(R))株式会社について
アイログ株式会社はアイログ社の日本法人です。アイログ社は、ソフトウェア・コンポーネント・プロバイダとして1987年に仏パリに設立されました。現在は、仏パリと米カリフォルニアの2本社制を採用し、全世界に約700名の社員がいます。アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および複雑度を管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。全世界で2,500社を超える企業や465社を超えるソフトウェア・ベンダが、市場をリードするアイログのBRMS(ビジネス・ルール管理システム)、最適化、視覚化の各コンポーネントの活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログはBRMSの市場リーダーです。詳細についてはwww.ilog.co.jpをご覧ください。

ILOGは ILOG 社の登録商標です。ILOG JRulesは ILOG 社の商標です。他の全ての社名および商品名はそれぞれを所有する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!