ターボリナックス、Turbolinux FUJIとTurbolinux Appliance Server 2.0の 無償「スターター・キット」を提供開始

実運用と同等の最新環境による評価と、スムーズな本稼働への移行が可能に

TLホールディングス株式会社 2006年03月16日

ターボリナックス株式会社は、デスクトップ・リナックスの最新版「Turbolinux FUJI」および、3月24日の発売を控えた多機能インターネットサーバー構築ソフトウェア「Turbolinux Appliance Server 2.0」の「スターター・キット」を3月17日より提供開始します。

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は、デスクトップ・リナックスの最新版「Turbolinux FUJI」および、3月24日の発売を控えた多機能インターネットサーバー構築ソフトウェア「Turbolinux Appliance Server 2.0」の「スターター・キット」を3月17日より提供開始することを発表いたしました。

スターター・キットは、ハードウェア動作確認、製品評価を目的としてターボリナックスWebサイトにて無償でダウンロード提供します。セキュリティ対応をはじめとした各アップデートパッケージを30日間入手可能なため、実運用と全く同等の最新環境での評価・検証が行える上、評価終了後アップグレードパスを適用することで、製品を再インストールすることなく、そのままスムーズに実運用へと移行できることから、広く市場に受け入れられるものと期待しています。

Turbolinux FUJIでは、これまでトライアル版※という名称で、2005年12月29日の公開から既に累計15,000以上のダウンロードの実績があります。スターター・キット試用後、すでに提供中の「Turbolinux FUJIアップグレードパック」を適用することで、安価に製品版相当へのアップグレードが可能となります。また、現在実施中の同アップグレードパックを特別価格9,800円(税込)で提供する1ヶ月期間限定キャンペーンを、2ヶ月間延長し5月15日まで実施いたします。これにより、スターターキットユーザーは特別価格で製品版相当へアップグレードすることができます。
※今回製品の性質上、従来のトライアル版よりスターター・キットへ名称変更しましたが、収録内容は同一になります。

Turbolinux Appliance Server 2.0は、3月2日の発表以来、試用に関する多数の要望を受けており、3月24日の発売に先行してTurbolinux FUJIとあわせてスターター・キットの提供を開始することといたしました。

なお、3月17/18日の2日間、新宿・大久保の日本電子専門学校にて開催される「オープンソースカンファレンス2006 Tokyo/Spring」において、Turbolinux FUJI、Turbolinux Appliance Server、InfiniTalkなど、ターボリナックスの最新製品を揃えデモ展示およびセミナーを行います。また、「FUJI+ペンギンちゃんねる」セッション参加者にはもれなくTurbolinux FUJIスターター・キットを差し上げます。詳細は以下のURLをご覧ください。
(リンク »)

【Turbolinux FUJI スターター・キット】
ダウンロードサイト: (リンク »)
製品版への移行方法:
スターター・キットをインストールした環境から、パッケージ管理ツール「Turboプラス」経由にて、Turbolinux FUJI アップグレードパックをダウンロード価格12,800円(税込)で提供します。
※2006年5月15日まで期間限定キャンペーンにて特別価格9,800円(税込)で提供

【Turbolinux Appliance Server 2.0 スターター・キット】
ダウンロードサイト: (リンク »)
製品版への移行方法:
スターター・キットをインストールした環境で、パッケージ管理ツール「Turboplus」により製品版のライセンスファイルを取得。
※詳細は別途弊社Webサイトに掲載


【Turbolinux FUJIについて】
Turbolinux FUJIは、Windowsとの互換性をさらに高めつつ、リナックスの特長である優れた安全性、安定性、強力なネットワーク機能を継承した最強のハイブリッドOSです。操作性の向上に加え、既存資産の有効活用、既存システムへの統合を新たに実現し、スムーズなリナックスの導入をバックアップします。厳選されたオープンソースソフトウェア、業界最高水準の商用ソフトウェア、ターボリナックス独自のソフトウェアの融合や最先端の日本語環境を備え、ビジネスからホビーユースまで幅広く対応した日本発の標準デスクトップ・リナックスです。
(リンク »)

【Turbolinux Appliance Server 2.0について】
Turbolinux Appliance Server 2.0は、Sun Cobalt互換のWeb管理ツール「BlueQuartz」と、セキュアで安定したリナックスOS「Turbolinux 10 Server」の融合により実現した、インターネットサーバー構築ソフトウェアです。直感的に操作できるWebブラウザ管理ツールにより、これまで専門のエンジニアが行っていた、サーバーのユーザー管理やメールの設定、セキュリティアップデートなど、コマンド操作を必要とせず容易に行えるため、SOHOや中小企業など特定のサーバー管理者が不在の環境においても、簡単、安心して導入・運用していただけます。
(リンク »)


<製品に関するお問合せ>
ターボリナックス株式会社 営業本部第二営業部
TEL:03-5766-1660   (リンク »)

<報道関係者お問合せ>
ターボリナックス株式会社 マーケティング本部
TEL:03-5766-1660  press@turbolinux.co.jp

Linux はLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。BlueQuartz Projectならびに日本国内および海外の開発者のみなさまに感謝いたします。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!