プロゴルファーの尾崎将司選手と正式に所属契約を締結

音楽配信サイトMaxMuse(マックスミューズ)のロゴ入りゴルフキャップ、サンバイザー、キャディバックを着用

マックス・インターナショナル株式会社 2006年04月10日

マックス・インターナショナル株式会社(東京都港区、代表取締役社長:藤原純二)は、このたびプロゴルファーの尾崎将司選手と正式に所属契約を結ぶことで合意いたしました。契約期間は2006年1月1日より3年間。契約期間中、尾崎選手はマックス・インターナショナル株式会社の所属プロとして、弊社が運営する音楽配信サイトMaxMuse(マックスミューズ) (リンク ») のロゴ入りゴルフキャップ、サンバイザー、キャディバックを着用・携行し、ゴルフトーナメントに出場いたします。

尾崎将司選手の輝かしいキャリアとプロ意識の高さ、そして何よりも観客を魅了するスポーツエンターテナーとしての活躍は、音楽を通じお客様を喜ばせるというエンターテイメント性と共通するところがあります。尾崎選手のゴルフに対するまじめで飽くなき探究心をサポートすべく今回の所属契約合意に至りました。
これに伴い、マックス・インターナショナル株式会社は4月10日に、「ジャンボ尾崎公式ウェブサイト~The King Of Jumbo復活プロジェクト~」( (リンク ») )をオープンいたしました。尾崎選手の試合情報だけでなくプライベート情報に至るまで今までみなさんが知らなかった一面をいち早くお届けできればと考えております。

・ウェブサイト名称:ジャンボ尾崎公式ウェブサイト~The King Of Jumbo復活プロジェ クト~
 サイトアドレス: (リンク »)
 内容:ジャンボ尾崎に関する情報満載の公式ウェブサイト。トーナメントからプライ ベートに至る最新情報をお届けします。

■尾崎将司(おざきまさし)選手プロフィール

生年月日     1947年1月24日 徳島県出身
身長・体重    181cm、90kg
趣味       盆栽
得意クラブ    ドライバー、サンドウェッジ
プロデビュー戦  1970年関東プロ
プロ初タイトル  1971年日本プロ
生涯獲得金額   ¥2,672,941,259



尾崎将司選手はプロ野球選手からプロゴルファーへ華麗な転身を遂げた経歴の持ち主です。21歳からゴルフをはじめ1970年に驚異的なはやさでプロに転向。今日まで113勝という世界でも類を見ない優勝数の多さで他を圧倒し、ゴルフ業界を盛り上げてきました。昨年のマンダム・ルシードよみうりオープンでは生涯1000試合出場という偉業も成し遂げました。59歳という年齢ながらもいまだレギュラーツアーで戦い、近年は持病の坐骨神経痛に悩まされながら優勝こそないものの、今シーズンからは心機一転、マックス・インターナショナルの所属選手として自身が持つ最年長優勝記録の更新を目指して活躍が期待されます。


■会社概要

会社名 :マックス・インターナショナル株式会社
所在地 :〒105-0002東京都港区愛宕1-1-11虎ノ門八束ビル7F
設立   :1999年(平成11年)11月
資本金 :6億9,100万円(2006年2月現在)
関連会社 :コムウェア株式会社
     (*ERP・パッケージによるシステムコンサルティングおよび設計・開発)
社員数 :57名(関連会社を含む:2006年2月現在)
事業内容 :・著作権保護を目的としたCDコピーコントロール技術を用いた音楽をはじめ      とする各種デジタルコンテンツ配信事業。(音楽配信サイトMaxMuse運営)
 ・同事業にかかるサブライセンスの供与。
会社HP : (リンク »)  
     自社音楽配信サイトMaxMuse  (リンク »)

     本件に関するお問い合わせ先
     マックス・インターナショナル株式会社
     ゴルフ事業部
     担当:坂本
     TEL.03-5425-2277

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マックス・インターナショナル株式会社の関連情報

マックス・インターナショナル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから