東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社が世界最薄・最軽量を実現したノートPC用12.1型ワイド低温ポリシリコンLCDの量産を開始

世界最薄・最軽量を実現したノートPC用12.1型ワイド低温ポリシリコンLCDの量産を開始

東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社 2006年04月13日

東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社(代表取締役 藤田勝治)は、世界最薄の0.2mm厚ガラス基板とLEDバックライト光源を使用することにより、従来品(*1)に比べ、最薄部の厚さ約半分の2.9mm、重さ 約32%減の183g まで薄型、軽量化を実現したノートPC用12.1型ワイドサイズ(16:10)の低温ポリシリコンTFT-LCD(液晶ディスプレイ)を開発し、量産開始しました。

東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社(代表取締役 藤田勝治)は、世界最薄の0.2mm厚ガラス基板とLEDバックライト光源を使用することにより、従来品(*1)に比べ、最薄部の厚さ約半分の2.9mm、重さ 約32%減の183g まで薄型、軽量化を実現したノートPC用12.1型ワイドサイズ(16:10)の低温ポリシリコンTFT-LCD(液晶ディスプレイ)を開発し、量産開始しました。

本パネルは、当社がコアテクノロジーとして戦略的に開発に注力している低温ポリシリコンの量産技術・先端技術を発展させ、世界最薄の0.2mm厚ガラス基板と薄型LEDバックライトとを組み合わせることで、従来のCCFL(冷陰極蛍光管)を使用した製品と同等の光学性能を確保したまま、究極の薄さと軽さを実現することに成功しています。

本パネルは、この薄型化、軽量化に加え、従来品(*1)に比べ、約1.5倍の輝度(300cd/㎡)を確保。また、表示画面のアスペクト比をTV用ディスプレイにも適した16:10(WXGA)としており、DVDやTVなどの動画コンテンツを高品質に再生できるため、「いつでも、どこでも」のニーズに応えうるこれからのモバイルノートPC用途に最適なディスプレイです。

当社では、お客様のニーズに的確にお応えできるよう、本パネルを始め、究極の薄型、軽量/低消費電力を実現したタイプの製品を順次ラインナップすることで、モバイルPCの性能進化をサポートしてゆきます。


※ 本開発品は、4月19日から21日まで東京ビックサイトで開催される「第2回Display2006」の東芝松下ディスプレイテクノロジーブースにて展示をする予定です。

■全文をご覧になりたい方はこちらをご参照ください
 日本語  (リンク »)
 英語   (リンク »)

用語解説

【東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社について】
株式会社東芝、松下電器産業株式会社の両者の液晶及び有機ELディスプレイ事業を統合し、東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社として2002年4月に発足。開発、販売、製造及び販売部門を統合、又 両者の持つ高度な開発力・生産技術を結集し、事業統合によるスケールメリットを最大に生かし、中小型TFT市場で世界のトップクラスの会社に躍進。
当社URL   (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社の関連情報

東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!