SPSS、保険金請求の審査プロセスを改善する「PredictiveClaims」出荷

-処理コストを圧縮し、請求処理サイクルを短縮することで顧客満足度の向上を実現-

2006年05月09日

 Predictive Analyticsを提唱するエス・ピー・エス・エス株式会社(以下 SPSS Japan)は、顧客からの保険金請求に対する審査プロセスを改善する保険会社向けの審査プロセス最適化ソリューション「PredictiveClaims」の出荷を5月18日から開始することになりましたので、お知らせします。「PredictiveClaims」は、発生した保険金請求のモラルリスクの度合いを自動的、かつリアルタイムに査定するものであり、保険会社の既存の保険金請求管理システムと統合することで処理コストの圧縮、請求処理サイクルを短縮化し、顧客満足度の向上を実現します。2006年5月18日に開催するイベント「SPSS Data Mining Day 2006」において日本初公開致します。
 「PredictiveClaims」は、最小構成のインストレーション費用を含め2,500万円~、SPSS Japanの直販とビジネスパートナーの販売により、初年度に3社での稼動を目指しています。

 競争の激化する保険業界において、全社的な取り組みとして満足度向上のための顧客サービスが求められていますが、中でも特に注力分野である保険金請求から支払いまでの時間短縮と業務の効率化を実現するのが「PredictiveClaims」です。
 「PredictiveClaims」は、電話、ファックス、メール、インターネット、店舗などの方法を問わず、保険金請求された案件について、統合されたリスクプロファイルやビジネスルール(損害額のガイドラインなど)、外部の不正請求データベースと照合して、即座に承認するもの、迅速に処理すべき案件、追加調査が必要な案件の識別を行います。
 これにより、まず、初期段階での不正請求の検出割合を高めるとともに、正当な保険金請求にかける処理コストを省くことができます。その上、追加調査が必要な案件については、不正の理由が表示されるため、調査部門では、明確な手がかりをもって効率的な調査を行なうことができます。しかも、「PredictiveClaims」では、質問項目を自動生成し、請求に関する特定情報の確認に必須な情報を申請者から追加収集することが可能であり、処理スタッフは、その最適な質問項目に従い、必要な情報を収集できる仕組みになっています。また、SPSSの提供する分析ツールとの統合で事故の記述など保険金請求に関するテキストデータを分析し、不正請求の発見につながる追加情報を収集することも可能です。
 こうして「PredictiveClaims」によって提供される手がかりのレベル、あるいは不正請求のレベルによってスキルの高い損害査定人を派遣したり、不正請求の疑いがあり、請求額の大きい案件だけを調査部門に集中させることができますので、一層のコスト削減が可能となります。

 保険金請求の案件の中でも正当な請求を迅速に処理することは、顧客満足度の向上のほか、顧客の問い合わせ件数を抑え、業務効率を高めるなど保険会社にとって大きなメリットをもたらします。逆に、正当な請求を迅速に処理できないような場合、顧客は不満を募らせ、保険金請求処理の遅延を逆手に請求額をかさ上げしたり、訴訟を起こすことすらあります。
 また、保険金請求は、正当なものばかりではないため、不正請求を見過ごすことなく、迅速に処理することが保険会社にとって望ましいことであり、これに応えるものが「PredictiveClaims」です。「PredictiveClaims」は、新手の不正を含め、調査で得られる不正検出データを予測分析機能に反映させる仕組みになっており、「PredictiveClaims」を含めた自動評価システム(請求管理システム)自体の精度を高めることで保険会社の信頼に応えます。

 なお、「PredictiveClaims」の製品概要は、次のとおりです。

以 上

<「PredictiveClaims」製品概要>
■製品名:PredictiveClaims
■発売日:2006年5月18日
■販売方法:SPSSによる直販とビジネスパートナー経由の販売
■主な機能
・請求数を問わず、正当な保険金請求を迅速に承認します
・緻密な質問を自動生成し、保険金請求の必須情報を収集します
・保険金請求の警告が喚起された理由を理解できます。これにより損害査定人は現在の請求の精査すべき点を理解でき調査そのもののスピードアップを計ることができます。
・現場のメモをはじめとするテキストデータの請求情報を抽出し、これらを従来の請求データと統合します
・分析技術によりデータから学習し、新たな形態の不正を自動的に検出します
・大規模なカスタマイズや時間の要する導入作業を必要とせず、既存の保険請求の管理システムに統合できます

<SPSSについて>
 SPSSが提唱するPredictive Analyticsは、現状および将来についての信頼できる結論を的確に描き出すように、データをビジネス上有効なアクションに結びつけることをいいます。
 SPSSは、Predictive Analyticsソリューションの第一人者として、ソフトウェア製品と関連サービスを提供しています。SPSSが提供するソリューションは、企業・教育研究機関・医療機関・政府官公庁など、Fortune1000社の95%を含み幅広く導入されています。1968年に設立されたSPSS社の製品は、全世界25万人以上に利用されています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!