株式会社フォーディー・ジャパン 「4th Dimension 2004.4」リリース

~4th Dimension 2004の現行バージョンユーザを対象とした無償メンテナンスリリース~

株式会社フォーディー・ジャパン 2006年05月18日

株式会社フォーディー・ジャパンは本日、リレーショナルデータベース「4th Dimension(フォースディメンション)2004.4」のリリースを発表しました。今回のリリースでは、話題のMac Intelプラットフォームが正式な対応動作環境に加えられています。

2006年5月18日、東京

株式会社フォーディー・ジャパン(東京都世田谷区。代表取締役社長ロラン・リバルディエール。本社フランス4D S.A社)は本日、リレーショナルデータベース「4th Dimension(フォースディメンション)2004.4」のリリースを発表しました。

不具合の修正に加えて機能の強化を施された4D 2004.4は、4th Dimension 2004ユーザを対象とした正規のメンテナンスリリース版です。今回のリリースでは、話題のMac Intelプラットフォームが正式な対応動作環境に加えられています。4D 2004のユーザは、アップデートファイルを無償で株式会社フォーディー・ジャパンのホームページからダウンロードを行うことができます。

用語解説

4th Dimension: 統合開発環境、RDBMS、RAD、Webサーバ。4D Standard Edition、4D Developer Editionなどの製品があり、各種開発ツールや他のデータベースとの接続用プラグインもある。ユーザフレンドリなインタフェース作成用ウィザードを含む。クライアント/サーバに対応する4D Server製品や配付用製品もある。対応OSは、Windows、MacOS X。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社フォーディー・ジャパンの関連情報

株式会社フォーディー・ジャパン

株式会社フォーディー・ジャパンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!