T.T.T が TCP2 を実装したMEISWAY SGW1000 を発表

ティー・ティー・ティー株式会社 2006年06月16日

東京発 -(ビジネスワイヤ)- ティー・ティー・ティー株式会社(本社:東京都豊島区)は、TCP2 コア技術を実装した「MEISWAY (メイスウェイ)SGW1000」を発表しました。「MEISWAY SGW1000」は、エンド・ツー・エンド(コンピュータ同士などの端末間)で、耐環境性に優れた高度なセキュア通信を、システムやソフトウエアを追加・変更せずに実現します。

また、MEISWAYは、現在セキュリティ・システムが構築されていない環境でも、高セキュリティを確立することができます。

MEISWAYは、秘密通信情報の漏えいがもたらす危険から人々を守るための、最強で、最も導入が容易なセキュリティ・ツールです。

ゆえに、テロリストから情報を守るために、また中東のような紛争地域では、国連平和維持活動従事者、大使館員、ジャーナリストらの命を救う一助になると、大変期待されています。

ティー・ティー・ティー株式会社は、「MEISWAY SGW1000」が、通信情報の漏えいが招くトラブルから人命や技術を守ることで、世界に大きく貢献できることを願っています。



ティー・ティー・ティー株式会社
前田 純一
Tel: 03-5978-6055

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?